ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「ブス役」の桐谷美玲に違和感。 近頃の現象[一二七五] 

桐谷美玲へ「世界中のブスに謝れ」 
フジ「人は見た目」主演に違和感


 2017年4月13日、第1話が放送されたフジテレビの連続ドラマ「人は見た目が100%」に納得がいかない視聴者が相次いだ。
 同ドラマは地味な女性たちがあることをきっかけに、女性らしさを磨くというストーリーだが、主演を務める女優・桐谷美玲さん(27)が「美しすぎて」、ドラマでの役どころに「全く共感できない」という声が続出しているのだ。(J-CASTニュース)


【雑感】因みに桐谷美玲氏は「世界の美しい顔」に4回程度ランクされたほどの美女である。

 当ブログでもこの現象を指摘した事があったような気がする。
 近頃は容姿端麗の子ばかりだ。息子が幼いのでよくNHK教育のキッズテレビを見るのだが、出演する子役たちの美しい事。語弊のある言い方を敢えてすれば、「ブ男」「ブ女」の供給が途絶えるのではないかと思う。
 俳優は美男美女ばかり、なので「ブス役」をお笑い芸人から引っ張ろうとするが近頃の芸人たちも美形ぞろいだ。
 身体を張って「ブス役」「キモ役」を演じている森三中の方々にしても、仮にライザップでダイエットして鍛えたら「美人〇〇」と呼ばれるほどの美形キャラになるはず。ベースはハッキリ言って「美女」の範疇だ。

 俳優魂を見せるなら、ロバート・デ・ニーロやスタローンたちがやったように役柄に合わせて体型を変える。たとえば今回の場合なら20キロていど肥る必要があるだろう。
 ただ、問題は女優と契約している事務所の利害関係だ。語弊を恐れず判り易く言えば、これから水着写真集を繰り出してもう少し儲けたいと思っている所で太られたら大損害。CM契約を結んでいる企業にとっても太られたら商品イメージと乖離してしまうので嫌がる。たぶん男優よりも縛りが厳しいと思う。

 となれば特殊メイクだ。日本でも前例はある。スレンダーな葉月里緒奈氏がドラマ「恋の奇跡」で丸々と肥え太った女子高生を演じた。これは1996年のエディ・マーフィ主演「ナッティ・プロフェッサー」で評判になったデブ・メイクに触発されての試みだったと思う。
 また、地味なメイクだが1983年放送の土曜ワイド劇場「整形復顔の女 私の過去をあばかないで 結婚への変身!」で主演の酒井和歌子氏がさり気なくテーピング?で鼻の形を変えて地味なオールドミスのOLを演じた。

 今回の場合も特殊メイクで桐谷美玲氏を地味な女性にできなかったものか?
 それとも、「整形復顔の女」や「恋の奇跡」と同様のことを今すれば、「ブス」の対象とされた当事者や言葉狩り人間たちからのクレームの嵐が襲ってくるのか? TVドラマの場合、公共放送上にCMを載せれば全国に商品宣伝・会社宣伝できるメリットがあるが、提供するドラマがクレームの嵐となれば大きなイメージダウンとなるので嫌がる。
 同じ不評でも、世界的美女である桐谷美玲氏をそのまま「ブス」という設定で起用した方がまだ安全、という計算がはたらいたように思えてならない。しかしそれなら何故「人は見た目が100%」なんてドラマを企画したのだ? 訳わからん。

晴雨堂関連記事案内
美女だらけの世界。若手非美女枠人材難。 近頃の現象[一一一六]


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
スポンサーサイト
[ 2017/04/15 09:10 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)

やはり栃木県教育委員会は高校生の「冬山登山禁止」を検討か。禁止したがる気持ちは解るが、やはり私は野口健氏の「禁止はあまりに安易」に賛同である。教育委員会だけで決めるのではなく、現場の教師や生徒にも議決権を与えて議論させろ! 近頃の現象[一二七四] 

野口健氏、高校生冬山禁止に 
「あまりに安易」と警鐘


 アルピニストの野口健氏が29日、ツイッターを更新し、栃木県那須町のスキー場で高校生ら8人が犠牲になった雪崩事故で、栃木県教育委員会が県内の高校生の冬山登山を全面的に禁止する方向で検討したことを受け「あまりにも安易な発想」と持論を展開した。
(中略)
 続くツイッターでは「今回の事故により『高校山岳部の冬山登山禁止が検討されている』はあまりにも安易」とし、「夏山登山でも台風のなか突っ込めば遭難する可能性は十二分にある」と、山はどの季節にも危険は潜むと指摘。2009年の北海道トムラウシ山での大量遭難の事故を挙げ「夏山であり、暴風雨による低体温症による犠牲」と説明し、「季節で規制するのではなく大切な事は状況を見極める能力」と訴えた。(デイリースポーツ)


【雑感】教育委員会のハラは解っている。禁止の目的は子供たちのためというよりは、自分たち監督者に責任が降りかからないための処置である。

 中高生時代の私が目撃したサイクリング車禁止令と同じ安易な手段である。そんなに危険であれば、全国民から自動車やバイクの免許習得権利を剥奪しなければ道理に合わない。私が子供の頃は年間万の数の人間が交通事故で命を落としている。単に命を落とすだけではない、殺す側になってしまう場合も多々あるのだ。そんな危険なものは徹底的に排除弾圧するぺきではないのか。今でも年間数千人単位で殺されているのだぞ! 山岳事故よりもはるかに大勢ではないか!!

 自動車禁止にならない理由は明白だ。経済活動に著しく支障をきたすからである。その最たる例が原発だろう。福一原発一カ所が破壊されただけでも全世界の環境に影響を与えてしまう。壊れなくても、便所の無いマンションとの批判があり、常に破滅と隣り合わせだ。最悪、人類滅亡の直接原因にもなりかねない。それほど危険なものであるにもかかわらず禁止処置に踏み切った国は未だ極僅か、チェルノブイリを体験したウクライナやベラルーシ―やロシアでさえも未だに原発からの電力を使っている。要は銭のためだ。

 登山市場は自動車市場に比べれば小さい。しかも自動車は流通等あらゆる市場の媒体としても存在しているので否定できないが、登山は市場が小さいうえにマニアックなため禁止をしても経済にはさほど影響はない。それだけの話だ。
 同じスポーツでも、児童の健康にけっして良くない夏の甲子園や投手の連投問題は改善の動き無しだ。それもまた市場規模の大きさが関係している。市場が大きければその市場に関わる業界団体の政治力も強い。

 そんないかがわしい社会構造の中にいる事を解ったうえで、議論するべきではないか。教育委員会だけに判断させるのではなく、現場の教師や生徒にも「参政権」を与えて議論に参加させろ!


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
[ 2017/03/29 23:00 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(2)

栃木・那須町のスキー場で雪崩。山は難しい。心配なのは学校教育から登山が排斥されてしまうのではないかという分野対象ヘイトが起こる事だ。何か事件が起こると対象の一分野丸ごと否定されてしまう。 近頃の現象[一二七三] 

雪崩 「業務上過失致死傷」捜査へ

 27日、栃木・那須町のスキー場雪崩が発生し、高校生ら8人が死亡した事故で、警察は業務上過失致死傷の疑いで捜査する方針。
 雪崩があった現場近くでは、また28日朝から、激しい雪が降っている。
 風も強く、雪がふぶいて、視界も非常に悪い。
 27日、「那須温泉ファミリースキー場」で発生した雪崩では、大田原高校の生徒・高瀬淳生(あつき)さん(16)、浅井 譲(ゆずる)さん(17)、佐藤宏祐(こうすけ)さん(16)、奧 公輝(まさき)さん(16)、萩原秀知(ひでとも)さん(16)、大金 実(みのる)さん(17)、鏑木悠輔(かぶらぎ・ゆうすけ)さん(17)と、教諭・毛塚優甫(けつか・ゆうすけ)さん(29)が死亡し、生徒や教師40人が重軽傷を負った。
 検視の結果、8人の死因は、雪の重みによる圧死だったことがわかった。
 事故当時、栃木県内の7つの高校の生徒と教師らが、春山登山の研修を行っていて、死傷した生徒らは、ゲレンデを外れた林の付近で、雪崩に巻き込まれたという。
 研修を主催した栃木県高校体育連盟は、「ベテランの先生方の状況判断を尊重していた」などと話しているが、当時は大雪・雪崩などの注意報が発令されていた。
 警察は、主催者の判断に問題がなかったかなど、業務上過失致死傷の疑いで調べる方針。
 また栃木県は、28日朝から、ヘリコプターやドローンを使い、雪崩の発生状況をくわしく調べることにしている。(フジテレビ系)

【雑感】雪崩に遭ったらとにかく泳ぐように雪の上へ出るようにしなければならない。気道を確保するため鼻と口を押えろ、なんて事を専門家たちからよく聞くが、実際はなかなか難しい事が判る。
 というのも、遭難した彼らは専門家ではない高校生たちだが、球界に例えたらプロ野球選手ではないものの甲子園優勝校クラスの強豪校の選手のような者たちだからだ。なので山岳知識と技術はおそらく多少は知っている私よりも遥かにあるはず。

 素人から見ればセミプロ級の人たちが敢え無く遭難する、それだけ雪崩は不意打ちに襲ってくる。遭遇してしまったら回避はできない、と思った方が良いだろう。

 死者が出てしまった以上は、警察が業務上過失致死の疑いで捜査するのはやむを得ない。遺族の中から学校の責任を問う声や山岳部の存在是非論が飛び出してくるだろうが、それもまたやむを得ない。しかし・・。

 若い頃の私なら手放しで「不運だった」「山岳部は存続して引き続き子供たちに行わせるべき」と主張するだろうし、山岳訓練は止めさせるべき論に対しては真っ向から反論し闘いを挑んだであろう。
 「そんなん言うんやったら、子供が大人になってもバイクや車の免許とらすな。交通事故で年間の死人がどれだけ出ると思ってんねん。子供が死ぬるだけではない、人を殺してしまう事もあるんやぞ。わかってんのかボケ!」
 てな調子で言い返す。

 子供ができると、そういう言い草をならべるのは躊躇する。子供を育てるのは非常に大変で、何度もハードルがある。高熱を出すたびに慌てる。三輪車や自転車に乗れるようになると事故に遭わなければ良いがと心配になる。学校へ行きだすとイジメにあわないか、グレないか、勉強についていけてるのか等々が気がかり。
 やっとこさ高校生にまで育てあげ、山岳部なんて古風で体力のいるエコな分野で頑張る子になってくれた。暴走族やヤンキーとは無縁の分野だ。親としては自慢の子だと思う。
 さらに少子高齢化で生臭い言い方になるが子供の価値は私が生まれた頃に比べると桁違いに高い。私も今や息子のためだけに生きているようなものだ。

 だから難しい。多少は危険な事もやらせないと危機管理能力がつかないし、しかし危険な事はやらせたくない。
 おそらく主催者の先生方も遭難する可能性を考慮したからこそ予定していた山登りを中止して、スキー場のゲレンデでのラッセル訓練に切り替えたはずだ。主催者が詰める運営本部から見渡せるところでの活動なら安全と思ったのだろう。野外に出るランニングから運動場内のランニングに切り替えた、そんな感覚と思う。
 スキー場内で大規模な雪崩が起きるとは思っていなかったかもしれない。つらいなぁ。

 しかしこれだけは言える。何か事件が起これば、必ず対象個人だけでなく個人が属している分野も否定の対象になる。今回の場合は栃木県高校体育連盟や大田原高校だけでなく登山そのものが否定の対象にされてしまう。下手をすれば未成年に山を登らすな論になりかねない。
 我々はそれらと断固として闘わねばならん。

 かつて私が中高生だった頃、ドロップハンドルのサイクリング車に乗った少年が転倒してハンドルが胸に刺さり死んでしまう事故があった。
 するとマスコミは初めてサイクリング車なる自転車が存在する事を知ったかのように騒ぎ立て、構造上の欠陥などを疑問視してサイクリング車有害論を煽った。全国の小中高の学校でサイクリング車禁止令を出したところも珍しくない。
 自転車の基本構造は百数十年も前から変わっておらず、即ちサイクリング車は最も理想的な形状である。私は大いに反発した。前述の交通事故に絡めた反論は当時のものである。
 自動車が禁止されないのは経済活動に支障をきたすためだからだ。日本経済に直結する分野は一部のカルト的な人たち以外は口を噤む。世間とは気まぐれで卑怯者だ。
 そういう人たちから分野を守るには、日本経済に直結する事を知らしめなければならない。いまやサイクリング車で文句を言う人は殆どいない。かつては漫画アニメは丸ごと否定されていた時代もあったが、重要な輸出商品であることが知られるようになると分野丸ごと否定は無くなった。(権力側は規制して飼いならそうという動きは熱心だが)

晴雨堂関連作品案内
植村直己物語 [DVD] 佐藤純彌監督
劔岳 点の記 [Blu-ray] 木村大作監督
アイガー北壁 [DVD] フィリップ・シュテルツ監督


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
[ 2017/03/28 12:19 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)

ベッキーがCSチャンネルの映画番組に出演するか・・。 近頃の現象[一二七二] 

ベッキーの“第2章” テーマは恩返し

 タレント・ベッキー(32)が4月3日に放送されるCS映画専門チャンネル「ムービープラス」の番組『この映画が観たい』(後11:00~11:30)の収録に参加し、取材に応じた。「ベッキーのオールタイム・ベスト」と題し、これまでを振り返りながら人生を彩った映画5作を発表。さらに今後の想いも話した。(オリコン)

【雑感】今後のベッキーは毒も吐くという。それは大歓迎だ。

 思うに、明るい優等生キャラで居続けるのはしんどい。多少は毒気を滲みだしても良いだろうし、あるていど自由にキャラを演出できるポジション立ったはずだ。

 関ジャニ∞主演「エイトレンジャー」での迫力ある悪役には感動したものだ。最初は従来のベッキーらしい熱血正義感の若い刑事として登場する。ところが中盤佳境から正体を現し悪に豹変する。彼女の本当の姿は悪の秘密結社の大幹部だった。目障りな人間は躊躇なく拳銃で射殺、ベッキー刑事を頼りになる先輩と慕う後輩刑事にも銃を突きつけ躊躇わずに引き金を引く。幸い、不発だったのか弾は出ず、表情を変えずに「運が良かったね」と一言。
 ドスがきいていて、それでもって冷ややかな台詞回しには痺れたものだ。プライベートでベッキーを怒らせたらどんな恐ろしい姿に豹変するかを観てしまったようでドキドキした。

 なので今後は悪役のオファーもあるだろうから楽しみにしている。私の要望は秘密結社の女首領、黒いレザーのマイクロビキニに膝まであるハイヒールの黒ブーツに裏地が赤の黒マントで、むさ苦しいオッサンたちをバッサバッサ叩っ斬る。そんな役をやってほしい。
 おっと中年のスケベ心が見苦しく出てしまった。この辺で終わろう。

晴雨堂関連作品案内
エイトレンジャー 通常版 [Blu-ray] 堤幸彦監督

 


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
[ 2017/03/21 21:34 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)

「社会民主主義」路線、踏ん張るも風前の灯火か? 近頃の現象[一二七一] 

極右、第1党に届かず 
出口調査予測―オランダ下院選


 15日投開票のオランダ下院選の出口調査で、極右・自由党(PVV)の獲得議席は19議席にとどまり、第1党には届かないとの分析結果が出た。(時事通信)

【雑感】鋭意執筆中


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
[ 2017/03/16 06:22 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)

想田監督も驚く上西小百合議員の意外な頑張り。 近頃の現象[一二七〇] 

上西小百合氏の意外な頑張り。

想田監督tweet

【雑感】おお! 映画監督の想田和弘氏が上西小百合氏の「活躍」を取り上げるようになった。
 想田監督の映画はどちらかといえば旧革新系や現在の護憲派から支持される内容であり、ネトウヨからは「サヨク」「パヨク」とレッテル付けされている。その社会的立ち位置からすれば、維新勢力は批判や軽蔑の対象であり、実際に想田監督は橋下徹氏批判を積極的にtweetしていた。
 そんな想田監督が、かつて維新の非常識な若手議員として世間から叩かれていた上西小百合氏を「すげえ頑張っとる!」と感想を漏らすのだ。

 実際、近頃の彼女の言動と言ったら、保守から見れば左翼へ宗旨替えしたのではと思うほどの論調で自民批判・維新批判の連発乱発。かつての上司の橋下氏に対してもボロンチョン!
 私が驚いたのは、なんと彼女は「週刊金曜日」の記事をTwitterで紹介していた事だ。

上西小百合20161224tweet

 週刊金曜日といえば、90年代前半に左派系出版社晩聲社の和多田進氏と元朝日新聞記者本多勝一氏らが中心になって創刊された左派系週刊誌である。発行部数は以前聞いた数字では数万部程度でけっして多くはないが、旧革新系や市民運動の「業界」では影響力が強いと思う。
 そんな雑誌ゆえ、維新に集うようなタイプの人間はまず読まないだろうし、読まないどころか存在すら知らない人が多いのではないかと思う。

 国会の重要委員会である予算委員会を「ズル休み」して顰蹙をかう事で一気に名前が全国区になってしまった上西小百合氏、私自身またしても維新は非常識なお騒がせ人間を輩出した程度にしか思っていなかった。
 公開されている彼女の経歴を見る限りでも、天神祭りの「ギャルみこし」キャンペーンガールや維新政治塾参加など、購読者にフェミニストも多い「金曜日」とは無縁の人間にしか見えなかった。
 議員としての政策や主張も「改憲」「原発再稼働賛成」「TPP賛成」「夫婦別姓反対」といった具合に保守色が強く、日本の核武装については国際情勢によっては検討なので反対はしていないから、護憲派から見れば完全なタカ派だ。

 そんな彼女が、想田監督から「すげえ頑張っとる」と活躍ぶりを認められるほど野党らしい議員の仕事をやっているのだ。国会ズル休み騒動のときは、複数名いる維新の非常識お調子乗り人材の1人でいずれは表舞台から消えていなくなる、あるいは芸人かセクシータレントに転身してTV業界の片隅で細々とタレント活動をすると踏んでいたが、非常に面白い誤算だ。
 彼女の動きに目が離せない。

晴雨堂関連書籍案内
「小百合」 上西小百合著
自叙伝というべきか。一応、政治のカテゴリーで流通してはいるが、女優やグラビアアイドルがだすセクシーフォトエッセイ本みたいと勘違いされてもおかしくはない、というのが世間の評判だった。

橋下徹論序論1 上西議員除名問題の考察 なぜ橋下市長は上西氏を議員辞職に追い込めなかったのか(月聖出版)

晴雨堂関連記事案内
橋下最高顧問、上西小百合ちゃんに激怒か? 近頃の現象[一〇八三]




 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
[ 2017/02/27 17:54 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)

衰えない二眼レフ写真機と銀塩フィルム 近頃の現象[一二六九] 

根強い人気の二眼レフ 
インスタのような雰囲気


 写真はすっかりデジタルカメラやスマートフォンで撮影するのが一般的になったが、フィルムを使って撮る銀塩写真も愛好家を中心に人気があり、中でも二つのレンズを持つ二眼レフカメラは今も評価されている。そのほとんどはレンズ交換ができず、不便さから時代から消えたはずの二眼レフの根強い人気の背景を探った。(毎日新聞)


【雑感】写真を撮られる時、被写体経験のある方の多くは私も含め若干の圧迫感を抱く。具体的に言えば銃でロックオンされているような感覚に近く、撮られるのが嫌な人にとってはかなり不快なストレスだ。
 同じように撮る側にとっても、一眼レフを被写体に向けてファインダーを覗く動作と銃を構え銃身の背中にある凹型の照門を睨む動作は殆ど同じだ。

 カメラを向けられると一種の興奮や快感を感じて演技をするようなタイプの被写体ならまだしも、普通の人はどちらかといえば不快な要素を多少は含むストレスを感じるものだ。
 それを低減させる効果があるのがこの二眼レフである。

ローライレックス。
Wikipediaから参照。
中古市場で最も手に入りやすい型の二眼レフ


 実は私自身も二眼レフを使った事は殆ど無いし保有した経験もない。大昔、先輩から一度だけ手に持たせてもらって解説を聞いただけなので、操作方法はうろ覚えだ。
 一眼レフは文字通りレンズは一つしか使わない。ファインダーから見える画像はレンズを通してフィルムにあてる光をミラーとプリズムで誘導したものだ。シャッターを開けたままにするバルブ撮影にするとファインダーに光を送る役目をするミラーの角度が変わるのでファインダーは暗転して画像が見えなくなる。
 ところが二眼レフは撮影用のレンズとファインダー用のレンズが別になっている。上記参考写真の場合、たぶん上側に付いているレンズがファインダー用だろう。

 二眼レフの場合、ファインダーは上部にある。上記写真はファインダーを開けた状態で、箱を開けて上から覗き込むような姿勢で被写体を見る。

 これはポートレート写真を撮るに有利な道具ではないかと思っている。前述したように一眼レフで写真を撮る動作は銃を構えて射撃する動作と同じだ。一眼レフを向けられた被写体も何か狙われているような圧迫感を抱く事が多い。
 ところが二眼レフだとカメラの上から覗き込むようにしながら撮影するので射られるような視線の圧迫は感じない。
 それから二眼レフに使うフィルムは通常120判とよばれるフィルムを使用、これは世間で普及しているフィルム(ライカ判もしくは35ミリ判と呼ばれる)より大きく解像度が高い。

 ただ、今のカメラに比べたら欠点もある。二眼レフゆえに一眼レフのような多彩なレンズに交換はできない、構造は一眼レフに比べて単純で故障が少ない半面、上記写真のように大きな箱のような形状なので持ち運びにはストレスを感じる。
 フィルムも通常は12枚撮りが主流なので、35ミリ判の36枚より少ない。デジカメに至っては解像度を変えれば1万枚撮る事も可能であることを考えれば不便だ。

 しかしカメラが開発された19世紀に絵画の役割が無くなるなんて極論もあったようだが、後のピカソやダリをみれば解るように絵画の表現は写実に留まらない。結局、絵画と写真の役割の棲み分けが成り立った。
 今回も、実用のデジタルカメラと藝術の銀塩・アナログとの棲み分けが成り立っていくのではないかと思う。そういう意味で、かつて一眼レフより不便で旧式の二眼レフが再び脚光を浴びるのは不思議ではない。どうせアナログ写真を楽しむなら、手ごろな二眼レフから19世紀前半のダゲレオに挑戦する方が面白いと思う者がいても当然だろう。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
[ 2017/02/27 11:35 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
65位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク