ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「ポンペイ最後の日」 家族と一緒に感動しよう〔26〕 

ポンペイ最後の日」 
クリスティーネ・カウフマン嬢が美しい。



現在、日本版DVDは流通していないようだ。

【原題】THE LAST DAYS OF POMPEII  
【公開年】1960年  【制作国】亜米利加 伊太利 西班牙 西独逸 摩納哥  
【時間】112分  
【監督】マリオ・ボンナルド
【制作】
【原作】エドワード・ブルワー=リットン
【音楽】アンジェロ・フランチェスコ・ラヴァニーノ
【脚本】エンニオ・デ・コンチーニ セルジオ・レオーネ ドゥッチョ・テッサリ セルジオ・コルブッチ
【言語】イングランド語
【出演】スティーヴ・リーヴス(グラウカス)  クリスティーネ・カウフマン(アイオネ)  バーバラ・キャロル(ニディア)  A・M・バウマン(ジュリア)  ミンモ・パルマラ(ガリヌス)     

【成分】ゴージャス スペクタクル パニック ファンタジー ロマンチック 切ない 勇敢 ローマ時代 79年 ポンペイ

【特徴】イギリス貴族エドワード・ブルワー=リットン男爵が描いた冒険活劇が原作。不朽の名作らしく何度も映画化されている。
 因みに原作者の孫は、満州事変後に国際連盟が満州に派遣したリットン調査団の団長である。

 晴雨堂は物語よりヒロインの美しさに萌え。それ以外はあまり記憶に残っていない。

【効能】夏休みの家族団欒に合う作品。古代ローマ史に興味を持つ。

【副作用】時代考証無視が不愉快。豪華な舞台の割に物語が拍子抜け。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。
スポンサーサイト

「風立ちぬ」 家族と一緒に感動しよう〔25〕 

風立ちぬ」 
宮崎駿引退作。



  
【英題】THE WIND RISES
【公開年】2013年  【制作国】日本国  【時間】126分  
【制作】
【監督】宮崎駿
【原作】宮崎駿
【音楽】久石譲
【脚本】宮崎駿
【言語】日本語       
【出演】庵野秀明(堀越二郎)  瀧本美織(里見菜穂子)  西島秀俊(本庄季郎)  西村雅彦(黒川)  スティーブン・アルパート(カストルプ)  風間杜夫(里見)  竹下景子(二郎の母)  志田未来(堀越加代)  國村隼(服部)  大竹しのぶ(黒川夫人)  野村萬斎(カプローニ)
      
【成分】泣ける 悲しい スペクタクル ロマンチック パニック 知的 切ない かっこいい

【特徴】堀辰雄の名作「風立ちぬ」から着想し、ゼロ戦の設計者堀越二郎の半生を描いた長編アニメ。宮崎駿氏は本作を以て長編アニメ制作からの引退を宣言した。主題歌は松任谷由実氏が荒井由実時代に発表した「ひこうき雲」をあてている。
 堀越二郎氏の遺族たちの評判は史実と異なる点が気になったものの概ね良かった。

【効能】一途に何かを打ち込んでいた青春時代がよみがえる。
 
【副作用】嫌煙派には不快感。平和主義には兵器描写が不快感。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

「はやぶさ/HAYABUSA」 家族と一緒に感動しよう〔24〕 

はやぶさ/HAYABUSA
人類の発展はオタクが切り開く!!

 

  
【原題】
【公開年】2011年  【制作国】日本国  【時間】140分  
【監督】堤幸彦
【原作】
【音楽】長谷部徹
【脚本】白崎博史 井上潔
【言語】日本語       
【出演】竹内結子(水沢恵)  西田敏行(的場泰弘)  高嶋政宏(坂上健一)  佐野史郎(川渕幸一)  山本耕史(田嶋学)  鶴見辰吾(喜多修)  筧利夫(矢吹豊)  市川実和子(小田島加那子)  甲本雅裕(平山孝行)  マギー(福本哲也)  正名僕蔵(-)  六角慎司(-)  高橋長英(萩原理)  生瀬勝久(<はやぶさ>の熱狂的なファン)
      
【成分】泣ける 笑える 楽しい ロマンチック 知的 切ない コミカル 宇宙開発 イトカワ 

【特徴】小惑星のイトカワからサンプルの採取に成功した小惑星探査機「はやぶさ」の実話をベースにした実写映画の佳作。実話映画化にしてはデフォルメ臭が少ない。出演俳優も実在のご健在の人物を演じるためか、オーバーな演技は控えている。
 JAXAの雰囲気が小気味良く出ている。日本から見れば潤沢な予算を湯水の如く使えるアメリカのNASAと違って貧乏所帯のJAXAは親近感が持てるだろう。
 
 1つの事を立ち上げ、様々な困難を乗り越えて成し遂げていく様は感動であり未来が明るく見える。家族団欒で鑑賞する事を勧める。

 佐野史郎氏は実際の川渕幸一氏に非常によく似ている。ヒロイン竹内結子氏が演じる水沢をはじめメガネキャラが多い事も特徴。 
    
【効能】子供の頃の夢がよみがえる。未来が明るくなる。
 
【副作用】クセのある登場人物ばかりで気持ち悪い。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。

「サウンド・オブ・ミュージック」 家族と一緒に感動しよう〔23〕 

サウンド・オブ・ミュージック」 
家族愛と反戦を歌った伝説ミュージカル。

 

 
【原題】THE SOUND OF MUSIC
【公開年】1964年  【制作国】亜米利加  【時間】174分  
【監督】ロバート・ワイズ
【原作】ハワード・リンゼイ ラッセル・クローズ
【音楽】リチャード・ロジャース オスカー・ハマースタイン二世 アーウィン・コスタル
【脚本】アーネスト・レーマン
【言語】イングランド語(「ヒットラー万歳」のみドイツ語)
【出演】ジュリー・アンドリュース(マリア)  クリストファー・プラマー(フォン・トラップ大佐)  エリノア・パーカー(男爵夫人)  リチャード・ヘイドン(マックス・デトワイラー)  ペギー・ウッド(修道院長)  アンナ・リー[女優](シスター・マルガリータ)  チャーミアン・カー(リーズル)  ニコラス・ハモンド(フリードリッヒ)  ヘザー・メンジース(ルイーザ)  デュエン・チェイス(クルト)  アンジェラ・カートライト(ブリギッタ)  デビー・ターナー(マルタ)  キム・カラス(グレーテル)  ポーティア・ネルソン(シスター・ベルテ)  ベン・ライト(ゼラー)  ダニエル・トゥルーヒット(ロルフ)  ノーマ・ヴァーデン(シュミット)
  
【成分】笑える 楽しい ゴージャス ロマンチック 勇敢 知的 かわいい 家族愛 ミュージカル ナチスドイツ オーストリア 1938年
                   
【特徴】第二次大戦前夜のオーストリア、実際のトラップ一家の体験をベースに脚色した反戦ミュージカル映画の金字塔的名作。監督は名匠ロバート・ワイズ氏。
 日本でも毎年どこかの映画館で上映されるほど支持されている。作中で歌われる「ドレミの歌」をはじめ日本の小中学校の音楽授業で歌われるものは少なくない。
 晴雨堂も「純真な少年時代」に鑑賞したため、思い出の名作となっている。
 
 ただし、世界中で好評を博した本作ではあるが、舞台となったオーストリアではどちらかといえば不評、理由はオーストリアの風俗がデフォルメされ過ぎているためと、モデルとなった実際のトラップ一家やその関係者たちを激怒させるほど脚色がなされていたためである。
    
【効能】家族団欒で鑑賞すると家族愛を再認識させる。家族でピクニックやキャンプに出かけたくなる。
 
【副作用】人物描写がやや単純で説得力に欠ける。オーストリア在住の人には白ける恐れあり。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。

「武士の家計簿」 家族と一緒に感動しよう〔22〕 

武士の家計簿」 
生真面目に徹した平凡な人生の真価。

 

左がDVD、右がBlu-ray 
  
【原題】
【公開年】2010年  【制作国】日本国  【時間】129分  【監督】森田芳光
【原作】磯田道史
【音楽】 大島ミチル
【脚本】柏田道夫
【出演】堺雅人猪山直之)  仲間由紀恵(猪山駒)  松坂慶子(猪山常)  西村雅彦(西永与三八)  草笛光子(おばばさま)  伊藤祐輝(猪山成之)  藤井美菜(猪山政)  大八木凱斗(猪山直吉(後の成之))  嶋田久作(大村益次郎)  宮川一朗太(奥村丹後守栄実)  小木茂光(安部忠継)  茂山千五郎(重永)  中村雅俊(猪山信之)
  
【成分】泣ける 笑える 知的 かっこいい コミカル 幕末 加賀 1830年代~1870年代 天保~明治 時代劇 ホームドラマ
                     
【特徴】東京神田の古本屋街で大学教授の目に偶然とまった江戸後期の会計帖をきっかけに生まれたホームドラマ。当時の平凡な武家の生活水準や仕事への取り組み方などが精細に記録されているため、当時の息遣いが伝わるよう本作でも家財道具や職場の雰囲気などに力を入れている。
 一見、コメディたっちで物語が展開していくが、現代の家庭にも通じるリアルな喜怒哀楽の演出が素晴らしい。子役の演技も申し分ない。
 
 ミカエル晴雨堂は本作を2010年度名作5選に選んだ。
    
【効能】家族・仕事、引いては自分自身の人生を省み、将来を考えるきっかけになる。
 
【副作用】関心のない方には単なる貧乏臭いホームドラマにしか見えない。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。

「タイタンの戦い」 家族と一緒に感動しよう〔21〕 

タイタンの戦い」 
サム・ワーシントン得意の葛藤ヒーロー。


 

【原題】CLASH OF THE TITANS
【公開年】2010年  【制作国】亜米利加  【時間】106分  【監督】ルイ・ルテリエ
【原作】
【音楽】ラミン・ジャヴァディ
【脚本】トラヴィス・ビーチャム フィル・ヘイ マット・マンフレディ

【出演】サム・ワーシントンペルセウス)  ジェマ・アータートン(イオ)  マッツ・ミケルセン(ドラコ)  アレクサ・ダヴァロスアンドロメダ)  ジェイソン・フレミング(カリボス/アクリシオス王)  レイフ・ファインズ(ハデス)  リーアム・ニーソン(ゼウス)  ティン・ステイペルフェルト(-)  ルーク・エヴァンス(-)  イザベラ・マイコ(-)  リーアム・カニンガム(-)  ハンス・マシソン(-)  アシュラフ・バルフム(-)  イーアン・ワイト(-)  ニコラス・ホルト(-)  ヴィンセント・リーガン(-)  ポリー・ウォーカー(-)  ルーク・トレッダウェイ(-)  ピート・ポスルスウェイト(-)  エリザベス・マクガヴァン(-)

【成分】ファンタジー ロマンチック パニック 不気味 勇敢 かっこいい ギリシア神話

【特徴】一応、81年に公開された「タイタンの戦い」のリメイクになるが、粗筋、設定は大幅に改編されている。
 2つの勢力の板ばさみにあって葛藤するヒーロー役といえばサム・ワーシントン氏、「ターミネーター」では人間と機械、「アバター」では人間とナヴィ族、そして本作では人間と神の狭間で苦悩するキャラ、なかなか良い味を出している。
 しかし、急ごしらえに3Dにしているような感がありスケールの大きさは疑問だ。無理に3Dにせず通常の映像のほうがより魅力が出たのではないか。

【効能】ギリシア神話の世界が楽しめる。夏場に観るとより雰囲気が楽しめる。子供が夏休みのときに家族で鑑賞するに最適。

【副作用】ギリシア神話とは異なる展開に不快感。3Dの良さが感じられず拍子抜け。

下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

「インビクタス/負けざる者たち」 家族と一緒に感動しよう〔20〕 

インビクタス/負けざる者たち」 
実際に起こった感動の大団円を映画化。

 
 
  
【原題】INVICTUS
【公開年】2009年  【制作国】亜米利加  【時間】134分  
【監督】クリント・イーストウッド
【原作】ジョン・カーリン
【音楽】カイル・イーストウッド 、マイケル・スティーヴンス
【脚本】アンソニー・ペッカム
【言語】イングランド語
【出演】モーガン・フリーマンネルソン・マンデラ)  マット・デイモンフランソワ・ピナール)  トニー・キゴロギ(-)  パトリック・モフォケン(-)  マット・スターン(-)  ジュリアン・ルイス・ジョーンズ(-)  アッジョア・アンドー(-)  マルグリット・ウィートリー(-)  レレティ・クマロ(-)  パトリック・リスター(-)  ペニー・ダウニー(-)  
         
【成分】楽しい 知的 かっこいい ラグビー 南ア 1990年代前半 
       
【特徴】南アの実話を描いた原作小説を実写映画化。白人が黒人を虐待する、あるいは黒人が白人に復讐するといったアパルトヘイトの惨状をステレオタイプな表現で描かず、台詞や俳優たちの表情の端々で臭わす程度に抑えている。
 全体に爽やかなスポ根ドラマにし政治的な描写も最小限。ラストの大団円は予定調和だが実話を基にしているだけに説得力のある感動場面に仕上げている。
   
【効能】小学校高学年以上の子供がいたら家族団欒で観ると情操教育と家庭の癒しになる。
 
【副作用】善良なドラマであるのが逆に胡散臭くつまらなく感じる。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
178位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
82位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク