ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「選挙」上映。 近頃の現象[一]  

選挙」、第七藝術劇場にて上映。

【雑感】大阪十三の色町繁華街の一角のビル6階にある第七藝術劇場にて上映されている「選挙」(想田和弘監督)は日本の選挙制度や日本国民の政治意識を観るのに極めて判り易いサンプルである。
 映画の主人公は自民党の公募に応じて、自分にとっては縁も所縁も無い都市の市会候補となり、自民党が派遣した選挙のプロや先輩議員たちに叱られながら選挙戦を戦う様を描いている。私がよく利用するヤフー映画サイトに掲載されているレビューもあわせて見ると、さらに政治を取り巻く日本人の感性もよく解って興味深いと思う。

 この映画を観て、候補者たちの喜怒哀楽を身につまされるものと観るのか、冷ややかに高みから嘲笑する気分になるのか、退屈なのかで、鑑賞者自身の政治意識がわかると思う。
 私は革新系市民派議員候補の選対委員長を名ばかりとはいえ務めたことがあった。だから言えるのだが、選挙のやり方は自民から共産まで特に差は無い。候補者は「議員」という特権階級になるために必死になって票を獲得しようとする。馬鹿馬鹿しく見えても彼ら彼女たちが行う選挙運動とは、そのまま日本国主権者たる我々日本国民の需要に合わせた形なのである。だから、嘲笑したり退屈したりする姿勢は、実は候補者たちの悲喜劇へではなく自分自身の姿に対して放っているものであることを、私は是非とも思い知ってほしい。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
スポンサーサイト
[ 2007/07/19 21:20 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)

当ブログの利用について〔1〕 

● 映画処方箋(カテゴリー)について。
 カテゴリーは大きく「映画処方箋」と「日誌」に分かれています。
 「映画処方箋」では主に日常の節目や心の状態、楽しいとき・哀しいとき・家族団欒のとき・独りになりたいときなど、シチュエーションに見合った映画を紹介いたします。
 「日誌」では管理人晴雨堂ミカエルが日常の出来事やニュースなどで感じたことを気ままに書き記します。

● 映画の採点方法について。
 2008年2月頃から、ボチボチ映画に点数をつけています。採点は2つの視点で行ないます。
 
「晴雨堂スタンダート評価」 晴雨堂なりに好き嫌いに左右されず公平な視点で作品としての完成度を評価しました。
 以下のよう、昔の通信簿風に五段階で分けます。
 
 ☆☆☆☆☆ 秀
 ☆☆☆☆ 優
 ☆☆☆ 良
 ☆☆ 可
 ☆ 不可

 
「晴雨堂マニアック評価」 晴雨堂の独断と偏見と個人的趣味による評価です。
 あくまで個人の好みですので、私が絶賛しても人によってはクズ映画に見えるかもしれません
 
 ☆☆☆☆☆ 金字塔
 ☆☆☆☆ 名作
 ☆☆☆ 佳作
 ☆☆ 凡作
 ☆ 駄作

 
 この採点方法の特徴を簡単に説明すると、スタンダードでは評価が高いのに記事では酷評しマニアック採点では低くなっているとか、誰が観ても噴飯モノの駄作でスタンダード採点も低いのに記事では持ち上げマニアック採点では金字塔扱い、という事もありえます。

 よく「お前がエエ映画と言うとったから見たけど、面白んなかったぞ」と文句をいわれる映画愛好者諸氏も多いと思います。この採点方法はそのトラブルを少しでも軽減できればと考え設定したものです。晴雨堂の趣向も推理しなから、ご自分に合った映画かどうかを判断してください。 
 

● リンクについて
 よく「リンクフリー」という言葉を目にするが、これは日本のみにおいて通用する独り善がりの和製英語であり、万国のネット社会理念や国際法に合致しません。当然の事ながら世界的にリンクフリーをことわる習慣はありません。

 そもそもネット社会は公開して知を共有する事が大前提であり存在意義の根本ですから、リンクフリーという言葉自体が奇怪であります。逆にリンクされて困るという方がいるなら、最初からウェーブサイトを立ち上げるべきではありません。
 しかもフリー(free)は、日本では「自由」という意味でしか捉えられないが、英語では「解放」という意味も強く含まれます。すなわち「リンクから解放されている」「どこからもリンクされていない」という意味になるので英語としても誤っています。
 
 晴雨堂もこの精神に則っているので、気に入ったサイトがあれば勝手にリンクを張りますし、逆にリンクを張られることも許容します。
 またネット社会の精神と私自身の博愛精神から、仮にリンク先と険悪な関係になったからといってリンクをはずすような胆力の小さい行いはいたしません。

 
● 晴雨堂へのメッセージについて。
 当ブログへの御意見御感想の書き込みは大きく2通りの方法があります。1つは各記事に設置されているコメント欄に書き込む方法。2つ目は左カルム処方箋一覧の下に設置したメールフォームを利用して晴雨堂のメールアドレスへ直接コメントを送る方法。
 2011年からはTwitterも設置して記事アップと連動しておりますので、Twitterからコメントを送ることもできます。
 コメント欄は基本的に公開を前提に書き込む所であり、メールフォームを利用してのコメントは非公開が前提です。
 原則としてインターネットの趣旨に則り、晴雨堂はコメントを分け隔てなく受け付ける方針であります。分け隔てなく受け付けると同時に私も気に入ったサイトがあれば積極的にコメントいたしますので予め心に留めてください。 


 しかしながら、基本的にコメントは受け付ける方針ですが、以下のコメントは躊躇なく削除されます。

・記事内容とは関係の無いコメント、あるいはコメントの文面だけでは記事内容との関連性が確認できない場合。
・本名もしくは筆名・ハンドルネームが無い、または私の感覚で名前とは確認できない場合。
記事内容を誤解曲解し見当違いのコメントをした場合。

 
 削除された方は以上3つの項目に該当してしまったと御理解ください。なにより、当サイトの編集権は管理者である晴雨堂ミカエルにあります。
 御不満のある方もいらっしゃると思いますが、コメントは晴雨堂に向けられたコメントですので晴雨堂が理解できるよう文面を工夫することが礼儀であります。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。

蜻蛉 晴雨堂の晴耕雨読な日常[一] 

 夜、蜻蛉が居間に侵入する。激しく羽音をたてて螢光灯にぶつかる。連れ合い叫ぶ。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
162位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
71位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク