ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「キスト」  カップルで考えよう〔14〕 

キスト」 
ネクロフィリアを描く女流監督作



原版日本語字幕無

【原題】KISSED 
【公開年】1996年  【制作国】加奈陀  【時間】79分  
【監督】リン・ストップケウィッチ
【制作】
【原案】バーバラ・ガウディ
【音楽】ドン・マクドナルド
【脚本】アンガス・フレイザー リン・ストップケウィッチ   
【言語】イングランド語
【出演】モリー・パーカー(サンドラ・ラーソン)  ピーター・アウターブリッジ(マット)  ジェイ・ブラゾー(Mr. Wallis, Mortician)  ナターシャ・モーレイ(少女時代のサンドラ)         

【成分】悲しい 切ない ファンタジー 不気味 知的 絶望的

【特徴】カナダの女流監督が描くネクロフィリア物の映画。

 ネクロフィリア(死体愛)と聞いてグロテスクな内容を連想するが、これはむしろ透明感のある切ない恋愛ものだ。生々しい変態性欲が強調されないのは、たぶん原案と監督が女性の手によるものなので男性との感性の違いからくるかもしれない。

 ストップケウィッチ監督にとって初の長編映画らしいが、現在はTVドラマの監督のイメージだ。

【効能】青春の切なさを呼び覚まされる。モリー・パーカーのストリップに萌え。死体愛に目覚める。

【副作用】死体愛に目覚める。

下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。
スポンサーサイト

「ベッドウェイズ」 カップルで考えよう〔13〕 

ベッドウェイズ」 
セックスをテーマに制作された実験映画。




【原題】BEDWAYS  
【公開年】2010年  【制作国】独逸  【時間】78分  
【監督】ロルフ・ピーター・カール
【制作】
【原作】
【音楽】
【脚本】ロルフ・ピーター・カール
【言語】ドイツ語
【出演】ミリアム・マイエ(ニナ)  マティアス・ファウスト(ハンス)  ラナ・クーパー(マリー)  アルノ・フリッシュ(マックス)  ローラ・トンケ( )     

【成分】セクシー 切ない エロ

【特徴】セックスと愛をテーマに、ある種の実験を試みようとする若手の女性監督の野心を描いている。
 本番に挑むAV女優と男優に監督がインタビューしているかのようなテンポで物語が進んでいく。

 ラスト、監督に扮している主演女優の自慰が長回しの定点撮影で描写される。

【効能】恋人と一緒に鑑賞するとセックス観を振り返る事ができる。

【副作用】場末のポルノ映画もどきに見えて時間の浪費感を抱く。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

「にがい米」 カップルで考えよう〔12〕 

にがい米」 
イタリアの稲作女子。

 

    
【原題】RISO AMARO
【公開年】1948年  【制作国】伊太利  【時間】109分  
【監督】ジュゼッペ・デ・サンティス
【原案】ジュゼッペ・デ・サンティス カルロ・リッツァーニ ジャンニ・プッチーニ
【音楽】アルマンド・トロヴァヨーリ ゴッフレード・ペトラッシ
【脚本】コッラード・アルヴァーロ ジュゼッペ・デ・サンティス カルロ・リッツァーニ カルロ・ムッソ イヴォ・ペリッリ ジャンニ・プッチーニ
【言語】イタリア語      
【出演】ヴィットリオ・ガスマン(ウォルター)  ラフ・ヴァローネ(マルコ)  シルヴァーナ・マンガーノ(シルヴァーナ)  ドリス・ダウリング(フランチェスカ)
   
【成分】楽しい 悲しい 切ない セクシー 農村 水田 イタリア 1940年代 イタリア語

【特徴】イタリアの貧しい農村で繰り広げられる社会の底辺を這う若い男女の悲劇。
 社会派ドラマと評価されているが、1940年代のイタリア農村地帯の風俗が記録された貴重映像でもある。特に東アジア人にとってヨーロッパの女性たちが水田で稲作をする光景は一種のカルチャーショックだ。
 イタリアではポー川流域の平野部で水田耕作が行われており女性たちが田植えに従事していたが、日本と同じく70年代に農薬の普及と機械化で映画のような生活は廃れる。 
    
【効能】水田に不釣合いなナイスボディの美女がいるので、良い意味のカルチャーショックを起こして萌え。
 
【副作用】とにかく映像も話も暗いので気持ちが沈む。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

「鑓の権三」 カップルで考えよう〔11〕 

鑓の権三」 
侍・郷ひろみの魅力開花。

 

  
【原題】
【公開年】1986年  【制作国】日本国  【時間】126分  
【監督】篠田正浩
【原作】近松門左衛門
【音楽】武満徹
【脚色】富岡多恵子
【言語】日本語   
【出演】郷ひろみ(笹野権三)  岩下志麻(市之進女房・おさゐ)  火野正平(川側伴之丞)  田中美佐子(伴之丞妹・お雪)  加藤治子(お雪の乳母)  津村隆(浅香市之進)  水島かおり(市之進娘・お菊)  浅川奈月(市之進娘・お捨)  大滝秀治(岩木忠太兵衛)  三宅邦子(忠太兵衛女房)  河原崎長一郎(忠太兵衛伜・甚平)  神保共子(浅香家下女・萬)  不破万作(川側家下男・波介)  竹中直人(権三の同僚・文右衛門)  浜村純(道具屋の主人)  小沢昭一(船頭)
   
【成分】ゴージャス 勇敢 知的 切ない セクシー 松江 元禄もしくは享保 不義密通
                           
【特徴】近松門左衛門原作「鑓の権三重帷子」の映画化。不義密通の濡れ衣を着せられたエリート武家の男女の転落を描く。
 アイドル少年から渋みのある大人へとキャラを変えつつあった郷ひろみ氏が主演。この時期の郷ひろみ氏は大河ドラマで赤穂浪士の片岡源五右衛門高房を演じるなど、端正な二枚目侍を演じる機会が多かった。ヒロインは篠田映画なので岩下志麻氏が指定席。
 時代は、原作の初演が享保年間なので1710年代と考えるのが普通だが、映画で使用されるカツラや衣装は元禄時代仕様である。元禄時代は17世紀末から18世紀初頭にかけての期間。 
    
【効能】元禄風のファッションとエリートたちの破滅美に萌え。
 
【副作用】アイドル男優とベテラン女優の濡れ場に複雑な気分。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

「写楽」 カップルで考えよう〔10〕 

写楽」 
謎の絵師写楽

 

  
【原題】
【公開年】1995年  【制作国】日本国  【時間】138分
【企画】フランキー堺  
【監督】篠田正浩
【原作】皆川博子
【音楽】武満徹
【脚本】皆川博子 堺正俊 片倉美登 篠田正浩
【言語】日本語  
【出演】真田広之(とんぼ(齋藤十郎兵衛東洲齋寫樂))  フランキー堺(蔦屋重三郎)  岩下志麻(おかん)  葉月里緒菜(花里)  佐野史郎(喜多川歌麿)  坂東八十助[5代目](松平定信)  中村富士郎(市川團十郎)  加藤治子(おふじ)  新橋耐子(おさと)  中村芝雀[7代目](岩井半四郎)  市川團蔵[9代目](市川男女蔵)  宮崎ますみ(玉衣)  竹中直人(太田南畝)  河原崎長一郎(山東京伝)  津村鷹志(大番頭与兵衛)  篠井英介(瀬川富三郎)  有川博(鶴屋喜右衛門)  土屋久美子(年増女郎)  富沢亜古(番頭新造)  大川浩樹(左吉)  千葉哲也(権助)  浜村純(老人客)  余貴美子(とんぼの母親)  六平直政(俵蔵(鶴屋南北))  高場隆義(倉蔵(瀧澤馬琴))
   
【成分】悲しい ファンタジー ゴージャス 切ない 時代劇 浮世絵 写楽 寛政 1790年代 江戸時代 江戸
                             
【特徴】近年、写楽の正体は能楽師齋藤十郎兵衛であることがほぼ確実視されているが、本作は役名こそ十郎兵衛を用いているが、アクション俳優時代の真田広之氏を主役に据えているためか軽業師あがりとしている。
 写楽ファンのフランキー堺氏の肝煎り企画であり、自らも写楽をサポートした版元蔦屋重三郎に扮する。しかし残念ながら主演の真田広之氏と葉月里緒菜氏のスキャンダルのほうが有名になってしまった。 
    
【効能】江戸の鮮やかな色彩美に心が豊かになる。
 
【副作用】チャンバラの無い時代劇でパッとしない。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

「狼たちの街」 カップルで考えよう〔9〕 

狼たちの街」 
セクシー路線時代のジェニファ・コネリー出演、
放射能防護服が登場するハードボイルド。


 
 
【原題】MULHOLLAND FALLS
【公開年】1996年  【制作国】亜米利加  【時間】108分  
【監督】リー・タマホリ
【原作】
【音楽】デイヴ・グルーシン
【脚本】ピート・デクスター
【言語】イングランド語
【出演】ニック・ノルティ(マックス・フーバー)  メラニー・グリフィス(キャサリン・フーバー(ケイ))  チャズ・パルミンテリ(エラニー・クーリッジ)  マイケル・マドセン(エディ・ホール)  ジェニファー・コネリー(アリソン・ポンド)  ダニエル・ボールドウィン(マキャファティ特別捜査官)  クリス・ペン(-)  トリート・ウィリアムズ(-)  アンドリュー・マッカーシー(-)  ジョン・マルコヴィッチ(-)
   
【成分】ハードボイルド パニック 勇敢 暴力 セクシー かっこいい 原爆 1950年代 アメリカ ロス・アンジェルス 
                           
【特徴】ジェニファ・コネリー氏が清純派からセクシー派へと大きく路線変更した時期の作品。ここでも加齢臭漂いそうなニック・ノルティ氏とベタベタ絡みを実演する。スレンダーな身体に不釣合いな下垂気味巨乳に萌えるファンもいる事だろう。
 シカゴギャングのような主人公たちの雰囲気から一見すると30年代アメリカのようだが、本作の舞台は50年代前半のロス・アンジェルス。軍の原爆実験が背景にあり、中折れハットにスリーピースとアンタッチャブルのファッションに不釣合いな放射能防護服姿の兵士が登場する。子供の頃に読んだSF小説の挿絵のような世界だ。
 基本、暴力刑事の単純なアクション物語だが、若くて妖艶な女性と平凡で貞淑な妻との間でオロオロする姿を垣間見る強面主人公の姿に哀愁を感じる
    
【効能】典型的な男の性(さが)をステレオタイプに解りやすく描写。女性鑑賞者は彼氏と付き合うにあたって若干ヒントになる。
 
【副作用】凡庸かつ幼稚な内容で退屈。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

「死にゆく妻との旅路」 カップルで考えよう〔8〕 

死にゆく妻との旅路」 
夫婦というものを再確認させる作品。


 
 
【原題】
【公開年】2010年  【制作国】日本国  【時間】113分  
【監督】塙幸成
【原作】清水久典
【音楽】岡本定義
【脚本】山田耕大
【言語】日本語
【出演】三浦友和清水久典)  石田ゆり子(清水ひとみ)  西原亜希(沙織)  掛田誠(-)  近童弐吉(-)  黒沼弘己(-)  でんでん(-)  松浦祐也(-)  十貫寺梅軒(久典の兄)  田島令子(久典の姉)  常田富士男(自転車で旅する老人)
   
【成分】泣ける 悲しい 絶望的 切ない 放浪 ロードムービー 夜逃げ
                           
【特徴】実際にあった事件を元に映画化。舞台となった青いバンで三浦友和石田ゆり子両氏の二人芝居が展開される良い意味での低予算映画である。
    
【効能】家族・夫婦という絆を再確認する事ができる。
 
【副作用】展開と結末に納得がいかず不快感。実際の事件を美化しているように見えて憤りを感じる。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
63位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク