ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

第2212回「おもちはどうやって食べるのが好きですか?」 晴雨堂はやはりお雑煮か。 

こんにちは!トラックバックテーマ担当の一之瀬です。今日のテーマは「おもちはどうやって食べるのが好きですか?」です。醤油やマヨネーズ、おぞうににしてみたりとお餅は色々な食べ方がありますよね私はみたらしとずんだ餅にして食べるのが好きですみなさんはおもちをどうやって食べるのが好きですかたくさんの回答、お待ちしておりますトラックバックテーマで使っている絵文字はFC2アイコン ( icon.fc2.com ...
FC2 トラックバックテーマ:「おもちはどうやって食べるのが好きですか?」



【雑感】普段はシンプルに焼餅にして醤油をかけて食べるのが好きだが、お正月なのでやはりお雑煮だろう。

2017年の雑煮

 大阪は白味噌仕立てで具材も餅以外にいろいろ入って賑やかなのだが、我が家の雑煮は澄まし汁に餅と菜っ葉が少し入っているだけのシンプルなもの。
 郷里高知伝統の雑煮かと思ったが、少し違う。たしかに澄まし汁は同じだが、餅は高知では切り餅、ウチは丸餅、というより切り餅でも丸餅でもどちらでもいいような感じだ。家にある餅をとにかく使う。
 たぶん、大昔は切り餅だったかもしれないが、大晦日に餅をつくようになって出来立ての餅では切り餅に成形しづらいので丸餅が手っ取り早くて定着したのではなかろうかと思う。

 ただ、連れ合いにはイマイチ我が家伝統の雑煮は不評みたいだ。連れ合いの実家はやはり白味噌で具材は盛沢山、そういえば母も徳島出身で高知の雑煮はイマイチのような印象を持っていた。徳島は地理的に大阪文化の影響が強く大阪と同じく白味噌で具材たっぷりだから、我が家の雑煮は貧相に見えた事だろう。

 母は高知の山村の家の伝統に渋々従っているが、連れ合いは澄まし汁に妥協したものの具材は年々増えていく。餅も我が家では煮るのだが、連れ合いはまず焼いて柔らかくした餅を椀に入れて汁をかける。たしかに、煮ると餅が溶けて汁がドロドロになるし後の食器洗いなどが面倒だ。
 ということで、上記写真の形に落ち着きつつある。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
スポンサーサイト

中国の土産「沙琪玛」 晴雨堂の晴耕雨読な食生活[二〇九] 

沙琪玛」をもらった。

沙琪玛1

【雑感】連れ合いの友人からいただいた中国の土産である。その友人は中国系で元をたどれば満州族らしい。なるほどと思った。この菓子は満州発祥だからだ。といっても、今はポピュラーな菓子で中国のコンビニで普通に売っているらしい。
 因みにこの袋菓子の製造元は二ヵ所あって、福建省(台湾の対岸)と河南省(洛陽などの古都で有名)とあった。多くの中国人にとってはコンビニで売っている駄菓子だが、満州族は今でも家庭で作る事があるらしい。

 沙琪玛の読み方はシャーチーマーともサチマとも。実はつい最近まで読み方を知らなかった。漢字の右側の部首から発音を推測したらほぼ正解だった。こういうとき漢字というものは便利だ。因みに拼音(ローマ字記号)は「shāqímǎ」である。

沙琪玛外観

 見た目は粟おこしやポン菓子に似ているが、おこしのような歯が折れそうな硬さは無くしっとり柔らかい。油で揚げた菓子なので油っぽい味を想像してしまうが意外にあっさりとしていて淡泊な味である。ほのかな香ばしさと甘さは飽きがこない。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。

今年の恵方は南南東。 晴雨堂の晴耕雨読な食生活[二〇八] 

今年の恵方南南東である。

南南東。

【雑感】上記写真は正確に恵方を測定しようとコンパスで確認しているところである。使っているコンパスはスウェ-デン製のシルバコンパス。アウトドアやミリタリーが好きな人は御存知のブランドである。
 方位磁針は正確に南北を指している訳ではなく、本来は「偏差」と呼ばれる誤差の角度を加味しなければならないのだが、まあだいたいで良いだろう。
 そんな事を呟いていたら、連れ合いが「だったらなに大袈裟にコンパス持ち出してんねん」と突っ込む。

恵方巻。

 今年の恵方南南東、私だけ上方の風習に従って南南東を向いて恵方巻を丸かじりするが、息子はまだ海苔巻きを丸かじりすることが困難なので連れ合いは上記写真にあるように食べやすいよう切って、南南東を無視して食べ始める。
 息子はまだ顎の力が弱いのか、なかなか海苔を噛み切る事ができず、手こずっていると面倒になるのか大きな塊のまま口に詰め込もうとする。喉に詰まったら大変だ。

醤油・山葵・生姜。

 私は海苔巻き一本丸かじりしたら、二本目はゆっくり生姜や醤油などをつけて食べた。恵方巻をスーパーで買うとき、売り場に上記写真にある無料の醤油や山葵や生姜のパックが笊に盛られていて、私は各々一掴みずつ持って帰っていた。それを買い物袋から出すと、連れ合いは唐突に怪鳥音を発した。

 「ぃえぇぇぇ! なにやってんの! 病気か! こんなに持ってきてどないすんの!」

 いや店員から貰ったんやと言うと、

 「嘘や!嘘や!嘘や!」

 レジで支払する際に、レジ係が袋に入れてくれたんやから、店員からもらったといっても事実関係から逸脱しておらん、と説明すれば、

 「お父さん、人相悪いから、レジのおばちゃん、怖がってよう言わんかったんや。よう恥ずかしげもなく持ってきたな。病気や、病気や、お父さん、どっか心病んでるやろ」

 たしかに調子に乗って貰い過ぎてしまったかもしれないが、すぐに腐るものではなく、失礼な。息子まで連れ合いと一緒になって「びょうき、びょうき」と囃し立てよる。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。

第2067回「お正月後、太りましたか?」 晴雨堂はかなり太ってしまった。 

こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の栗山です。今日のテーマは 「お正月後、太りましたか?」です。お正月明けて少し経ちますが、太りましたか?年末年始って太りませんか?クリスマスが終わって年越しそばを食べて、新年にはおせちを食べて、寒いからあまり動かない。私は毎年平均3キロ増えます…厄介なことにおせちが好きなのです。これからどうにかしないとみなさんは年末年始で太りましたか?太りますよね?たくさ...
FC2 トラックバックテーマ:「お正月後、太りましたか?」



【雑感】確実に太ってしまった。こないだ背広を着ていく用事があり、ウエストが激増していることを自覚せざるを得なかった。

 背広は5着あるがスリーシーズン用の背広1着しか着用できない。19歳のころに購入したウールの三つ揃いと夏用背広は既にウエストだけでなく尻まわりもきつくてズボンが入らん。25歳の時に仕立てた三つ揃いと夏用背広も同様の状態。いま着用しているのはそろそろ中年太りに差し掛かり始めた30代前半に仕立てたものなのだが、ベルト無しでズボンを履くとウエストのボタンが脱落しそうだ。

 不経済ゆえ、なんとか体重を絞らねばならぬ。羽織袴を着る分には逆にシックリくるようになったのだが、背広や略式礼服が着れなくなるのは拙い。やはり意識して背広を着る機会を設けたほうが良いかもしれない。平素は作務衣やトレーナーや2Lの作業着ばかり着ているのでウエストの状態が判りづらい。

 今回の年末年始は調子に乗って食べて飲んでの毎日だった。ドイツのH夫人は必ず一番に私に向かって「おかわりは?」と尋ねるようになってしまった。
 日本に帰ってからも、親戚演者の集まりで即席のドイツ旅行報告会をやりながらひたすら飲んで喰って。体重は80の大台に入っている可能性があるが、恐ろしくて体重計にのれない。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。

ドイツに行ってきた!(11) おすすめのドイツ家庭料理。 晴雨堂の晴耕雨読な食生活[二〇六] 

おすすめのドイツ家庭料理。

豚肉のステーキ。
豚肉のステーキ。球形のジャガイモの餅はクヌーデルと呼ぶらしい。

【雑感】ドイツ滞在中の殆どは姪っ子の彼氏の実家のH夫妻の家で厄介になった。そこでよばれた料理の中でもお気に入りを紹介する。

 やはり最もドイツらしい質実剛健的料理は冒頭写真で紹介した豚肉のステーキとジャガイモ餅だろう。
 中でも肉料理の付け合わせによく出るこの毬のようなジャガイモの餅は初めて体験する食感だ。ジャガイモとは思えないモチモチ感なのである。姪っ子たちは作り方をH夫人に教えてもらって作るのを手伝ったそうである。
 F氏は「おかわりありますので、どんどん食べてください」と仰ったので、私は遠慮なくおかわりする事にした。3皿食べて、さらにソースが勿体無いからと、拭って食べるためのパンもいただいた。
 このジャガイモの餅、家でも調理してみようと思う。おそらく連れ合いはびっくりする事だろう。

 次に紹介するのは肉の煮込み料理。

煮込み料理。

 実はこれとよく似た料理は若い頃にたむろしたドイツ料理店でも食べた事がある。「牛肉の煮込み」というタイトルだった。赤ワインを入れているせいかビーフシチューのように濃い赤茶色でスパゲッティを入れていた。店の人は「ハンガリー料理の影響を受けている」言っていたのに非常に似ている。
 H夫人が作る煮込み料理は、レストランの「牛肉の煮込み」より色はやや薄くマカロニが入っていたが、料理の種類は同じとみていいだろう。日本ではよく似たグラーシュという名のドイツ料理が有名で、この時も姪っ子たちが話題にしていたがH夫人の話ではグラーシュではなさそうだ。料理の名前をメモしたがどこにメモしたのか所在不明だ。
 この料理も私は3・4皿ほどおかわりした。最後にソースを拭うためのパンをお願いしたら、F氏は苦笑いしながら台所へ行って紙袋からパンを二つほど取り出してくれた。

 いずれも家庭料理なので家でアレンジしてつくれそうだ。ただ、質実剛健で簡単に作れそうに見えるが、けっこう一手間二手間は要りそう。我が家では炒飯や麻婆豆腐や焼魚や味噌汁が主流なので、誕生日や結婚記念日やクリスマスといった改まった日の料理になるだろう。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。

とうとう50歳になってしまった。 晴雨堂の晴耕雨読な食生活[二〇五] 

1月22日で50歳になってしまった。

誕生日のカレーライス。

【雑感】しばらくドイツの話題が続いたので、ここで小休止しよう。実は昨日22日で私はとうとう50歳になってしまった。江戸時代であれば老境の域になる。20代前半、学校を出て最初に就職した職場の先輩が当時51歳で初孫を授かっていた。最近まで50歳という年齢はそろそろ孫の世話をやりだす時期なのだ。
 実際、高校時代の部活動の友人たちは昔ながらの人生パターンで高校を出てから間もなく所帯をもち今は孫をもうけている。その孫たちと私の息子は同世代だ。

 さて、私の誕生祝の御馳走は冒頭写真で紹介した通りカレーライスとなってしまった。理由は至極簡単である。第一に暇なので家計が苦しい。第二にお誂え向きの口実として22日は「カレーの日」らしい。第三に、加えて金曜日、海上自衛隊ではカレーライスを食べる日、つまり海軍伝統の金曜カレーの日にも当たる。
 そんな訳でカレーライスとなった。

ペックス。

 家計が苦しいのでドイツからの帰国後ビールは飲んでいないのだが、誕生日なので冷蔵庫にストックしていたドイツ・ブレーメン産のペックスを取り出し乾杯した。
 このビール、潜水艦映画の金字塔「Uボート」にも登場する由緒あるビールだ。激戦のジブラルタル海峡を突破して、艦長は約束通り乗組員全員にビールを配給して祝う場面がある。映像にはハッキリとペックスのエンブレムである鍵のマークが確認できる。(「Uボート」 ビールのある光景〔1〕
 ペックスはドイツビール海外出荷量世界一を誇るビールで、日本でもダイエーやローソンなどで置いている場合がある比較的容易に手に入るビールなのでお試しあれ。味はドイツのビールの中では淡麗なのだが、それでも日本のビールとの違いは歴然としている。
 この小瓶、300円近くしたと思う。同じ物をドイツのスーパーなら1ユーロもしない、60セント(70円)くらいで買えるのに。溜息が出る。

 22日は他にも「ショートケーキの日」でもあるらしい。という事で祝いのケーキはショートケーキとなった。息子はさっそく双眼鏡で眺めるようなポーズをとりながら自分が食べるケーキを物色し始める。

ショートケーキ。

 私の誕生日は安上がりな記念日が重なっているようだが、他にも「飛行船の日」や「夫婦の日」「ジャズの日」などもある。また1月22日生まれの著名人では哲学者ベーコン、 D・W・グリフィス監督、小説家椋鳩十、千葉真一、高橋惠子、ダイアン・レインなどがいる。だから、どうこう何かある訳ではないが。

 20代は少年時代から抱いていた淡い夢との決別の時期だった。30代は生業よりも「副業」のほうが重く圧し掛かっていた時期だった。40代は「副業」との決別と人生の仕切り直しの時期なのだが、何だか訳が判らんまま過ぎ去ってしまった。
 50代はどうなることやら。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。

ドイツに行ってきた!(10) ドイツのレストラン。 晴雨堂の晴耕雨読な食生活[二〇四]  

マールブルグのレストラン。

マールブルグのレストランにて。
手前は焼魚、その隣はシュニッツェルとジャガイモの餅。 
ドイツに来てから肉とパンばかりだったので 
F氏は気遣って魚料理や野菜が多い料理を注文してくれた。

【雑感】ドイツに滞在中、食事の多くはH氏宅でお世話になったが、一度だけマールブルグの小奇麗なレストランに入ってテーブルに落ち着きゆったりと食事をした。
 上記写真の料理はレストランで注文したモノの一部である。これ以外に3品ほど注文して5人で小分けながら食べた。姪っ子の話によるとドイツ人は1つの料理を友人たちで分け合いながら食べる習慣は無いそうである。もっとも日本でもそんな習慣は一般的ではないが、私のような貧乏人は料理を複数注文して皆で箸を突きながら食べた方が色んな料理を安い値段で楽しめる合理的かつ経済的発想からやっているだけだ。

 このレストラン、外見も内装も御洒落なのだが、店に入ると60歳くらいの小太り男性が独りビールを飲みながら店番をしているだけで客は他に居なかった。一瞬この店は大丈夫なのかと思ったが、陽も暮れて寒くなってきたので食事する事にした。
 角の窓際のテーブルについた。粋な席でクッションなども置いていて居心地が良い。メニューを見ると当然のことながらドイツ語なので訳わからない。日本のレストランでは殆ど写真入りなので読む必要が無いがドイツのレストランは字ばっかり。F氏に注文をお任せする。
 ただ、下記写真で紹介するビール欄だけは手に取るように意味が解った。(そんなにドイツビールが好きならドイツ語勉強せいよとの御批判が飛んできそうだ)

メニューのビール欄。

 上から順番に説明すると、クロムバッヒャー・ピルスのグラスとジョッキ。リッヒャー・ピルスナーのグラスとジョッキ、パウラナー・ヘェーフェ ヴァイスビアー にエルディンガー・ヴァイスビアーだ。
 日本で流通しているドイツビールは最も海外へ出荷されているブレーメンのペックスとアサヒビールがライセンス製造しているレーベンブロイの2銘柄だが、ドイツではクロムバッヒャーがよく目立つ。日本のビールに比べて麦芽とホップの芳香が豊かだ。リッヒャーマールブルグの地ビールでマールブルグ周辺でしか流通していないようだ。パウラナーとエルディンガーはバイエルンの濁り小麦ビール。
 ドイツ語に暗いがどんなビールであるかは手に取るように判る。(姪っ子たちから「ドイツ語勉強しろよ」と言われそうだ)

リッヒャー。

 私は迷わずリッヒャーのジョッキを注文した。なにしろ他のビールは日本の百貨店や輸入ビール専門店でも売っているし、天王寺公園や梅田スカイビルで催されるビールの祭りでも飲める。しかしリッヒャーマールブルグ周辺でしか飲めない。
 そういった事を力説すると姪っ子たちもリッヒャーのグラスを注文した。味はケルシュよりは味が濃くてホップの芳香を強く感じた。姪っ子たちは泡が美しくてなかなか消えない事に驚く。

 乾杯すると、レストランの親父も私たちに微笑みながら自分のジョッキにビールを注いで乾杯の仕草をしながら飲み始めた。注文した料理は大丈夫かなと心配し始めたときに、2階から奥さんらしき人が降りてきた。レストランの親父と同世代くらいの白髪の美熟女、厨房に入るなり手際の良さを感じさせる包丁の音や炒め物をする音や肉を叩いて伸ばす音が店内に響く。
 運ばれてきた料理はどれも美味い。ドイツで食べるドイツ料理というイメージに影響されているかもしれないが、若い頃にたむろしていた大阪ミナミのドイツレストランで食べた料理よりも美味い。

リッヒャーのエンブレム。
マールブルグの街で見かけるリッヒャーのエンブレム。注・食事したレストランとは別の店。

 ドイツの伝統的内装のお洒落なレストランに美味い料理、自然とビールがすすむ。ジョッキが空になるとレストランの親父はすかさず新しいリッヒャーのジョッキを持ってくる。結局3杯飲んだ。日本のピルスナーは味に大きな差は無い。さすがにヱビスとプレミアムモルツとスーパードライの違いは判るが、スーパードライと黒ラベルとキリンラガーの違いを瞬時に判断できる人は素人にはあまりいないだろう。しかしドイツのピルスナーはそれぞれに明確な個性があるから楽しいのだ。

クロムバッヒャーの旗。
ドイツ語を解さないのにクロムバッヒャーだと判ってしまう。 
後には伝統的な筋交いの建物が見える。 
レストランや土産物店がならぶこの一帯は伝統的な 
筋交いのある建物をかためて景観を保存しているようだ。

 街ではクロムバッヒャーのトレードマークが多かった。日本でドイツビールといえばペックスかレーベンブロイなのだが、ドイツ本国ではクロムバッヒャーの勢力が強いようだ。それからバイエルンの小麦ビールも人気が高い。(余談1)

 レストランで飲んで喰って清算の段になると今更ながら驚いてしまった。べらぼうに高いのではない。安いのだ。前述した大阪ミナミのドイツレストランで同じくらい飲んで喰ってをすると1人あたり1万円近い銭を払ったものだが、ここでは3千円程度なのだ。日本では安い居酒屋チェーンで少し飲む程度の値段。
 わずか3千円で豪華な気分にさせてくれるとは!

(余談1)H氏のお隣さん夫婦はバイエルンの小麦ビールが嫌いだった。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
182位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
75位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク