ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「オリンピア」 美術鑑賞映画〔12〕 

民族の祭典」「美の祭典」 
現代オリンピックショーの始まり。




【原題】FEST DER VOLKER-OLYMPIA TEIL I (第一部「民族の祭典」)  
【原題】FEST DER SCHONHEIT-OLYMPIA TEIL II (第二部「美の祭典」)
【通称】Olympia (一部・二部合わせた通称)
【公開年】1938年  【制作国】独逸  【時間】第一部111分 第二部90分  
【監督】レニ・リーフェンシュタール
【制作】レニ・リーフェンシュタール
【原作】
【音楽】
【脚本】レニ・リーフェンシュタール
【言語】ドイツ語
【出演】    

【成分】かっこいい 楽しい ファンタジー 1936年 ドイツ・ベルリン
     
【特徴】ナチス政権下のベルリンオリンピックを記録した伝説的映画。ヒトラーお抱え映画人の悪名を背負って戦後は映画界から追放されたレニ・リーフェンシュタール監督の伝説の作品。

 史上初の本格的なオリンピック記録映画であり、現代では当たり前の技法がぎっしり詰まっている。但し、当時の技術でドキュメントとして撮影するのは不可能な映像なので、彼女の秀逸な編集技術以外に記録映画としてはあってはならない再現撮影も行っている。
 いずれにせよ、彼女の作品からオリンピック記録映画が始まった。

【効能】1930年代の映像とは思えない斬新さに驚愕する。プロパガンダ臭やユダヤ人差別臭が無いのに拍子抜けする。
 
【副作用】単調で暗くてテンポが悪い。ナチスドイツやヒトラーを想起して気分が悪くなる。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。
スポンサーサイト

「オブリビオン」 美術鑑賞映画〔11〕 

オブリビオン」 
久々のハード風SF。

 

  
【原題】OBLIVION
【公開年】2013年  【制作国】亜米利加  【時間】124分  
【制作】
【監督】ジョセフ・コシンスキー
【原作】ジョセフ・コシンスキー
【音楽】
【脚本】カール・ガイダシェク マイケル・デブライン
【言語】イングランド語       
【出演】トム・クルーズ(ジャック・ハーパー)  モーガン・フリーマン(ビーチ)  オルガ・キュリレンコ(ジュリア)  アンドレア・ライズブロー(ヴィクトリア)  ニコライ・コスター=ワルドー(サイクス軍曹)  メリッサ・レオ(サリー)  ゾーイ・ベル(-)
      
【成分】ファンタジー 不思議 知的 切ない SF  
  
【特徴】「トータル・リコール」を連想するどんでん返しありのハード風SF。藤子F不二雄氏のSF短編を連想してしまう雰囲気。荒廃した地球の描写が美しい。
 
 但し、大作の割に地味な作品に見えるかもしれない。
 
      
【効能】深夜に観ると、孤独を楽しむ事ができる。自分自身の人生を見直すきっかけになるかもしれない。
 
【副作用】地味で拍子抜け。凡庸な内容でがっかりする。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

「クレオパトラ」 美術鑑賞映画〔10〕 

クレオパトラ」 
当時は大失敗作、今は伝説の大作。

 


【原題】CLEOPATRA
【公開年】1963年  【制作国】亜米利加  【時間】244分  
【監督】ジョセフ・L・マンキウィッツ
【音楽】アレックス・ノース
【脚本】ジョセフ・L・マンキウィッツ シドニー・バックマン ロナルド・マクドゥガル
【出演】エリザベス・テイラークレオパトラ)  レックス・ハリソン(シーザー)  リチャード・バートン(アントニー)  ケネス・ヘイグ(ブルータス)  パメラ・ブラウン['17](巫女)  フランチェスカ・アニス(侍女)  ジョン・カーニー(フォイブス)  ジョン・ドーセット(アキレス)  ハーバート・バーゴフ(テオドトス)  ヒューム・クローニン(ソシゲネス)  マーティン・ランドー(ルフィオ)  ジョージ・コール(フラウィウス)  チェザーレ・ダノーヴァ(アポロドロス)  アンドリュー・キア(アグリッパ)  ロディ・マクドウォール(アウグストゥス)  ロバート・スティーヴンス(ゲルマニカス)  グレゴワール・アスラン(ポティナス)  マーティン・ベンソン(ラモス)  ジョン・ホイト(-)  キャロル・オコナー(-)    
  
【成分】スペクタクル ゴージャス パニック 勇敢 知的 セクシー かっこいい ローマ史劇 ローマ時代 紀元前1世紀 エジプト 
   
【特徴】当時の特撮技術とエキストラ動員力など、湯水の如く資金を投下して制作された超贅沢映画。もし同じような条件で現代の映画界が制作したら、数カ国合作でないと追いつかない。
 公開当時は興行成績トップであったにも関わらず、投下資金は回収されず大赤字。フォックス社は一時存亡の危機を迎えただけでなく、「十戒」「ベン・ハー」「スパルタカス」など古代史劇の名作を発表し続けたハリウッド全体にも衝撃を与えてしまい、ローマ史劇は衰退する。
 若きマーティン・ランドー氏が出演、「スペース1999」「スパイ大作戦」などのファンにとっては感激。
 
【効能】豪華な気分に浸れる。
 
【副作用】知的なクレオパトラを期待していた古代史ファンには、エリザベスのクレオパトラは妖艶さが強調され過ぎて残念。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

「王妃の紋章」 

王妃の紋章」 
唐滅亡後の絢爛豪華な血生臭い王朝絵巻

 
 
 
【原題】満城尽帯黄金甲
【公開年】2006年  【制作国】中・香  【時間】114分  【監督】張藝謀
【音楽】梅林茂
【脚本】張藝謀 曹禺
【出演】周潤發(国王)  鞏俐(王妃)  周杰倫(次男・元傑王子)  劉(長男・元祥王子)  李曼(蒋嬋)  倪大紅(蒋医師)  陳謹(蒋氏)  秦俊杰(三男・元成王子)
          
【成分】悲しい スペクタクル ゴージャス ロマンチック パニック 不気味 勇敢 セクシー 時代劇 10世紀 中国
        
【特徴】悲劇の国王には周潤發氏(チョウ・ユンファ)が、愛憎の渦中に置かれる王妃には張藝謀監督初期作からお馴染みの鞏俐氏(コン・リー)が扮する。周潤發氏は王様が似合う貫録俳優になった。鞏俐氏が若々しいのにビックリする。
 絢爛豪華な王朝絵巻の裏の血生臭さは、中国宮廷劇の真骨頂。
 
【効能】ゴージャスな映像で心が豊かになる。有史以来続いている人間社会の暗部を学べる。
 
【副作用】人間不信になる。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。


ブログランキングに参加しています。

「十戒」 美術鑑賞映画〔8〕 

十戒」 大御所チャールトン・ヘストンの誕生。
 


【原題】THE TEN COMMANDMENTS
【公開年】1956年  【制作国】亜米利加  【時間】220分  
【監督】セシル・B・デミル
【原作】フレドリック・M・フランク
【音楽】エルマー・バーンスタイン
【脚本】 イーニアス・マッケンジー ジェシー・L・ラスキー・Jr ジャック・ガリス フレドリック・M・フランク
【言語】イングランド語
【出演】チャールトン・ヘストンモーゼ)  ユル・ブリンナー(ラメシス)  アン・バクスター(ネフレテリ)  エドワード・G・ロビンソン(デーサン)  イヴォンヌ・デ・カーロ(セフォラ)  デブラ・パジェット(-)  ジョン・デレク(-)  ニナ・フォック(-)  ヴィンセント・プライス(-)  セドリック・ハードウィック(-)  H・B・ワーナー(-)  ヘンリー・ウィルコクソン(-)  マーサ・スコット(-)  ジュディス・アンダーソン(-)  ジョン・キャラダイン(-)  ヘンリー・ブランドン(-)  タッチ・コナーズ(-)  オリーヴ・デアリング(-)  フレッド・コーラー・Jr(-)
          
【成分】悲しい ファンタジー スペクタクル ロマンチック パニック 勇敢 切ない 旧約聖書
        
【特徴】スペクタクルなエピソードとして有名で日本でも世界昔話として知られる旧約聖書の出エジプト記をベースに実写映画化。
 絢爛豪華趣味のセシル・B・デミル監督がメガホンを担当。主演は当時若手有力俳優のチャールトン・ヘストン氏、このモーゼ役によってスター俳優となり後の歴史大作「ベン・ハー」の主役となる。歴史超大作の主役はヘストンのイメージが定着する。
 
 神が石版に十戒を記す場面や、紅海が2つに裂けて海底を歩けるようになる場面などの特撮が当時評判になり、特殊効果でアカデミー賞を獲った。

 因みに神の声はヘストン氏自ら担当し、モーゼの赤ん坊時代は産まれたばかりのヘストン氏の長男フレイザー・ヘストン氏が扮している。
 
【効能】壮大なスケールにストレス解消。民族差別問題に明るくなる。キリスト教(あるいはユダヤ教イスラム教)に帰依するきっかけになる。無慈悲に直接責任の無いエジプト兵士が大量虐殺される場面に神の偽善を看破できる。
 
【副作用】宗教のもつ生臭さを知る。宗教を無批判に受け入れてしまう。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。

「ベニスに死す」 美術鑑賞映画〔7〕 

ベニスに死す
滅び行く美と台頭する美の対比

 

 
【原題】Morte a Venezia
【英題】Death in Venice
【公開年】1971年  【制作国】伊太利 仏蘭西  【時間】131分  
【監督】ルキノ・ヴィスコンティ
【原作】トーマス・マン
【音楽】グスタフ・マーラー
【言語】イングランド語 イタリア語 ポーランド語 フランス語      
【出演】ダーク・ボガード(グスタフ・アッシェンバッハ)  ビョルン・アンドレセン(タジオ)  シルヴァーナ・マンガーノ(タジオの母)  ロモロ・ヴァリ(ホテル支配人)  マーク・バーンズ(アルフレッド)  マリサ・ベレンスン(アッシェンバッハ夫人)   
 
【成分】悲しい ファンタジー ゴージャス 切ない セクシー ベネチア 20世紀初頭
 
【特徴】ルキノ・ヴィスコンティ監督が放つ少年愛的雰囲気の強い作品。
 20世紀初頭、傷心旅行中のドイツの著名な作曲家がベニスを訪れる。たまたま出会った美少年に惹かれ、やがて追い掛け回す。
 主人公に追い掛け回される美少年に扮したビョルン・アンドレセン氏は後に伝説の美少年ともてはやされるが、本人は俳優の道へは進まず、マスコミへの露出を控えるようになった。
 20世紀初頭のベニスの雰囲気が綺麗に描写されている。この絵はさすがヴィスコンティ監督。
 
【効能】滅び行く美と台頭する美の対比が人生の有り様を考察するきっかけとなる。
逆光のシルエットに浮かぶ美少年に萌える人もいるかもしれない。
 
【副作用】たぶん多くの鑑賞者には美少年を追い掛け回すスケベ中年のオッサンにしか見えない。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

グッド・シェパード  

グッド・シェパード」 キリスト教国家アメリカの現代史


 
【公開年】2006年  【制作国】アメリカ  【時間】167分  【監督】ロバート・デ・ニーロ  
【出演】マット・デイモン(エドワード・ウィルソン)  アンジェリーナ・ジョリー(クローバー)
 
【成分】悲しい 重たい 切ない 知的
 
【効能】アメリカ現代史の裏側を読み解くための参考価値は優れている。アメリカの政治思想・価値観に潜む恐ろしさがよく描けていている。
 
【副作用】万人ウケは最初から狙っていないので、難解で内容が理解できない恐れがある。
 

ブログランキングに参加しています。
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
198位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
83位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク