FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

良心的だったはずの映画配給会社「アップリンク」の元従業員5人がパワハラ訴訟か‥。「志」の高い起業家ほど陥りやすいかもしれない。 近頃の現象[一二九六]

アップリンク代表 
従業員に「残るか去るか」退職迫る


映画の配給や出版、映画館やレストランの経営などを行う「アップリンク」の元従業員5人が、代表の浅井隆氏(65)からハラスメントを受けたとして16日、東京地裁に同氏と同社に対して損害賠償などを請求する訴訟を起こしたことを明らかにした。原告は同日、都内で開いた会見で、浅井氏から「議論する余地はない。会社に残るか去るか」などと高圧的な言い方で退職を迫られたと主張。また、他の社員が浅井氏に逆らうことが出来ないような労働環境だと強調した。(日刊スポーツ)

【雑感】一応は映画ブログを書いている関係上、これは注目せざるを得ないか‥。

 私自身の体験もあるが、良心的な起業家や上司ほど陥りやすい病理かもしれない。皆のため、公益のために火中の栗を拾う覚悟で嫌な嫌われ役を務めてきたのに心の底から悪者にされてしまうのだな、というのが浅井隆氏の気持ちではないか? 当たらずとも遠からずと思う。

 以前にも新進の居酒屋チェーンや美容エステの起業家たちを取り上げて、彼ら彼女らが陥りやすい錯誤を指摘してきた。大きな錯誤として二つある。

 ・ 雇用主と雇用者の関係を忘れて同志だと錯覚する。

 ・ 起業家たちはたぶん人一倍に働いてきたために他者が怠け者に見える。

 少なからず以上あげた二つの要素が絡んでいると思う。

 だけど雇用主と雇用者の関係、経営者と従業員の関係はわきまえなければならない。契約の範疇を超える労働を要求することはできないし、契約の範疇を超える労働に従事する義理は無いのだ。
 また経営者と従業員は会社のルールに従う服務規定はあるが、従わなければならないルールは社内の服務規定だけではない。自治体の条例もあれば、国家の法令もあれば、国際法やコンプライアンスもあり、そして最後に憲法がある。人権問題に明るいはずの会社風土であればなおさら、自分たちも含め先人達が苦難の闘いの末に勝ち得て制度化した「人権」に関するルールを蔑ろにするのは万死に値する。

 告発に参加した鄭優希氏の気持ちはよく解る。実は鄭優希氏と同じ年頃に同様の問題に関わった。人権問題に明るいはずの某出版社で似たような問題が発生し、その出版社を嬉々として応援してきた私は出版社の理念(綺麗事)を守りたかったがために告発しようとした元従業員を支援した。
 私は従業員ではなく、出版社の志に共鳴して出版社を応援するイベント等の実行責任者を務めた外野支援者だった。つまり部外者の立場の人間が出版社の理念に賛同し応援してきた責任から傍観者になってはいけないと思い、出版社の経営者に直談判したこともあった。(余談1)
 出版社には著名なジャーナリストたちも関わっており、支援者グループの代表という事で顔見知りにもなった経緯から、元従業員に肩入れする事はせっかく知遇を得たジャーナリストたちとの人脈を失うリスクがあったが、当時の私はそんな卑怯な保身をしたくなかった。

 だが、この行動は仲間内で不協和音を呼び、出版社の熱心な支援者たち(私から見れば腰巾着ども)から厳しい批判(私から見れば嘘と誤魔化しにまみれた誹謗中傷)を浴びて、虚しさを感じたものだ。
 鄭優希氏ら告発者は様々な葛藤を抱え断腸の思いで提訴に踏み切ったと思う。

 従業員を同志として扱い同志として無理を強いるのであれば、映画文化のためそれもよかろう。しかし、人というのは都合の良い時に仲間扱いして都合が悪くなると「君は従業員だろ」「あんた部外者だろ」といった類で冷たくあしらうものである。

 厳しい業界である事は判っている。だからこそブラックの烙印を押されるようなことはあってはならない。それはささやかな態度だけでも変えれば防げる。
 私は世間でいう目したの人間に「呼び捨て」や「君付け」はしたことが無い。全て「さん付け」で通し、自分に非があれば相手が年若い人でも深々と頭を下げる。たったこれだけでも現場の雰囲気は大きく変わるのだ。

(余談1)実際に友人から「お前が良いというからあの出版社から本を買ったが、この醜聞はなんや? 話が違うやんか」と批難された。

晴雨堂関連記事案内
たかの友梨よ、創業者と従業員の立場は違うで。従業員たちよ、労働組合は従業員2人から結成できるぞ! 近頃の現象[一〇四四]

あのワタミが赤字なのか・・。ついに無理が祟ったか。 近頃の現象[一〇二三]


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
スポンサーサイト



「正義」のナチ化兆候に気を付けろ。俺もおまんも皆や。 近頃の現象[一二九五]

映画監督想田和弘氏が指摘する 
コロナ自警団」の特徴


コロナ自警団とやりとりをしてわかったこと。①彼らは「やって良いこと」と「悪いこと」を法律とは無関係に決定し、それを守らない人間を罰する権限と資格があるとなぜか信じている。②その行為は正義であると信じている。③「医療関係者」や「命」を盾に取る(これを言えば相手は黙ると思っている)。

あっ、もう一個あった。④「命」を盾に取る割りには、「おまえがコロナにかかっても病院行くなよ」などと命を粗末にするような発言をする(笑)。(Twitter 想田和弘)


【雑感】非常に興味深い話である。私は映画「選挙」の頃から想田監督の作品を観てきたので、コロナ自警団との虚しい堂々巡りの問答に辛抱強く付き合う監督の姿が目に浮かぶ。


 ここで想田監督が指摘した特徴をもう一度列挙してみよう。

①彼らは「やって良いこと」と「悪いこと」を法律とは無関係に決定し、それを守らない人間を罰する権限と資格があるとなぜか信じている。

②その行為は正義であると信じている。

③「医療関係者」や「命」を盾に取る(これを言えば相手は黙ると思っている)。

④「命」を盾に取る割りには、「おまえがコロナにかかっても病院行くなよ」などと命を粗末にするような発言をする。

 まるでヒトラーユーゲントかナチス突撃隊のような特徴である。彼等も隊のルールは守っていたかもしれないが当時のドイツの現行法は頻繁に無視していた。そして悪事とは思っておらず正義だと信じ、ドイツの主権とドイツ人の命を盾に取り、抗う者には同じドイツ人相手でも「ユダヤ人」や「共産主義」のレッテルを貼って迫害した。

 と、思ったところで「あれ?!」と引っかかった。前述は「医療関係者」を「ドイツの主権」に、「命」を「ドイツ人の命」に変えたら、ナチス突撃隊そっくりと思った訳だが、では「医療関係者」を「社会的弱者」に、「命」を「人権」に差し替えたらどうなる? そのまんま一部フェミニストたちが展開している表現規制や悪書追放運動と同じではないか?

 奇しくも、お笑い芸人の岡村隆史氏が深夜のラジオ番組に於いて発した暴論がバッシングを浴びている。内容を要約すれば、女性の貧困化が進む事と、それによって風俗業界にシフトする事を望んでいると解される発言である。
 批判や批難が起きてしまうのは当然であるし、岡村氏がそれに対して誠実に謝罪をするのも当然である。また謝罪の内容に納得がいかなければ、さらに追及するのも正当な行為だ。
 ただ、近頃フェミニスト的発言が多い石川優実氏が番組降板を署名運動まで行って要求する段になると、それは常軌を逸している。

 岡村発言は様々な問題をはらんではいるが、現行法の違反が確定されてはいない。現時点で法律違反者でない者を糾弾して職を奪うというのは法治社会・民主社会としてあるべき姿か? 法治から逸脱した行為を是としてしまえば、前述の「コロナ自警団」や「ナチス突撃隊」の特徴と違わないではないか。
 記憶にまだ新しいが、献血ポスター「宇崎ちゃん」問題も、R指定されていない一般作で作中には性的描写皆無のプラトニックなラブコメを勝手にゾーニング対象と決めつけ糾弾した勢力も同じ特徴を持っている。

 「コロナ事件団」を見て我が振りなおせ! 正義ナチ化する症例である。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。

4月23日はドイツビールの日である。嫌な報せや悲しい報せが多いので、ここらで一杯やりませう。[四十八]

本日、4月23日は 
ビール純粋令制定504周年。


2020年4月23日のビール。

【雑感】ドイツビールのファンなら御存知と思うが、1516年4月23日はバイエルン公ヴィルヘルム4世が悪徳業者の粗悪品などを排除しビールの品質を向上させるために「ビール純粋令(Reinheitsgebot)」を制定した。この法律は紆余曲折へた現在もなお現役の法律として活きている。(余談1)現役最古の食品衛生関連の法律だ。

 ビールの原料は「麦芽・ホップ・水のみを原料とする」という内容として有名であり、副原料の使用を禁じている。そのためECやEU、加えてアメリカなどの圧力もあるが頑なに守られ、私のようなビール党の強い支持も得て現在もなおドイツビールの個性や品質維持に法的根拠として役立っている。

 という訳で、私個人にとっては「祝日」である。ビール業界にとっても「ビールの日」「ドイツビールの日」として扱われているようだ。たまたま仕事も休みなので上記写真の銘柄を取り揃えて飲んだ。

 左からチェコのピルスナーウルケル、ブドワゼ(元祖バドワイザー)、ドイツのレーベンブロイである。左の2銘柄はチェコ産だがビール純粋令に適った品質であり、ドイツビールファンの間でも人気が高い。外国産ビールの流通を規制していたドイツ国内でも以前から出回っていた。
 チェコビールの話をすると長くなるので別の機会に譲るとして、今日はドイツのレーベンブロイについて解説しよう。

 レーベンブロイLöwenbräu)はドイツのバイエルン地方の有名ブランドでバイエルン公に因んだ。今日のような祝日にピッタリのビールといえる。「Löwen(ライオン)」とライオンのエンブレムが示すようにライオンビールだ。
 ただ、ドイツビールファンなら御存知のように、ドイツ本国で売られている缶の色は青、写真のビールはライセンス生産を示す白である。
 以前からレーベンブロイを飲んでいる方々なら御馴染みのアサヒビール製造のものは白缶なのだが、2018年にアサヒはライセンスセス生産から手を引いている。ではこのビールはどこの生産かというと韓国である。日本が手を引くのと入れ替わるように韓国が生産を始めた。

 味はというと、嬉しいことに本場ドイツのレーベンブロイに近い。アサヒのレーベンブロイビール純粋令に沿って麦芽100%ビールではあったが、味と香りがまるで別物。「辛口」という薄味ビールが主流のアサヒに合わせられたような感があったが、この韓国産は私の好みに近い。
 韓国産のOBビールやCASSを飲んだことがあるがあまり好きになれなかったのでアサヒの時と同様に覚悟していたが、これは喜ばしい誤算。

(余談1)EC発足時に貿易摩擦となって問題になる。80年代後半に保護主義を禁じるローマ条約違反の判断がなされるが、90年代前半にドイツ連邦政府は改めてビール酒税法の一部として法制化した。

晴雨堂関連映画案内
U・ボート ディレクターズ・カット [Blu-ray]
激戦地突破後に配られたブレーメンのベックスは有名。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。

WHOの見解は「制御可能なパンデミック」か。しかし一昔前のリーマンショック規模の不景気になりそう。 近頃の現象[一二九三]

「制御可能なパンデミック」  
WHO、新型ウイルスで見解


 世界保健機関(WHO)は12日、新型コロナウイルスの感染拡大について、各国が対応策を強化すれば「制御可能なパンデミック(世界的な大流行)」だという見解を示した。
 WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェスス(Tedros Adhanom Ghebreyesus)事務局長は前日11日、同ウイルスの世界的な感染拡大は今やパンデミックと考えられると表明していた。

 WHOの発表によると、ゲブレイェスス事務局長は12日、スイス・ジュネーブで外交官らに対し、同ウイルスの感染拡大をパンデミックと表現することにより、各国がさらなる感染拡大阻止の取り組みを諦めることにつながってはならないと指摘。
 同事務局長は「これは制御可能なパンデミック」であり、「一部の国々が、この脅威の制御に必要となる政治的関与のレベルでの対応に当たっていないことを、われわれは深く憂慮している」と述べたという。【AFP=時事】


【雑感】なんか、あれよあれよという間にコロナウイルスの主戦場がアジアからヨーロッパに移ってしまったような感がある。

 結果論になってしまうが、WHOはパンデミックのアラームを出すのが遅すぎた。警報というのは事が起こる前に出さないと意味が無い。事が起こってからの「追認」では警報ではないのだ。
 利害関係があるから難しいのは判る。経済が止まり不景気が世界規模で起こるからパンデミック判断を「慎重」にならざるを得ないのは判る。ただ、WHOは蔵相会議ではない。経済的影響に慎重態度をとるのではなく、疾病に注視するのが本分。警報を出して「なんや大したことなかったやんけ!」とクレームを言われるほうが警報した甲斐があるものでなければならない。

 このコロナ騒動で差し当たっての懸念が二つある。昨年暮れ以来、私は父母に会っていない。息子は正月に会ったが。父からは来るなと電話があった。父母は80過ぎで持病持ちゆえ、外出も極力控えているらしい。いつまでこの状態が続くのか‥。
 コロナ騒動のおかげで次第に不景気の闇が忍び寄ってきているのを感じる。私は過去に「全員解雇」を3回経験しているので、その臭いにはさすがに敏感になった。アメリカも欧州も「鎖国令」を言い出しているので、かつてのリーマンショックやレアメタルなみの不景気は避けられそうにないと覚悟している。

 幸いなのは、武漢で発生したウイルスがコロナであったこと、若い健常者であれば風邪程度で済む病気だ。もしエボラなみのウイルスだったらと思うとゾッとする。

晴雨堂関連作品案内
 


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。文字色

「グリーンブック」 家族と一緒に癒されよう〔27〕

グリーンブック」 
指輪物語のアラゴルンが
マッチョな下町のイタリア系アメリカ人に



グリーンブック [Blu-ray]
グリーンブック [DVD]

【原題】Green Book
【公開年】2018年  【制作国】亜米利加   
【時間】130分
【監督】ピーター・ファレリー
【制作】
【原作】
【音楽】クリス・バワーズ
【脚本】ニック・ヴァレロンガ ブライアン・ヘインズ・カリー ピーター・ファレリー
【言語】イングランド語 一部イタリア語 ロシア語
【出演】ヴィゴ・モーテンセン(トニー・“リップ”・ヴァレロンガ)  マハーシャラ・アリ(Dr・ドナルド・シャーリー)  リンダ・カーデリーニ(ドロレス・ヴァレロンガ)  ディメター・マリノフ(オレグ)  マイク・ハットン(ジョージ)  フランク・ヴァレロンガ(ルディ)        

【成分】笑える 楽しい 切ない 人種差別 ロードムービー 

【特徴】裕福で教養のあるアフリカ系ピアニストと無教養で下町育ちのイタリア系アメリカ人とのロードムービー。

 「ロードオブザリング」ではストイックで痩身のアルゴルンが、ここでは野卑でお喋りで大食漢の厳つい固太りのオッサンになっている。また「ムーンライト」で裏街道の人間フアンが上品で優雅なピアニストになっている。
 本作の野卑なトニーと上品なドン・シャーリーは些かステレオタイプ的なキャラだが、二人の名優によって血の通った掛け合い漫才が展開されて楽しい気分にさせてくれる。
 人種差別という重たいテーマが横たわるが、「三丁目の夕日」と「パッチギ」を合わせたようなエンタメ作だ。

【効能】人種問題を学べる。家族団欒の鑑賞に適している。

【副作用】「白人の救世主」が鼻につく。

下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

「十二人の死にたい子どもたち」 知的興奮を楽しもう〔12〕

十二人の死にたい子どもたち」 
杉咲花、死神の迫力!



十二人の死にたい子どもたち (通常版) [DVD]
十二人の死にたい子どもたち (通常版) [Blu-ray]

【原題】
【公開年】2019年  【制作国】日本国   
【時間】118分
【監督】堤幸彦
【制作】
【原作】冲方丁
【音楽】小林うてな
【脚本】倉持裕
【言語】日本語
【出演】杉咲花(7番アンリ)  新田真剣佑(5番シンジロウ)  北村匠海(9番ノブオ)  高杉真宙(1番サトシ)  黒島結菜(6番メイコ)  橋本環奈(4番リョウコ)  吉川愛(11番マイ)  萩原利久(8番タカヒロ)  渕野右登(2番ケンイチ)  坂東龍汰(10番セイゴ)  古川琴音(3番ミツエ)  竹内愛紗(12番ユキ)      

【成分】泣ける 不気味 切ない 知的 ミステリー 論争劇

【特徴】2000年前後、ネットで自殺を呼びかけ応じた人々が一堂に会して集団自殺をする事件が相次いだ。原作はそれら事件に着想を得て書かれた小説である。

 杉咲花氏をはじめ20歳前後の人気若手俳優たちが自殺しようとする高校生たちを熱演、各々の俳優の役作りが楽しめる。萩尾望都氏の初期SF漫画「11人いる!」のようなミステリー色と「十二人の怒れる男」とは違った説得力ある論争劇が魅力。

【効能】生きる希望が湧く。杉咲花氏の迫力に萌えて吸い込まれそうになる。

【副作用】絶望的な気持ちになる。

下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

皆さん、明けましておめでとうございます。

皆さん、
明けましておめでとうございます。 
今年も一年、生き残りましょう。


 残念ながら 旧年も映画館で観た作品は僅か。
 かつて年末年始は毎回、旧年1年間の劇場公開新作映画を振り返る行事を続けてきたが、それが成り立たない事態になって久しい。

 「日本で2019年に劇場初公開された新作」という条件に絞って晴雨堂が独断と偏見で優秀作品を1作ぐらいは選ぼうと考えた。
 具体的な評価基準は、劇場で1800円支払って鑑賞してなおかつDVDが発売されたら購入して本棚のコレクションに加えたい映画である。

 で、映画館へ行く機会がめっきり減った上に心に残る映画も思い浮かばない。リメイクやらシリーズものやら、たしかにそれなりに面白いかもしれないが、思い出に残る事はたぶん無い。季節が過ぎれば、数多くある映画の一つとして記憶の沼の底へ沈むことになる。

 今からちょうど一年前、同じく恒例の新年の挨拶で述べた作品をイチオシに推挙する。


ちいさな独裁者【シュバルツヴァイス完全版】 [DVD]
ちいさな独裁者 [DVD]

 ちいさな独裁者 Der Hauptmann

 である。

 

 毎回同様の批判を受けるので、今年も同じ言い訳を言う。もはや映画レビュアーとして失格ではないか? なんて御批判があった。しかしレビューは映画を鑑賞する人全員分け隔てなく持っている資格と権利である。これは民主主義社会の鉄の掟である。

 それと、当ブログ「ミカエル晴雨堂の作法」でも謳っているように、私はAVも含め分け隔てなく「映画」として扱う人間なのだ。AVならよく観ていて高く評価している作品が多々あるのだが、残念ながらFC2の規約で当ブログでは世間でAVと呼ばれている低予算映画はレビューアップできないのである。


 それでは改めて、またこの一年も生き残りましょうぞ!




 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

映画処方箋一覧

晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。

下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。

メールフォーム

晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター

2007年10月29日設置

当ブログ注目記事ランキング

当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。

設置2013年6月13日

ブログランキング

下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。

  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
55位
アクセスランキングを見る>>

タグランキング

晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。

訪問者閲覧記事

最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

晴雨堂ミカエルのtwitter

最近、ようやくツイッターの使い方が解ってきた。

FC2各種サービス

アフィリエイト・SEO対策

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

晴雨堂お薦めツール 

   

提携サイト・・旅行

現在、工事中。

提携サイト・・映画・アニメ

提携サイト・・書店

 

提携サイト・・アウトドア

登山・旅行・チャリンコなど、関連グッズ販売のサイトを紹介します。

   

提携サイト・・健康用品

提携サイト・・雑貨

提携サイト・・和装

和服姿になれば、気分は時代劇ヒーロー・ヒロイン。

晴雨堂お薦めスタンダード麦酒

晴雨堂が薦める比較的手に入り易い麦酒です。

晴雨堂から、お知らせと呟き

諸君!また一年、生き残りましょうぞ!

ミカエル晴雨堂提携サイト案内

   

designed by たけやん