ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「終戦のエンペラー」 アジア民族意識高揚作品〔5〕 

終戦のエンペラー」 
日本仕様のハリウッド映画。


 
  
【原題】EMPEROR
【公開年】2012年  【制作国】亜米利加 日本国  【時間】107分  
【制作】
【監督】ピーター・ウェーバー
【原作】岡本嗣郎
【音楽】アレックス・ヘッフェス
【脚本】デヴィッド・クラス ヴェラ・ブラシ
【言語】イングランド語 日本語       
【出演】マシュー・フォックス(フェラーズ准将)  トミー・リー・ジョーンズ(マッカーサー元帥)  初音映莉子(アヤ)  西田敏行(鹿島大将)  羽田昌義(高橋)  火野正平(東條英機)  中村雅俊(近衛文麿)  夏八木勲(関屋貞三郎)  桃井かおり(鹿島の妻)  伊武雅刀(木戸幸一)  片岡孝太郎(昭和天皇)  コリン・モイ(リクター少将)
      
【成分】ファンタジー 知的 切ない 敗戦直後 日本 1930年代後半~1945年  
  
【特徴】第二次大戦終了直後、日本に進駐した連合軍最高司令官マッカーサー元帥と昭和天皇の会見を軸に物語が組み立てられている。

 主人公は知日派で知られるフェラーズ准将、マッカーサーを演じる俳優は缶コーヒーbossでお茶の間に親しまれているトミー・リー・ジョーンズ氏、そしてラストの天皇との会見では概ね保守系市民から伝えられている歴史に沿った内容で描写されている。日本の観客層を意識した日本仕様のハリウッド映画だろう。

 昭和天皇とマッカーサー元帥の会見を軸にした作品ではロシアのソクーロフ監督「太陽」も有名だが、合わせて鑑賞する事を進める。同じ歴史的事件を扱っていながら内容は大きく隔たる。解りやすく言えば、ソクーロフ版は日本の左派系市民が一応納得する内容であり、本作は日本の保守系市民が納得する内容である。  
      
【効能】日本人の琴線へ配慮した内容に感動する。
 
【副作用】天皇制を美化した内容に不快感、ハリウッドのしたたかさに畏怖を覚える。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。 
スポンサーサイト

「1911」 アジア民族意識高揚作品〔4〕 

1911」 辛亥革命百周年記念作 
革命家ジャッキー・チェン

 


【原題】辛亥革命
【公開年】2011年  【制作国】中華人民共和国 中華人民共和国香港特別行政区  
【時間】122分
【総監督】成龍ジャッキー・チェン)  
【監督】張黎
【原作】
【音楽】 ティン・ウェイ
【脚本】王兴东 陈宝光
【言語】中国語 イングランド語       
【出演】成龍/ジャッキー・チェン(黄興)  李冰冰(徐宗漢)  趙文瑄(孫文)  陳冲(隆裕皇太后)  房祖名(張振武)  胡歌(林覚民)  宁静(秋瑾)
孙淳(袁世凱)  姜武(黎元洪)  余少群(汪兆銘)
      
【成分】泣ける 悲しい スペクタクル パニック 勇敢 知的 切ない かっこいい 辛亥革命 中国革命 20世紀初頭 中国 
 
【特徴】辛亥革命勃発から百周年を記念して、中国と香港の合作による歴史超大作。
 本作で総監督を務めるジャッキー・チェン氏は、カンフーアクションを殆ど封印して「マイケル・コリンズ」のリーアム・ニーソンばりの革命家を演じる。
 孫文を演じるのは「宋家の三姉妹」でも孫文を演じ酷似しているとの大評判だった趙文瑄氏、しかも革命の最前線で戦う黄興と違って欧米の資本家相手にロビー活動をする場面が多いので台詞の大半が英語という役柄だ。
 
 ジャッキー・チェン氏にとっても百本目を記念する作品との前評判も大きかったが、当の本人は実のところ何本目かは判らないとコメントしている。 
    
【効能】沸々と身体の底からエネルギーが沸き起こる。革命家ジャッキー・チェンの姿に感涙。
 
【副作用】話の筋が判りづらく登場人物も多過ぎて感情移入できない。退屈で睡眠効果あり。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。

「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」 アジア民族意識高揚作品〔3〕 

宇宙戦艦ヤマト 復活篇」 
呆れるところ多々あるが、楽しめた。

 
 
  
【原題】
【公開年】2009年  【制作国】日本国  【時間】135分  【監督】西崎義展
【原作】西崎義展
【音楽】宮川泰 羽田健太郎
【脚本】石原武龍 冨岡淳広 西崎義展
【言語】日本語
【出演】山寺宏一(古代進)  伊武雅刀(ゴルイ将軍)  藤村歩(古代美雪)  由愛典子(古代雪)  茶風林(大村耕作)  古谷徹(徳川太助)  伊藤健太郎(上条了)  浪川大輔(小林淳)  柚木涼香(折原真帆)  野島健児(桜井洋一)  山口勝平(中西良平)  鳥海浩輔(木下三郎)  高瀬右光(郷田実)  大浦冬華(佐々木美晴)  阪口大助(天馬兄弟(走・翔))  青野武(真田志郎)  置鮎龍太郎(島次郎)  永井一郎(佐渡酒造)  緒方賢一(アナライザー)  家中宏(メッツラー総督)  飯塚昭三(バルスマン総司令官)  田中敦子(イリヤ女王)  井上和彦(パスカル将軍)  子安武人(シーガル艦長)  
         
【成分】ファンタジー スペクタクル ロマンチック 勇敢 かっこいい 男社会 第二次世界大戦と中東派兵のパロディ
       
【特徴】西崎義展氏と石原慎太郎氏が贈るタカ派アニメ。
 前作映画から四半世紀ぶりのアニメ映画化。第二次世界大戦のパロディでもあるTV放送エピソード1に対して、今回はアメリカのイラク派兵などを象徴する混迷の21世紀社会をパロっている。

 「ガンダム」や「スター・トレック」などは新作のたびに着々と女性キャラたちの「社会進出」がめざましいのに対して、本作のヤマト艦内は「古き良き時代」の良妻賢母型の女性キャラが男の邪魔をしないように侍る。男社会再興隆を望むスタンスの方々には美しい職場環境である。
 また、やんちゃな若者だった古代進は本作では反抗期に入ったハイティーンの娘を持つ中年の父親になっており、父と娘の対立と葛藤が見ものだ。
   
【効能】旧ヤマトのファンには相変わらずの世界観に懐かしさと安定感を抱く。若い世代には「ガンダム」とは違う男臭い世界に新鮮な感覚を抱く。
 
【副作用】男臭い社会と、やたら頭の悪い幼稚な若者と、良妻賢母型女性キャラに食傷。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

「日本海大海戦」 アジア民族意識高揚作品〔2〕 

日本海大海戦」 
特撮の巨匠円谷英二最後の作品。

 


【英題】BATTLE OF THE JAPAN SEA
【公開年】1969年  【制作国】日本国  【時間】128分  
【監督】丸山誠治
【特技監督】円谷英二
【原作】
【音楽】佐藤勝
【脚本】須崎勝弥 丸山誠治
【言語】日本語(主に薩摩弁) 一部ロシア語
【協力】三笠保存会
【出演】三船敏郎(連合艦隊司令長官東郷平八郎大将)  加山雄三(広瀬武雄少佐)  仲代達矢(明石元二郎大佐)  平田昭彦(津野田是重参謀)  土屋嘉男(秋山真之参謀)  佐原健二(信濃丸副長丸橋彦三郎)  アンドリュウ・ヒューズ(ロシア艦隊司令長官ロジェストウェンスキー中将)  ピーター・ウィリアムス(ネボガトフ司令官)  藤田進(上村彦之丞海軍中将)  黒沢年男(前山三吉一等兵)  小鹿敦(杉野孫七兵曹)  東山敬司(藤本軍医中尉)  久保明(松井菊勇大尉)  佐藤允(森下兵曹長)  船戸順(山岡熊治参謀)  田島義文(伊地知彦次郎大佐)  小泉博(栗野慎一郎公使)  田崎潤(宮古島・橋口島司)  辰巳柳太郎(山本権兵衛海軍大臣)  草笛光子(東郷てつ)  笠智衆(乃木希典大将)  松本幸四郎[8代目](明治天皇)
      
【成分】勇敢 知的 かっこいい 日露戦争 日本海海戦 1905年 
  
【特徴】日本海軍史上名高い栄光の勝ち戦である日本海海戦を実写映画化。日本特撮映画界の巨匠円谷英二監督が手がけた最後の作品でもある。
 後の日本軍に見られる傲慢不遜慢心の傾向は無く、国際法に則った戦い方をしているのが特徴だ。欧米列強のアジア植民地化が進む中で幕末明治維新を闘った若者たちが本作の海戦で司令官として作戦を指導し、この日露戦争の勝利を経験した若者たちが第二次大戦を指揮していくことになる。明治の軍隊と昭和の軍隊の違いを比べてみると、気質の違いは現代日本を鑑みる上で大切だ。
  
【効能】晴れ晴れしい気持ちと自信がみなぎる。明治の日本人たちに畏敬の念がわく。
 
【副作用】戦争を美化し後の軍国主義を肯定する事につながる作品に見えて不快感。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」 アジア民族意識高揚作品〔1〕 

イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」 
ジョン・ローン氏が主人公だ。

 

 
【原題】YEAR OF THE DRAGON
【公開年】1985年  【制作国】亜米利加  【時間】134分  
【監督】マイケル・チミノ
【原作】ロバート・デイリー
【音楽】デヴィッド・マンスフィールド
【脚本】オリヴァー・ストーン マイケル・チミノ
【言語】イングランド語 中国語
【出演】ミッキー・ローク(スタンレイ・ホワイト警部)  ジョン・ローン(ジョン・タイ)  アリアーヌ(トレーシー)  ヴィクター・ウォン(ハリー・ヤン)  レナード・テルモ(アンジェロ・リッツォ)  レイ・バリー(ルイス・ビューコウスキ)  キャロライン・カヴァ(コニー・ホワイト)  エディ・ジョーンズ(ウィリアム・マッケンナ)  トニー・リップ(-)  デニス・ダン(-)  
             
【成分】・ゴージャス パニック 勇敢 切ない ギャング 中国系 80年代
            
【特徴】チャイニーズマフィアに焦点をあてた問題作。在米華僑を中心に「民族差別」との批判がでた。
 ゴージャスなジョン・ローン氏と野卑なミッキー・ローク氏が織りなすハードボイルドアクション。敵役のジョン・ローン氏は本作で「ラストエンペラー」主演の座を掴む。
 
【効能】ジョン・ローンを主役に、ミッキー・ロークを悪役と解釈して観ればもっと楽しめる。
 
【副作用】アジア民族意識の強い人が観たら、ミッキー・ロークに対して激しい不快感と怒りを感じるかもしれない。(私がそうだった)
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
113位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
42位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク