FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。
晴雨堂から、お知らせと呟き
諸君!また一年、生き残りましょうぞ!
ミカエル晴雨堂提携サイト案内
   

WHOの見解は「制御可能なパンデミック」か。しかし一昔前のリーマンショック規模の不景気になりそう。 近頃の現象[一二九三] 

「制御可能なパンデミック」  
WHO、新型ウイルスで見解


 世界保健機関(WHO)は12日、新型コロナウイルスの感染拡大について、各国が対応策を強化すれば「制御可能なパンデミック(世界的な大流行)」だという見解を示した。
 WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェスス(Tedros Adhanom Ghebreyesus)事務局長は前日11日、同ウイルスの世界的な感染拡大は今やパンデミックと考えられると表明していた。

 WHOの発表によると、ゲブレイェスス事務局長は12日、スイス・ジュネーブで外交官らに対し、同ウイルスの感染拡大をパンデミックと表現することにより、各国がさらなる感染拡大阻止の取り組みを諦めることにつながってはならないと指摘。
 同事務局長は「これは制御可能なパンデミック」であり、「一部の国々が、この脅威の制御に必要となる政治的関与のレベルでの対応に当たっていないことを、われわれは深く憂慮している」と述べたという。【AFP=時事】


【雑感】なんか、あれよあれよという間にコロナウイルスの主戦場がアジアからヨーロッパに移ってしまったような感がある。

 結果論になってしまうが、WHOはパンデミックのアラームを出すのが遅すぎた。警報というのは事が起こる前に出さないと意味が無い。事が起こってからの「追認」では警報ではないのだ。
 利害関係があるから難しいのは判る。経済が止まり不景気が世界規模で起こるからパンデミック判断を「慎重」にならざるを得ないのは判る。ただ、WHOは蔵相会議ではない。経済的影響に慎重態度をとるのではなく、疾病に注視するのが本分。警報を出して「なんや大したことなかったやんけ!」とクレームを言われるほうが警報した甲斐があるものでなければならない。

 このコロナ騒動で差し当たっての懸念が二つある。昨年暮れ以来、私は父母に会っていない。息子は正月に会ったが。父からは来るなと電話があった。父母は80過ぎで持病持ちゆえ、外出も極力控えているらしい。いつまでこの状態が続くのか‥。
 コロナ騒動のおかげで次第に不景気の闇が忍び寄ってきているのを感じる。私は過去に「全員解雇」を3回経験しているので、その臭いにはさすがに敏感になった。アメリカも欧州も「鎖国令」を言い出しているので、かつてのリーマンショックやレアメタルなみの不景気は避けられそうにないと覚悟している。

 幸いなのは、武漢で発生したウイルスがコロナであったこと、若い健常者であれば風邪程度で済む病気だ。もしエボラなみのウイルスだったらと思うとゾッとする。

晴雨堂関連作品案内
 


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。文字色
スポンサーサイト



[ 2020/03/19 06:14 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)

「グリーンブック」 家族と一緒に癒されよう〔27〕 

グリーンブック」 
指輪物語のアラゴルンが
マッチョな下町のイタリア系アメリカ人に



グリーンブック [Blu-ray]
グリーンブック [DVD]

【原題】Green Book
【公開年】2018年  【制作国】亜米利加   
【時間】130分
【監督】ピーター・ファレリー
【制作】
【原作】
【音楽】クリス・バワーズ
【脚本】ニック・ヴァレロンガ ブライアン・ヘインズ・カリー ピーター・ファレリー
【言語】イングランド語 一部イタリア語 ロシア語
【出演】ヴィゴ・モーテンセン(トニー・“リップ”・ヴァレロンガ)  マハーシャラ・アリ(Dr・ドナルド・シャーリー)  リンダ・カーデリーニ(ドロレス・ヴァレロンガ)  ディメター・マリノフ(オレグ)  マイク・ハットン(ジョージ)  フランク・ヴァレロンガ(ルディ)        

【成分】笑える 楽しい 切ない 人種差別 ロードムービー 

【特徴】裕福で教養のあるアフリカ系ピアニストと無教養で下町育ちのイタリア系アメリカ人とのロードムービー。

 「ロードオブザリング」ではストイックで痩身のアルゴルンが、ここでは野卑でお喋りで大食漢の厳つい固太りのオッサンになっている。また「ムーンライト」で裏街道の人間フアンが上品で優雅なピアニストになっている。
 本作の野卑なトニーと上品なドン・シャーリーは些かステレオタイプ的なキャラだが、二人の名優によって血の通った掛け合い漫才が展開されて楽しい気分にさせてくれる。
 人種差別という重たいテーマが横たわるが、「三丁目の夕日」と「パッチギ」を合わせたようなエンタメ作だ。

【効能】人種問題を学べる。家族団欒の鑑賞に適している。

【副作用】「白人の救世主」が鼻につく。

下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

「十二人の死にたい子どもたち」 知的興奮を楽しもう〔12〕 

十二人の死にたい子どもたち」 
杉咲花、死神の迫力!



十二人の死にたい子どもたち (通常版) [DVD]
十二人の死にたい子どもたち (通常版) [Blu-ray]

【原題】
【公開年】2019年  【制作国】日本国   
【時間】118分
【監督】堤幸彦
【制作】
【原作】冲方丁
【音楽】小林うてな
【脚本】倉持裕
【言語】日本語
【出演】杉咲花(7番アンリ)  新田真剣佑(5番シンジロウ)  北村匠海(9番ノブオ)  高杉真宙(1番サトシ)  黒島結菜(6番メイコ)  橋本環奈(4番リョウコ)  吉川愛(11番マイ)  萩原利久(8番タカヒロ)  渕野右登(2番ケンイチ)  坂東龍汰(10番セイゴ)  古川琴音(3番ミツエ)  竹内愛紗(12番ユキ)      

【成分】泣ける 不気味 切ない 知的 ミステリー 論争劇

【特徴】2000年前後、ネットで自殺を呼びかけ応じた人々が一堂に会して集団自殺をする事件が相次いだ。原作はそれら事件に着想を得て書かれた小説である。

 杉咲花氏をはじめ20歳前後の人気若手俳優たちが自殺しようとする高校生たちを熱演、各々の俳優の役作りが楽しめる。萩尾望都氏の初期SF漫画「11人いる!」のようなミステリー色と「十二人の怒れる男」とは違った説得力ある論争劇が魅力。

【効能】生きる希望が湧く。杉咲花氏の迫力に萌えて吸い込まれそうになる。

【副作用】絶望的な気持ちになる。

下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

皆さん、明けましておめでとうございます。 

皆さん、
明けましておめでとうございます。 
今年も一年、生き残りましょう。


 残念ながら 旧年も映画館で観た作品は僅か。
 かつて年末年始は毎回、旧年1年間の劇場公開新作映画を振り返る行事を続けてきたが、それが成り立たない事態になって久しい。

 「日本で2019年に劇場初公開された新作」という条件に絞って晴雨堂が独断と偏見で優秀作品を1作ぐらいは選ぼうと考えた。
 具体的な評価基準は、劇場で1800円支払って鑑賞してなおかつDVDが発売されたら購入して本棚のコレクションに加えたい映画である。

 で、映画館へ行く機会がめっきり減った上に心に残る映画も思い浮かばない。リメイクやらシリーズものやら、たしかにそれなりに面白いかもしれないが、思い出に残る事はたぶん無い。季節が過ぎれば、数多くある映画の一つとして記憶の沼の底へ沈むことになる。

 今からちょうど一年前、同じく恒例の新年の挨拶で述べた作品をイチオシに推挙する。


ちいさな独裁者【シュバルツヴァイス完全版】 [DVD]
ちいさな独裁者 [DVD]

 ちいさな独裁者 Der Hauptmann

 である。

 

 毎回同様の批判を受けるので、今年も同じ言い訳を言う。もはや映画レビュアーとして失格ではないか? なんて御批判があった。しかしレビューは映画を鑑賞する人全員分け隔てなく持っている資格と権利である。これは民主主義社会の鉄の掟である。

 それと、当ブログ「ミカエル晴雨堂の作法」でも謳っているように、私はAVも含め分け隔てなく「映画」として扱う人間なのだ。AVならよく観ていて高く評価している作品が多々あるのだが、残念ながらFC2の規約で当ブログでは世間でAVと呼ばれている低予算映画はレビューアップできないのである。


 それでは改めて、またこの一年も生き残りましょうぞ!




 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。

ザギトワ引退? 撤回で安堵して良いの? フィギュアスケート[111] 

「活動休止」「撤回」...
17歳の ザギトワに何が起きているのか


 12月14日午前、衝撃的なニュースがロシアから入ってきた。平昌五輪女王のアリーナ・ザギトワが13日、現地のテレビ番組で「これからの競技会には出ない」と発言し、12月下旬のロシア選手権などの大会に出場しないというのだ。競技活動の一時休止だが、現役引退の可能性さえ囁かれた。その後、本人がインスタグラムで一転して活動休止を否定した。テレビ番組での発言は「不安で、自分の考えをはっきりと伝えることができなかった」と言う。いずれにせよ、その胸中が揺れているのは確かだろう。(webスポルティーバ)

【雑感】予想はしていた。日本の浅田真央選手や安藤美姫選手もそうだったし、ロシアでもリプニツカヤ選手やラジオノワ選手がそうだった。
 答えは簡単である。いずれの選手も15歳頃で彗星のように台頭してタイトルを掻っ攫った選手たちで、16か17歳頃で顕著になる思春期の体型変化でジャンプ勘を見失ってしまう。

2019ザギトワ
2019年のザギトワ選手 wWikipedia参照

 これは浅田真央氏や織田信成氏自身がインタビューなどで答えていた。体重が僅か500グラム変わってもジャンプ勘が狂う。だから体調管理には細心の注意を払うのだが、思春期に起こる体型変化などはいかんともし難い。
 韓国の金妍児選手が長くトップに君臨するようになったのは、浅田真央選手から遅れて台頭したからだ。真央が体型変化で伸び悩み始めた頃に誕生日が一ヶ月も違わない同い歳の金妍児選手は真央以上のジャンプを跳ぶことを諦め総合的な演技完成度を目指した結果ではないかと思う。彼女の場合はある程度の体型変化を済ませてからの台頭ともいえる。

 民放の番組「炎の体育会TV」でザギトワ選手が後輩を引き連れて出演した時に思った。後輩たちは15歳くらいなのだがまるで小学生のような体型、そういえばザギトワ選手はすっかり大人の女性のプロポーションになった。となると、そろそろスランプの時期ではないか?

 今回のグランプリファイナルでは表彰台をザギトワ選手の後輩たちで独占した。しかし、彼女たちも来年再来年に苦しむことになる。ザギトワ選手も平昌で金メダルを取った頃は似たような体型だったのだ。

2017ザギトワ
2017年のザギトワ選手 
当然のことながら今とは体型は全く違う。
Wikipedia参照


 これからのフィギュアスケートは、何歳にピークをもっていくかが課題になるのではないか? ローティーンで台頭させるとハイティーンで潰れる可能性がある。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。

映画サイト「MIHOシネマ」に協力。 

MIHOシネマ・タイトルロゴ

【紹介】上記タイトルロゴは、Twitterで知り合った映画好きのOL影山みほ氏が仕事のかたわら運営している映画サイトの看板である。
 前回の「ファースト・マン」レビューを読まれた読者諸氏はお気づきのように、トラックバックではなく本文中にサイト紹介を設けてリンクを張らせてもらった。
 今後、新たにレビューアップする時や、過去レビューを加筆する際に「MIHOシネマ」にも同じ作品紹介が掲載されている場合はリンクを張らせてもらう方針である。


【経緯】いつだったか、TwitterアカウントにOLを称する影山みほ氏がフォローしてくれた。自己紹介文に目を通すと

映画好きの28歳OL 映画メディア『MIHOシネマ』の編集長をしています(中略)生活を豊かにする映画メディアを目指して奮闘中

とあった。

 私も映画ファンであり映画blogを運営する人間なので迷わずフォロー返しをして、彼女が運営しているという映画サイトを拝見した。
 驚いた。もし彼女一人(そんな訳はなかろう)で執筆しているのであれば超人に近い。映画情報が膨大なのである。

 私などは映画blogを立ち上げたものの、映画ネタだけでなく政治ネタや時事ネタなども書いていて、友人や読者から「看板に偽りあり」との指摘と批判を受けてきた。
 また、多くの映画ファンがそうであるように、全ての映画に精通している訳ではなく、好き嫌いや得手不得手がある。例えば当blogでも公言しているように、私はミュージカルが苦手で嫌いだ。またデズニー映画もあまり好きではない。
 そんな映画はどうしても食指が動かない。鑑賞してもレビュー執筆には至らない。同時に感動で心を揺さぶられ過ぎた作品もまた論ずる言葉を失ってレビューアップできない場合もある。
 子供を授かってからは、大幅に映画鑑賞数が激減し、レビュー執筆頻度も急落した。それもあってか、かつては当blogのアクセス数は一日150件だったのが今では10件にも満たない状況である。
 私のような平凡な映画レビュアーはたぶん世間では非常に多いと思う。当blog左カラムのリンクコーナーで紹介している映画blogサイトの多くは既に消滅しているか更新を休止している。blogを5年10年と続けるのは、思っている以上に大変なのだ。

 そういう意味で影山みほ氏の映画サイトは非凡で超人だ。私はギャラをもらってもできないだろう。実際問題、果たして彼女一人で運営しているのか? 会社組織が背後にあるのかどうかは判らないし興味がない。少なくとも今のところは無料で誰でも閲覧できる「MIHOシネマ | 映画ネタバレあらすじ結末」という映画資料室がネット上に存在するということだ。


【特徴】MIHOシネマ」の特徴をあげよう。

情報量の多さ
 2019年12月現在で7000作の紹介を行っており、毎日欠かさず更新されているため紹介映画数は遠からず1万を超えるであろう。
 メジャーからB級まで、洋画から邦画、最近の話題作から過去の古典的名作、ラブコメ・歴史超大作・SF・戦争映画・スポコン等々、広範囲のジャンルをバランスよく取り上げ網羅、多くの映画ファンは観ているであろう映画はほぼ取り上げている。

情報の整理整頓
 Excelスキルが高いのだろうか。情報の整理整頓ができていて検索が容易にできる。多くの映画レビュアーのblogは邦題の「あいうえお順」での検索が主流だろう。「MIHOシネマ」ではジャンル別・おすすめ・俳優別・公開中などキーワード検索で容易に目当ての作品に辿り着く。
 作品の紹介は簡潔で主観盛りが少ない。多くの映画レビュアーは好き嫌いを露骨に反映して映画を語るので紹介の仕方にムラがあるし悪意ある記事は作品への必要な情報が書かれていなかったり、好意があり過ぎる作品では無駄な情報が多すぎたりするものだが、彼女は公平に淡々と紹介している。
 過去作品については粗筋を起承転結にまとめられ、作品の性格や雰囲気、つまり鑑賞者にとって合う作品か否かを推察しやすい。

映画見放題アプリの紹介
 AmazonビデオやTSUTAYAテレビなど配信サイトの紹介を行っているのも多くの映画ファンが運営するblogにはあまりない情報だ。

MIHOシネマの作品評価
 しかし独自レビューや評価を行っている作品と粗筋および基本的データの紹介だけに留めている作品はある。やはり7000もの作品すべてに紹介しレビューを書くのは「個人」であれば物理的に無理であろう。ゆえに「MIHOシネマ」は組織ではなく個人レベルで運営しているサイトなんだなと奇妙な安心感がある。


【期待】
 前述したように、blogを5年10年単位で続けるのはけっこう気力と体力がいる。私のblogはあくまで趣味だが、影山氏たちのサイトはもはや趣味というよりボランティアで運営する資料館のような様相である。
 この奮闘に映画ファンとして応えたいものだ。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。

「ファースト・マン」 家族と一緒に考えよう〔31〕 

ファースト・マン」 
アームストロング船長の物語



ファースト・マン 4K Ultra HD+ブルーレイ[4K ULTRA HD + Blu-ray]
ファースト・マン ブルーレイ+DVD [Blu-ray]

【原題】FIRST MAN
【公開年】2018年  【制作国】亜米利加   
【時間】141分
【監督】デイミアン・チャゼル
【制作】スティーヴン・スピルバーグ アダム・メリムズ ジョシュ・シンガー
【原作】ジェームズ・R・ハンセン
【音楽】ジャスティン・ハーウィッツ
【脚本】ジョシュ・シンガー
【言語】イングランド語
【出演】ライアン・ゴズリング(ニール・アームストロング)  クレア・フォイ(ジャネット・アームストロング)  ジェイソン・クラーク(エド・ホワイト)  コリー・ストール(バズ・オルドリン)  パトリック・フュジット(エリオット・シー)  マシュー・グレイヴ(チャック・イェーガー)    

【成分】泣ける 哀しい ロマンチック 切ない かっこいい 恐怖 勇敢 知的 宇宙 1960年代

【特徴】2013年公開のロシア映画「ガガーリン」レビューをした際にハリウッド映画「ライトスタッフ」を比較の対象にしたが、よくよく考えると同じ「ファーストマン」同士の比較として本作を挙げた方が適切だったかもしれない。
 両作のポスターも撮影するカメラの位置が右か左かの違いがあるが、いずれも宇宙服を着た主人公の横顔の捉えている。ただ、ガガーリンは笑顔であるのに対し、アームストロングは口を真一文字に閉じている寡黙な顔だ。これが主人公のキャラの違いを象徴しているといえる。
 
 言うまでもなく、この「ファースト・マン」は人類史上初の月面散歩をしたニール・アームストロング船長の伝記映画である。「ガガーリン」レビューの時はアメリカと違って暗いと評したが、本作も負けず劣らず暗い。「ガガーリン」と同じく、本作も主人公の内面に焦点をあてた作風である。
 両作とも過酷な試練を乗り越える主人公を描いているのだが、主人公本人はそれが顔に出ない。ガガーリンはにこやか、アームストロングは生真面目で起伏の無い表情。
 いずれも国家の威信で英雄に祭り上げられたてしまうが、「ガガーリン」ではラストで主人公の栄光の影に隠れた不遇の晩年と早すぎる最期を字幕で紹介する。それに対し、本作では主人公と妻が隔離室のガラス窓を隔てて夫婦の絆を確認する未来への希望が見えそうな場面で終わる。
 残念ながら、この映画のラストシーンから20数年後に二人は離婚してしまうが。

【効能】宇宙空間の美しい描写に感動。夫婦関係・家族関係を再考するきっかけになる。

【副作用】全般に暗い話で気が滅入る。寡黙なアームストロングにイラっ。

下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
73位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク