ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「ニュースの天才」 人生の教訓に〔3〕 

ニュースの天才」 
実際にあった虚名記者の栄光と転落。

 
 
  
【原題】SHATTERED GLASS
【公開年】2003年  【制作国】亜米利加  【時間】94分  
【監督】ビリー・レイ
【原作】
【音楽】マイケル・ダナ
【脚本】ビリー・レイ
【言語】イングランド語
【出演】ヘイデン・クリステンセン(スティーブン・グラス)  ピーター・サースガード(チャールズ“チャック”・レーン)  クロエ・セヴィニー(ケイトリン・アヴィー)  スティーヴ・ザーン(アダム・ペネンバーグ)  ハンク・アザリア(マイケル・ケリー)  メラニー・リンスキー(エミー・ブランド)  ロザリオ・ドーソン(アンディ・フォックス)  マーク・ブラム(ルイス・エストリッジ)  チャド・ドネッラ(デヴィッド・バッチ)  ルーク・カービー(-)  テッド・コッチェフ(-)  クリスチャン・テシエ(-)  アンドリュー・エアリー(-)  キャロライン・グッドオール(-)  シモーヌ=エリース・ジラール(-)  キャス・アンヴァー(-)  
         
【成分】知的 絶望的 ジャーナリズム アメリカ 実話 
       
【特徴】実際にあったアメリカの権威ある有名誌の若手エース記者による捏造事件を映画化。「スター・ウォーズ」シリーズで若きダース・ベイダーを演じたヘイデン・クリステンセン氏が一見草食系男子のフリをしながら大胆に真っ赤な嘘を記事にしていく虚名記者を上手く表現している。
 
 原題を直訳すれば「粉々にされたガラス(ガラス)」、主人公の名前にかけたタイトルだが、私は邦題のほうが話の本質をよく突いているように思える。
   
【効能】人からの心服を得るテクニックを学べる。プレゼンの基本を学べる。虚名の虚しさを悟る。
 
【副作用】世間と人生を舐めてかかる。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。
スポンサーサイト

「ビートルズ/レット・イット・ビー」 人生の教訓に〔2〕 

ビートルズ/レット・イット・ビー」 
黄昏のビートルズ

 


【原題】LET IT BE
【公開年】1970年  【制作国】英吉利  【時間】80分  
【監督】マイケル・リンゼイ=ホッグ
【音楽】ザ・ビートルズ
【脚本】
【言語】イングランド語
【出演】ジョン・レノン(本人)  ポール・マッカートニー(本人)  ジョージ・ハリソン(本人)  リンゴ・スター(本人)  ヨーコ・オノ(本人)  ビリー・プレストン(本人)  
  
【成分】切ない イギリス 1960年代末 
  
【特徴】ビートルズが録音スタジオで曲づくりを行っている風景をドキュメントした作品。アルバム発表と呼応してドキュメント映画を公開する算段だったらしいが、メンバー間の険悪な雰囲気を露呈することになった。いわば、解散直前の黄昏ビートルズを克明に記録した映像といえる。
 最終的にビートルズ解散の引導を渡したのはポールだが、本作の時点ではまだビートルズ存続に執着するあまりに気合が入り過ぎてメンバーから煙たがれ浮いた存在になっている。
 
【効能】人生の壁にぶち当たって何をやっても事態が悪化してしまう時には嵐が過ぎるまで静観するのも有効であると学べる。
 調子にのっている時に鑑賞すると人生の戒めになる。
 
【副作用】気分が消沈する。不景気感が漂う。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

「黒の奔流」 人生の教訓に〔1〕 

黒の奔流」 人生の教訓劇 



【公開年】1972年  【制作国】日本国  【時間】90分  【監督】渡辺祐介
【原作】松本清張
【音楽】渡辺宙明
【脚本】弘威雄 渡辺祐介
【出演】山崎努(矢野武弁護士)  岡田茉莉子(貝塚藤江)  松坂慶子(若宮朋子)  佐藤慶(倉石検察官)  松村達雄(若宮正道)  中村伸郎(北川大造)  
             
【成分】パニック 不気味 知的 セクシー 愛憎劇  
        
【特徴】野心家の若手弁護士は、厳しい法廷闘争である女性容疑者の無罪を勝ち取り、正義の弁護士として著名になるが・・。
 知的で有能な男性の下半身の悲劇と、女の武器で男性を引き摺り下ろす薄幸の女性の対立が面白い。30代後半の岡田茉莉子氏がねちっこく好演する。対して若き松坂慶子氏の爽やかさは令嬢そのもの。
 原作は松本清張氏なのだが、展開が米映画「陽のあたる場所」に酷似している。
 
【効能】だらしない色恋沙汰を好む男女への警鐘となる。女性の場合は、男性の下半身の欲望の弱さを知る。
 
【副作用】男性の場合、女性恐怖症になるかもしれない。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
198位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
83位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク