ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「おっぱいゾンビ」 おバカになって愉快になろう〔33〕 

おっぱいゾンビ」 
低予算Z級の醍醐味。




【原題】ZOMBIE WOMEN OF SATAN  
【公開年】2009年  【制作国】英吉利  【時間】84分  
【監督】スティーヴ・オブライエン ウォーレン・スピード
【制作】
【原作】
【音楽】ダン・ビウィック
【脚本】ウォーレン・スピード
【言語】イングランド語
【出演】ビクトリア・ホプキンス(スカイ)  ウォーレン・スピード(ピエロのパーヴォ)  クリスティン・スティール(タイコ・ザンダー)  シーモア・マース(ジョニー)  ピート・ボナー(ゼウス)  ケイト・ソルビー(ハーモニー・ステラ)  ジョー・ニコルソン(ダメージ)  ビル・フェローズ(ヘンリー・ザンダー博士)  ケエイシー・ポール(ザンダーの妻)  マルシア・ケイ(レッド・ザンダー)  ジリアン・セトラ(ブルー・ザンダー)  ビクトリア・ブーム(レイチェル スカイの妹)  ドナ・モレー・フォスター(実験台のゾンビ)  ミッシェル・ベイリー(ゾンビ1)      

【成分】コミカル パニック 不気味 笑える ゾンビ ホラー
     
【特徴】典型的な低予算Z級ゾンビ映画。
 人里離れた山奥に農夫スタイルのマッドサイエンティストが作り出すゾンビ集団とたまたま通りかかった?パンク風味の旅芸人集団との死闘を描く。

 素人の自主制作のノリで話が展開する。登場人物や物語世界に感情移入するより、制作風景や楽屋裏などに思いを馳せながら映画制作の楽しさを体感しよう。
 スティーヴ・オブライエン氏とともに共同監督として名を連ね脚本も兼任しているウォーレン・スピード氏が主役級のポジションとして旅芸人一座の変なピエロに扮している。もしかして本作の雰囲気は彼の趣味か?

 DVDパッケージの写真はなかなか格調高く?よくできている。

【効能】映画制作の楽しさを体感。
 
【副作用】山菜取りが怖くなる。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。
スポンサーサイト

「リンカーン vs ゾンビ」 おバカになって愉快になろう〔32〕 

リンカーン vs ゾンビ」 
今度のリンカーンゾンビハンターだ!

 

  
【原題】ABRAHAM LINCOLN VS ZOMBIES
【公開年】2012年  【制作国】亜米利加  【時間】97分  
【監督】リチャード・シェンクマン
【原作】
【音楽】クリス・ライデンハウア
【脚本】リチャード・シェンクマン
【言語】イングランド語       
【出演】ビル・オバースト・Jr(エイブラハム・リンカーン)  ブレネン・ハーパー(幼少期のリンカーン)  ケント・アイグルハート(トーマス・リンカーン)  リアーナ・ヴァン・ヘルトン(ナンシー・リンカーン)  ジェイソン・ヒューリー(ウィルソン・ブラウン)  ベイビー・ノーマン(メアリー・オーウェンズ)  ハンナ・ブライアン(ソフィア・オーウェンズ)  ドン・マックグロウ(ジャクソン将軍)  シンディ・クィパース(セオドア・ルーズベルト)  バーニー・アスク(エドウィン・スタントン)  デボラ・クリテンドン(メアリー・トッド・リンカーン)  デヴィッド・アレクサンダー(エドワード・エヴァレット)  クリス・ホロゼク(ジョン・マッギル少佐)  デヴィッド・ルソー(ジョージ・エインズリー)
    
【成分】悲しい パニック 不気味 勇敢 絶望的 ゾンビ ホラー リンカーン 1864年~1865年 アメリカ 南北戦争  
  
【特徴】いうまでもなくメジャー映画「リンカーン/秘密の書」の便乗作品と見なされている。
 画面全体に少ない予算と資材をやり繰りして19世紀半ばの南北戦争当時の風俗を再現しようと努力している跡が見られる。
      
【効能】リンカーンやセオドア・ルーズベルトに対するアメリカ市民の敬愛の念が感じられる?
 
【副作用】あまりの安っぽさに時間の消失感を抱く。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

「処刑山 -デッド・スノウ-」 おバカになって愉快になろう〔31〕 

処刑山 -デッド・スノウ-」 
明るい雪山版「死霊のはらわた」


 

【原題】DEAD SNOW
【公開年】2007年  【制作国】諾威  【時間】91分  
【監督】トミー・ウィルコラ
【原作】
【音楽】クリスティアン・ヴィーベ
【脚本】スティッグ・フローデ・ヘンリクセン トミー・ウィルコラ
【出演】ヴェガール・ホール(マルティン)  ラッシー・ヴァルダル(-)  ヤップ・ベック・ラウセン(-)  スティッグ・フローデ・ヘンリクセン(ロイ)  ヤニ・スカヴラン(クリス)  シャーロット・フログナー(ハンナ)

【成分】笑える 不思議 パニック 不気味 勇敢 絶望的 コミカル ナチス ゾンビ ホラー スプラッタ コメディ 北欧 ノルウェー

【特徴】ノルウェー産のゾンビ映画。雪山を舞台にナチスゾンビ軍団と8人の学生の死闘を描く。シチュエーションや展開はサム・ライミ監督「死霊のはらわた」に似ている。

【効能】真夏の熱帯夜に観ると涼を得られるかもしれない。

【副作用】コメディなのかホラーなのか戸惑い気分が悪くなる。冷蔵庫の中にうっかり放置してしまった消費期限を過ぎた魚や肉が怖くなる。「死霊のはらわた」のパクリに見える。

下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

「グリーン・ホーネット」 おバカになって愉快になろう〔30〕 

グリーン・ホーネット」 
ブルース・リー「主演ドラマ」の映画化!

 
 
【原題】THE GREEN HORNET
【公開年】2010年  【制作国】亜米利加  【時間】119分  
【監督】ミシェル・ゴンドリー
【原作】ジョージ・W・トレンドル
【音楽】ジェームズ・ニュートン・ハワード
【脚本】エヴァン・ゴールドバーグ セス・ローゲン
【出演】セス・ローゲン(ブリット・リード/グリーン・ホーネット)  周杰倫(カトー)  キャメロン・ディアス(レノア・ケース)  クリストフ・ヴァルツ(チュドノフスキー)  エドワード・ジェームズ・オルモス(マイケル・アックスフォード)  デヴィッド・ハーバー(スキャンロン)  トム・ウィルキンソン(ジェームズ・リード)  エドワード・ファーロング(タッパー)  ジェイミー・ハリス(ポパイ)  チャド・コールマン(チリ)  ジョシュア・チャンドラー・エレンバーグ(-)  アナリー・ティプトン(アナ)  テイラー・コール(-)  ロバート・クロットワーシー(-)  マイケル・ホールデン(-)  ジェームズ・フランコ(-)  アイリーン・ホワイト(メイド)
  
【成分】笑える 楽しい ゴージャス パニック 勇敢 かっこいい コミカル アメリカンコミック アクション カンフーアクション
                         
【特徴】ブルース・リー氏「主演」のTVドラマとして有名な「グリーン・ホーネット」のリメイク・映画化。
 原版よりコメディさを強調したつくりに仕上げている。
    
【効能】懐かしのドラマに再会できて気分が明るくなる。ドタバタ・ズッコケ・アクションでストレス解消。キャメロン・ディアスの可愛いオバサンぶりに癒される。
 
【副作用】主人公のドラ息子ぶりにムカつく。ブルース・リーの原版とは不愉快な違和感。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。

「東京島」 おバカになって愉快になろう〔29〕 

東京島」 
少しエッチなサバイバル・ラブコメ。

 
 
  
【原題】
【公開年】2010年  【制作国】日本国  【時間】129分  【監督】篠崎誠
【原作】桐野夏生
【音楽】大友良英
【脚本】相沢友子
【出演】木村多江(清子)  窪塚洋介(ワタナベ)  福士誠治(GM・森軍司(ユタカ))  柄本佑(オラガ)  木村了(犬吉)  染谷将太(マンタ)  山口龍人(カスカベ)  南好洋(シンちゃん)  結城貴史(ダクタリ)  清水優(アタマ)  阿部亮平(ジェイソン)  鄭龍進(ヤン)  趙民和(ムン)  石田佳央(チェン)  吉田友一(ミユキ)  塩見大貴(フレディ)  中村無何有(ウッス)  松川貴弘(サカイ)  保科光志(シマダ)  藤川俊生(ヒキメ)  サヘル・ローズ(キム)  古藤ロレナ(パム)  鶴見辰吾(隆)
  
【成分】笑える ファンタジー パニック セクシー コミカル 南海の孤島 サバイバル
                
【特徴】実際に起こったアタナハンの女王事件をヒントに小説化されたのを原作としている。しかしサバイバル場面は皆無といって良い。
 無人島でアラフォーの美熟女1人が多数の若い男たちに囲まれて住む事になったら、という非日常の異常な空間で繰り広げる愛憎と勢力争いを面白可笑しく描いたラブコメと考えたら良いだろう。
 実際のアタナハンの女王事件は、かなりドロドロとして凄惨な状態だったといわれている。
    
【効能】ほんのりエッチな気分にさせてくれる。閉鎖された空間での権力闘争が面白い。
 
【副作用】サバイバルの実践風景があると思ったら皆無、現実感が感じられない。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。

「ナチス・ゾンビ 吸血機甲師団」 おバカになって愉快になろう〔28〕 

ナチス・ゾンビ 吸血機甲師団」 
ゾンビに感情が芽生えた感動巨編!

 
ナチスゾンビ 日本版.jpg
(絶版) 

【英題】ZOMBIE'S LAKE
【公開年】1980年  【制作国】仏蘭西 西班牙  【時間】87分  
【監督】J・A・レイザージャン・ローラン
【原作】
【音楽】ダニエル・ホワイト
【脚本】ジュリアン・エステバン ジェス・フランコ
【言語】イングランド語
【出演】ハワード・バーノン(町長)  ピエール・エスクーロー(ドイツ兵)  アノチカ(ヘレナ)  アントニオ・メイアンス... Morane (as Robert Foster)  ナディネ・パスカル(ヘレナの母)  Youri Radionow ... Chanac  ギルダ・アランシオ(金髪ギャルの泳者)  マルシア・シャリフ(カチュア)  バート・アルトマン(イボンヌ・ダニー)  Jean Rollin ... Stiltz  Edmond Besnard ... Promizoulin
  
【成分】笑える 泣ける 勇敢 セクシー パニック 不気味 切ない ゾンビ フランス 1944年頃~1950年代半ば 第二次大戦 ドイツ国防軍 レジスタンス
               
【特徴】第二次大戦中のフランス、レジスタンスによって皆殺しにされ湖に遺棄されたドイツ兵の遺体が10年後にゾンビとなって甦り、近隣の村人の特に20歳前後の若い女性を狙って襲う。
 ゾンビ映画で著名なジャン・ローラン氏がJ・A・レイザー名義でメガホンをとった珍味中の珍味映画。今でこそ感情のあるゾンビも当たり前に登場するが、本作はそのハシリかもしれない。ドイツ兵とフランス女性の間に生まれた子供が戦後10年あまり経ってゾンビと化した父親に再会し親子である事をお互いに確認し合う涙の場面がある。なんとそのゾンビは父親の記憶があり、仲間のゾンビが少女に襲い掛かったら守って格闘する感動シーンすらある。さすがはジャン・ローラン監督。
 制作陣がゴタゴタしていたようで、驚くほど低予算・短期間で制作された伝説映画。観ていても安っぽい場面のオンパレード、B級以下映画が好きな人にはたまらない作品である。
    
【効能】ゾンビとなっても子を思う気持ちを抱き続ける悲劇のドイツ兵に涙する。20歳前後の若く綺麗な女性の全裸が執拗に登場するため、一部の鑑賞者には目の保養になる。素人の自主制作のような出来栄えに映画ファンの情熱がくすぐられる。
 
【副作用】いかにも手抜き露な映画に時間と金銭の喪失感を味わう。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

「東京残酷警察」 おバカになって愉快になろう〔27〕 

東京残酷警察」 スプラッタ・ギャグ映画

【英題】TOKYO GORE POLICE
【公開年】2008年  【制作国】日本国 亜米利加  【時間】109分  【監督】西村喜廣
【原作】
【音楽】
【脚本】西村喜廣 梶研吾
【出演】しいなえいひ(ルカ)  板尾創路(ミヤマアキノ/ミヤマアマネ)  堀部圭亮(ルカの父)  紅井ユキヒデ(機動隊長)  坂口拓(タナカコウジ)  菅田俊(西東京支部・署長)  ジジ・ぶぅ(-)  澤田育子(-)  泉カイ(-)  マメ山田(-)  山本彩乃(-)  木ノ下もこ(-)  長澤つぐみ(-)  浅野麻衣子(-)  松木大輔(-)  村田尚史(-)  清水崇(-)  オッペマ(-)  園子温(-)  豊島圭介(-)  神谷誠(-)  デモ田中(-)  塩田時敏(-)  田野辺尚人(-)  桐島チェリー(-)  ナコシサヤコ(-)  三島ゆたか(-)  津村和幸(-)  西村喜廣(-)  重盛さと美(-)  神田茉里奈(-)  町田マリー(-)  中原翔子(-)
        
【成分】笑える 不気味 セクシー スプラッタ バイオレンス 近未来 
   
【特徴】日本人がアメリカ向けに制作した日本文化をふんだんにパロディにしたスプラッタ映画。真面目に捉えず、血飛沫ナンセンスギャグを楽しむべし。
  
【効能】スカッと爽やか血飛沫映像。あまりに馬鹿馬鹿しい設定に、残酷描写なのに笑いを禁じえない。
 
【副作用】残酷描写の連続で気分が悪くなる。アメリカに迎合して日本文化を愚弄する制作陣に怒りを感じる。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
198位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
83位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク