FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「ハート・ロッカー」 孤独を楽しむ時に〔46〕 

ハート・ロッカー」 
元夫の「アバター」に競り勝った?

 
 
  
【原題】THE HURT LOCKER
【公開年】2008年  【制作国】亜米利加  【時間】131分  
【監督】キャスリン・ビグロー
【原作】
【音楽】マルコ・ベルトラミ バック・サンダース
【脚本】マーク・ボール
【出演】ジェレミー・レナー(ウィリアム・ジェームズ二等軍曹)  アンソニー・マッキー(J・T・サンポーン軍曹)  ブライアン・ジェラティ(オーウェン・エルドリッジ技術兵)  レイフ・ファインズ(請負チームリーダー)  ガイ・ピアース(マット・トンプソン軍曹)  デヴィッド・モース(リード大佐)  エヴァンジェリン・リリー(コニー・ジェームズ)  クリスチャン・カマルゴ(ケンブリッジ大佐)
 
【成分】パニック 勇敢 知的 イラク戦争 アメリカ軍 イラク 英語 一部アラビア語  
       
【特徴】ビグロー監督の十八番、職人気質の世渡下手な仕事中毒の男の世界。一応、戦争映画ではあるがハリウッドお得意の派手な銃撃戦は無い。そこがビグロー監督の良さである。
 イラクに派遣された米軍爆弾処理班の下士官が主人公。爆弾を処理する極度の緊張感の中でしか生甲斐を見つけられない男の悲喜劇でもある。少し前の日本人サラリーマンなら共感できたか?
 晴雨堂好みのマニアックな内容では本来アカデミー賞に相応しくないはずなのだが、アメリカ保守層の熱烈な支持を得たのか、本来ならアカデミー賞総ナメしてもおかしくない「アバター」を抑えて2009年度最多部門受賞。
    
【効能】仕事人間に漂う極度の緊張感を体感し良作を堪能した有意義な満足感を得る。常に死と隣り合わせのイラク駐留アメリカ軍の境遇に理解か深まる。
 
【副作用】アメリカ大国主義の保守層に支持された作品ゆえ、嬉々として観てしまうと米軍の侵略に加担したかのような罪悪感を感じる。
 全体に派手さが無く地味なつくりなので退屈する。延々と女性不在の男の世界が続くので気が滅入る。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。

月輪熊(ツキノワグマ) 近頃の現象[四百六十九]  

看護師襲ったクマ射殺

 福井県勝山市の福祉施設「野向の舎」で12日、出勤してきた女性看護師(56)がクマに襲われ重傷を負った事故で、同市職員らが13日朝、施設内に入ってクマを発見し、猟友会のメンバーが射殺した。(時事通信)
 
【雑感】結局、殺したか。
 
 捕獲に努めていたようだったが残念な結果だ。報道にもあるように、熊にとってドングリは高脂肪食品で、冬眠の準備に必要である。それが今年凶作だ。昨年は大豊作で、そのため個体数が増え、今年の凶作で人里大量出没の直接原因となっている。
 
 ワシントン条約の評価は知らないが、遠からずツキノワグマも絶滅危惧種となっていくだろう。かつては青森以南の日本本土全域に生息し、日本昔話などでも馴染みのあるポピュラーな熊だったが、我が郷里がある四国ではたぶん絶滅しているだろうし、九州でも半世紀ほど目撃されておらず事実上絶滅だ。
 中国地方や近畿地方の熊も壊滅に近い。生息密度が低いということは、交尾の機会が減少もしくは近親交配の可能性も高くなり、もはや絶滅を待つのみとなる。
 
 ところが最近まで熊が出たら猟友会がやってきて射殺である。近年は環境問題や動物愛護の絡みで捕獲努力がなされるようになってきたが、捕獲されても殆どは殺処分が待っている。
 80年代だったか、著名なエコロジストであり探検家でもあるC・Wニコル氏が日本の猟友会を批判していた。エコロジーに関心のある人間が殆どいない事を問題にしていた。
 
 私の親戚にも猟をする人がいるが、たしかに銃や猟犬の知識はすごく、アウトドアの生活力も抜群だが、環境問題に関心は無い。アウトドアが好きだからといって、熱心に環境保護運動をやるのかといえばそうとは限らない。
 というよりも、その逆かもしれない。私もかつてはサイクリストを気取ってチャリンコ旅行をよくやっていたが、旅先でであったアウトドア派の殆どは環境問題に興味もないし知識もない。私のほうがまだ詳しいくらいだ。逆に環境保護運動をやっている人はけっこう都会の人間でアウトドアには慣れていなかったりする。
 
 もちろん、猟友会も言い分があるだろう。私が猟友会の一員だったら、射殺への批判に対して次のように反論する。
 「動物園の熊は可愛いかも知れんけど、野生は猛獣やぞ。捕獲がどれだけ大変か、命かける仕事か、わかっとらん。麻酔銃で眠らせよだと、麻酔銃は技術もいるし、命中しても麻酔が効くまで時間がかかるんや。その間、わしらの命は凶暴になった熊の攻撃にさらされるんや。
 それでなくても、わしら猟友会は年寄りになってメンバーが少なくなって、県の駆除要請に対応できんようになってきているのに、そのうえで捕獲か。わしらに死ねいうんか。文句言うんやったらお前が率先して捕獲せんか!」
 
 猟友会とは別に文部科学省と国土交通省の合同で野生動物レスキュー隊を創設した方が良いのではないかと思う。だが今の財政難では無理だろなぁ。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
[ 2010/10/13 10:30 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)

「龍馬伝」(13) TVドラマ評[二十三] 

龍馬伝クランクアップ

 大河ドラマ「龍馬伝」(NHK)で坂本龍馬を演じている福山雅治さん(41)の撮影が11日、NHK放送センター(東京都渋谷区)で終了した。撮影終了後のセレモニーに福山さんは岩崎弥太郎役の香川照之さん(44)と笑顔で登場。「今しがた撮影が終わったけど今は終わったという感覚になれていないのが正直なところ。張り詰めた気持ちで過ごした1年だったと実感した。終わった瞬間はありがとうという気持ち」と話した。クランクアップまでは後1日残っており、この日は福山さんと香川さんの撮影が終了した。(まんたんウェブ)
 
【雑感】そうか、もうクランクアップか。寂しいなぁ。
 
 福山雅治氏が龍馬を演じる、と聞いたときは「はあ?」て感じで、愉快ではなかった。しかし始まってみると、なかなか大したものだった。時代劇嫌いの連れ合いにいたっては、龍馬は福山でなければ納得できない、とまで言い切った。
 
 最初こそ違和感があった。私の書斎には坂本龍馬の写真を壁に貼ってある。大相撲の大島親方にソックリの顔を毎日見ているわけで、福山氏が坂本家の家紋を染め抜いた黒紋付を着ているオープニングが納得できなかった。
 
 ところがである。本編を見ると今までの時代劇にはあまり無い映像、いかにもスタジオ撮影まるだし、生活感の無い幕末のロケセットではなかった。まるで幕末の写真がそのままカラー動画となって蘇ったような、時代の臭いを感じるような映像を観て認識を改めた。
 
 それから何度も指摘しているカツラである。たまたま昼休みにローカルTVで松平健氏の「暴れん坊将軍」を観るときがあるのだが、松平氏扮する吉宗の横顔アップになったとき、不自然に太くて長いもみ上げ、ノコギリの歯のように規則正しい生え際、カツラと頬を密着させるバンドエイドのような生地、これらがハッキリ見えるのである。この場面だけで私は感情移入がし辛くなってしまう。
 
 ところが「龍馬伝」では坂本龍馬をはじめ武市半平太や勝海舟など横顔アップどころか、汗で光る頬や耳のあたりをマクロで撮影する事も多々あるが、不自然さは全く無い。時代劇を見ているというより、幕末を舞台にした「現代劇」を観ているような錯覚を起こす。
 
 そして何より郷里を舞台にしているのが心地よい。若干力み気味ではあるが懐かしい土佐言葉、青春の活気に満ちたエピソードの数々、その「龍馬伝」がもうすぐ最終回だなんて、私は信じたくない。
 かつて「新選組!」があまりに評判が良かったため、五稜郭の土方歳三を主人公にした90分枠の続編ドラマを制作発表したことがあった。「龍馬伝」も是非スペシャルドラマを、いや、「ハゲタカ」のように映画化してほしいものだ。
 

 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
 

今日の晩御飯(24) 晴雨堂の晴耕雨読な食生活[六十] 

今日は秋刀魚の尾頭付き!
 
101011_1811~晩御飯.jpg
 
【雑感】さんまを漢字で書くと「秋刀魚」になるから、日本人にとって秋を感じさせる代表的な魚である。しかし秋刀魚の字をあてるようになったのは20世紀に入ってからで、以前は佐伊羅魚(さいら)と呼んでいたらしい。現在でも和歌山では「サイラ」と呼ぶところがあるそうな。
 どうして秋刀魚の字をあてるようになったのか、その経緯は知らない。全国の日本人がサンマが秋を代表する食材として認知するようになったからなのか?
 
 さて、私は秋刀魚や鰯のような青魚が好物である。我が郷里高知では鯖を酢でしめて鯖寿司という押し寿司をよくつくり、子供の頃は特に好物というわけではなかったが正月などの親戚がよく集まる席では大量に食べさせられた。
 中高生の頃になると青魚の脂が滋養になるという記事を本で知り、意識して好きになるよう努めてからは今では「好物」となってしまった。実際、回転寿司では鮪のトロなどには見向きもせず、青魚と貝類を選んで食べている。
 
 今日の晩御飯は秋らしく秋刀魚の塩焼きである。我家では焼魚には郷里で取れた酢橘の絞り汁をかける。他、焼き茄子に胡瓜の胡麻ダレ漬。写真には写っていないが、通常はこれに玄米飯と味噌汁とキムチがつく。
 季節感のある食卓は、食事をいっそう豊かに楽しくさせる効果があり、貧乏所帯を華やかにする。同じ食費でも、インスタントラーメンにコンビニ弁当で済ますより、遥かに飯を食った満足感があるのだ。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。

オバマ政権 近頃の現象[四百六十八] 

クリントン副大統領」案浮上? 
当事者否定も話題沸騰

 
 オバマ米大統領がヒラリー・クリントン国務長官を副大統領に起用するのでは――。11月の中間選挙が佳境を迎える中、米政界やマスコミでこんなうわさが飛び交っている。支持率が低迷するオバマ氏への強力なてこ入れ戦略となりうる。当事者たちは否定するが、大物記者が構想の存在を認め、話題が沸騰している。(朝日COM)
 
【雑感】ありそうな話だと思う。
 
 支持率低迷に苦しむオバマ大統領、アメリカの最大勢力になりつつあるヒスパニック系の低所得労働者の支持が弱い。クリントン長官の支持基盤はまさにヒスパニック系アメリカ人。オバマ氏の次を狙うクリントン氏にとっては国務長官よりも副大統領職の方が有利、そしてバイデン副大統領はもともと国務長官志望だったという。これらの異からにわかに現実味を帯びてきた噂だ。
 大統領選挙の頃からオバマ・クリントンのコンビでやるべき、との声はあった。オバマ政権の起死回生切り札として持っている可能性は大いにある。
 
 とはいえ、クリントン副大統領になっても対日政策に大きな変更は無い。またこの組み換えは日本の鳩菅政権と似たり寄ったりで私は白ける。
 アメリカ史上初女性大統領という可能性とて、共和党側にもアラスカ州知事をやった面白い女性候補がいる。
 
 オバマ政権はブッシュ前大統領らアメリカ保守派の暴走を食い止める安全装置ともいえるのだが・・。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
[ 2010/10/10 12:14 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)

「龍馬伝」(12) TVドラマ評[二十二] 

龍馬伝」最終章へ
 
【雑感】オープニングは今までのとはかなり趣を異にして、龍馬が風化して見える演出をとっている。第3シーズンでは溶岩流をイメージした背景に仁王立ちする龍馬を下から見上げるアングルで闘志満々の表情を捉えているのに対し、今回はアングルこそ変えていないが龍馬が何か色褪せ消えていくような雰囲気にも見える。暗殺へのカウントダウンを意識しているのか?
 
 衣装も変わった。脱藩するまでを描いた第1シーズンでは生家の裕福さを表しているのか小奇麗な格好、脱藩して海軍操練場に参加する第2シーズンではお馴染みの黒が色褪せ茶色になったようなボロの素浪人風袴姿、長崎亀山社中時代の第3シーズンでは紋付の古着風袴姿。第2と第3は昔から定着している坂本龍馬のイメージだろう。
 そして最終章第4シリーズでは黒紋付に仙台平の袴と小奇麗になっている。実際、現存している龍馬の写真には明らかに黒紋付の仙台平風の袴姿、いわゆる正装姿であり(些かくたびれているが)、時代劇でお馴染みの茶色く色が剥げた素浪人の風体ではない。郷里高知に坂本龍馬の蝋人形を展示している龍馬歴史館も素浪人体の龍馬では無く黒紋付袴スタイルにしているが、本作の大河ドラマでもそれを採用した。
 
 「馬関の奇跡」はTVドラマの限界なのか? 悪く言えば手抜き、好意的に言えばファンタジーぽく描いていて、今までがリアル風味幕末だっただけに拍子抜けしてしまう演出だった。
 高杉晋作が三味線もって白兵戦・・、なんて言って良いのやら・・。
「坂の上の雲」での海戦シーンはかなり生々しい描写だったので、TVドラマだからできないという訳ではないと思うのだが。
 
 清風亭会談は特集番組の再現ドラマなどでは、ごく普通に和気藹々と時代劇的に一献酌み交わす程度の描写が多いのだが、本作では時代劇というよりハードボイルドタッチでカッコイイ。これはワクワク・ドキドキものだ。
 蒼井優氏扮するお元、史実でもこの会談に立ち会った人物として知られているが、彼女の興奮した表情が素敵だ。かつては単なるおめでたいボンボンのお侍と思っていた龍馬が、本当に何かやってくれる凄い人なのだ、と興奮する表情、良いね。後に起こる「いろは丸沈没事件」では、坂本龍馬は世論操作のために紀州藩を非難する歌を流行らせるが、蒼井お元も一役かうのだろうか? 楽しみだ。
 

 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。

ノーベル平和賞 近頃の現象[四百六十七] 

釈放要求に徹底対抗へ 
劉氏の平和賞、欧米が圧力―中国

 
 中国の獄中にいる民主活動家、劉暁波氏(54)へのノーベル平和賞授与決定を受け、オバマ米大統領をはじめ、フランスやドイツなどが劉氏の早期釈放を相次いで求めた。民主化・人権問題で対中包囲網を形成しようとする欧米諸国に対し、中国は「内政干渉」と取り合わぬ姿勢を示し、徹底的に対抗する構えだ。(時事通信)
 
【雑感】このシチュエーションを日本政府に当てはめれば、重信房子にノーベル平和賞を与えるようなもの、といえば中国政府の困惑と反発が理解できよう。中国政府にとっては劉暁波氏は動乱分子でしかない。
 
 他のノーベル賞も程度の差はあれ欧米諸国の政治的・経済的利害が反映される。が、少なくとも科学者としての具体的能力と研究成果は問われる。
 ところがノーベル平和賞だけはストレートに欧米諸国の政治的思惑が出る。それにしても、今回の平和賞はかなり露骨だなぁ。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
[ 2010/10/09 14:03 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)

ノーベル化学賞は日本のお家芸、しかし・・。 近頃の現象[四百六十六] 

日本の2人にノーベル賞、受賞者は18人に
 
 日本時間6日、今年のノーベル化学賞に、北海道大学の鈴木章名誉教授(80)とアメリカ・パデュー大学の根岸英一教授(75)が選ばれた。今回の受賞で日本のノーベル賞受賞者は18人となり、化学賞では08年の下村脩さんらに続く7人目。
 有機化学が専門の鈴木氏は、81年にパラジウムなどの金属を使って化合物を結びつける「鈴木カップリング」と呼ばれる画期的な手法を発表したことが評価された。
 根岸氏も有機化学が専門で、金属を利用した「根岸カップリング」と呼ばれる化合物の合成方法をいくつも開発した。
 鈴木氏や根岸氏が発見した方法によって、医薬品や液晶テレビなどに使われる化合物を効率良く作る能力は飛躍的に高まった。(日本テレビ系)

 
【雑感】不景気風邪が続く日本にとって久々の朗報だ。しかし、忘れてはならないのは鈴木章氏も根岸英一氏も、現在の日本の教育体制で学び研究した成果ではなく、戦後まもない頃に高校大学時代をおくり高度経済成長から70年代初期に行ってきた研究が今になってノーベル賞として評価された。日本が今後も化学の分野で存在感を発揮できるとは限らない。
 
 というより、慢性的な財政難から現政権は科学技術への投資も諦めた格好になっている。若者の理数離れも進んでいる。鳩山由紀夫前首相や菅直人首相は理数系出身ゆえこの分野の重要性は解っているはずなのに、もはや目先の事で精一杯の状況に見える。
 
 そういえば、私はギリシア・ローマ時代が好きで塩野七生氏の「ローマ人の物語」をよく読んだ。判り易い文章でローマへの興味を盛り上げてくれる演出にはワクワクした。その「ローマ人の物語」にある「迷走する帝国」という巻がある。3世紀のローマ帝国は次から次へと襲い掛かる危機を乗り越えるために、その場しのぎの政策を乱発してローマ人らしさを失い国全体が衰亡してしまう。
 
 現代の日本は急速に日本人らしさが失われていく時代に入っているかもしれない。農業の後継者不足、職人を支えていた中小企業の崩壊、地域コミュニティを支えていた商店街の崩壊、安易なゆとり教育と教師の権限抑制(それだけが原因ではないが)による学級崩壊、人権の曲解によるモラルの低下、戦後復興を支えた終身雇用制の崩壊、労働運動への過度の弾圧と組合組織の硬直化による組織力低下と派遣切りに代表される雇用不安。
 
 日本人の良さと思われていた要素が次々と崩壊していく。新たな良さが構築できれば良いのだが、今は迷走状態だ。
 
 そんな日本でも、いまだに海外でも揺ぎ無い存在感を誇っている業界は何かといえば、漫画アニメとポルノ(AVも含む)である。しかしこれも風前の灯だ。
 他の業界は規制緩和という名の下に法的安全装置を次々と解除することによって崩壊していったのに対し、この業界は東京都の漫画規制条例案のように規制強化によって今まで合法だったのが非合法にされて萎縮を招く。
 表現者にとって必要なのは「読者」「需要」である。たとえ少ない需要であっても世間のバッシングがあっても、熱心に支持してくれるファンがいれば良い、国家や世間や権威が発給する賞の類はあまり重要ではない。そもそも草の根で広がった業界なので、本来なら博物館・美術館・大学・専門学校も特に大事ではない。分野が違えど鈴木章名誉教授は、嬉々として勉学に励んだだけで特別に塾へ通ったり留学した訳ではないのだ。
 一番良いのは、放っておいてくれる事である。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
[ 2010/10/07 10:18 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)

金妍兒(8) フィギュアスケート[四十九] 

金妍児の新コーチはクワンの義兄 
ツーショット初公開


 バンクーバー五輪フィギュア女子シングルの金メダリスト、金妍児(韓国、キム・ヨナ)は5日、新たにコーチとして契約したピーター・オペガード氏(51)との練習を公開した。金メダルに導いたブライアン・オーサー氏とは今年8月に契約を解除し、韓国では新コーチをめぐって注目を集めていた。(産経新聞)
 
【雑感】ほぼ時期を同じくして金妍兒選手も新しいコーチを発表したか。以前、インタビューで真央ちゃんは語った。「金妍兒選手とは歳も同じ、生まれ月も同じ、家族構成も同じ、運命なのかなぁ」

 同じ時期に新たなコーチというのは真央妍兒の運命を感じるが人選は対照的だ。真央ちゃんは日本人コーチを選び、妍兒ちゃんは欧米人を選んだ。
 2年ほど前だったか、真央ちゃんが外国人記者たちのインタビューを受けたとき、英語の聞き取りが不得手なのかキョトンとしているのに対し、妍兒ちゃんは流暢な英語で即答する場面があった。この英語力の問題も人選に影響しているのだろうか?
 あるいは韓国にはまだ信頼できるコーチがいないのか?
 
 ピーター・オペガード氏はミシェル・クワン選手の姉と結婚しているので、いわばアメリカのアジア系フィギュアスケートの女王の義兄という事になる。妍兒ちゃんが練習拠点をアメリカに移すということは、東アジア系アメリカ人選手たちの良い刺激になるかもしれないし、同時に日本にとっては脅威の勢力になるかな?
 
 コーチとのツーショット映像が公開されたが、見た目にはさほど噂で流れているような激太りには見えなかった。もっとも真央ちゃんや他の選手もそうだが、練習着は縮小色の黒が多いので。実際より細く見える事もあるだろう。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。

了法寺 近頃の現象[四百六十五] 

萌え寺のテーマソングが
ダウンロードランキング1位に!
これからは仏教が熱い!?萌え仏像も準備中


 萌え看板の設置や境内でのメイド喫茶開店で「萌え寺」として知られる了法寺のテーマソング「寺ズッキュン!愛の了法寺」が、アニメ専門チャンネル「アニマックス」の携帯公式サイトのダウンロードランキングで1位を獲得して話題になっている。他の楽曲も軒並み上位をキープしており、これからは萌えによるお寺の新時代が到来……するのか!?(シネマトゥデイ)
 
【雑感】良き事だと私は素直に思うし、中里勝孝住職の英断を全面的に支持する。
 
 たしか、お米もパッケージをアニメチックに萌え系デザインにしたところ、売り上げが激増して話題になったとか。
 友人たちから聞いた話では、カナダやヨーロッパでは「日本語」がオタクの世界共通語のようなものになっていて、秋葉原やコミックマーケット(コミケ)に参加するために勉強しているとか。
 最近封切られた「バイオハザード4」にしてもそうだが、日本のオタク文化をベースにしたり、あるいは取り入れたり、あるいは明らかに影響を受けた欧米の映画が増えている。
 
 日本のとりえだった勤勉・器用・団結で作り上げた平均点の高い大量生産の工業製品で世界に冠たる経済国にのし上がったが、今や不景気と政府の無神経さで日本の良さを支えていた中小企業や職人たちが疲弊壊滅へと向かい、韓国や中国に取って代わる時勢となっている。

 オタク文化は日本に残された最後の砦かもしれない。前後左右上下の相関関係を考えず短兵急な規制法案をつくられると、最後の砦も韓国や中国にとられてしまう可能性も無きにしもあらずだ。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
[ 2010/10/06 07:05 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)

「シャーロック・ホームズ」 ストレス解消活劇〔74〕 

シャーロック・ホームズ」 
アメリカン・パロディのホームズ。

 
 
  
【原題】SHERLOCK HOLMES
【公開年】2009年  【制作国】亜米利加  【時間】129分  
【監督】ガイ・リッチー
【原作】
【音楽】ハンス・ジマー
【脚本】 マイケル・ロバート・ジョンソン 、アンソニー・ペッカム 、サイモン・キンバーグ
【出演】ロバート・ダウニー・Jrシャーロック・ホームズ)  ジュード・ロウ(ジョン・ワトソン)  レイチェル・マクアダムス(アイリーン・アドラー)  マーク・ストロング(ブラックウッド卿)  ケリー・ライリー(メアリー)  エディ・マーサン(レストレード警部)  ジェームズ・フォックス(-)  ハンス・マシソン(-)  ウィリアム・ホープ(-)  ブロナー・ギャラガー(-)  ジェラルディン・ジェームズ(-)  ロバート・メイレット(-)  
         
【成分】笑える 楽しい パニック 不気味 勇敢 セクシー コミカル シャーロック・ホームズ 1890年代 イングランド 
       
【特徴】ハリウッドが制作したシャーロック・ホームズ
概ね原作の設定には忠実だが、ハリウッドらしいデフォルメ、やや不潔感・無精感が強調され過ぎている。ワトソンだけはワトソンらしい。
 
 原作では唯一ホームズを手玉に取った高貴な知能犯アイリーン・アドラーを「ルパン三世」に登場する峰不二子のように描いている。
   
【効能】冒険活劇にワクワクドキドキ。
 
【副作用】不潔でくたびれたホームズに幻滅。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。

浅田真央(18) フィギュアスケート[四十八] 

フィギュア 浅田、20代初戦は散々な内容

 演技を終えて得点を待つ間、浅田は場内の大型スクリーンに自らの姿が映し出されると「ごめんなさい」と頭を下げた。6つのジャンプで転倒、回転不足などミスが続き、先月25日に20歳になって迎えた舞台は「厳しかった」。(産経新聞)
 
【雑感】大会には優勝したが、本人にとっては赤面するくらいバツの悪い結果、大型スクリーンに映る自分の姿は恥ずかしいだろうし、思わず観客に対して謝った。
 
 前コーチのタラソワ氏の時もそうだったが、コーチやプログラムが変わるとこれほどまでに調子狂うとは。
 
 不調が長引けば、並の選手であれば選手本人のふがいなさに帰する事ができるが、世界のフィギュアスケートを5年間も引っ張り、グランプリやオリンピックで韓国の金姸兒選手と頂上争いをし続けた逸材だけに、どんな名コーチでも「世界の至宝を台無しにした」ともろに指導力が批判されることになる。
 
 モロゾフ氏とミキティの場合は、殆どパートナーといっても良いくらい信頼関係があり、バッシングやゴシップに叩かれても練習拠点を海外に移して日本の「世間」から遠ざかり、最終的にグランプリやオリンピックでそれなりの成果をあげた。
 
 この厳しいスタートは真央ちゃんだけでない、佐藤信夫コーチにとっても厳しい出発である。
 
 ところで、一方の金姸兒選手も20歳になった訳だが、ネット上で激太り情報が飛び交っている。たしかに流布されている写真は些か二重顎ぽくなっていて、オリンピックのときより肥えた感じに見えるが・・。
  

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。

金正恩(キム・ジョンウン) 近頃の現象[四百六十四] 

金総書記後継者の三男、
漢字表記は「正恩」氏

 
 北朝鮮の朝鮮中央通信は1日、朝鮮通信(東京)を通じて金正日(キム・ジョンイル)総書記の三男の漢字表記について「金正恩キム・ジョンウン)」だと明らかにした。三男の氏名は先月27日付の人民軍指揮官人事で大将に任命された際に初めて北朝鮮の公式報道に登場。それを受けて朝鮮通信が漢字表記を問い合わせていた。(毎日新聞)
 
【雑感】むかし韓国の新聞を見たときの印象は、ひらがながハングルに変わっただけで全く日本の新聞と同じだった。レイアウトも同じなので読みやすい。韓国語を解さなくても、漢字を拾って読めば大体の意味が解る。
 逆に韓国側も同じことがいえるので、軍事政権と闘った民主化運動の活動家やジャーナリストたちは日本の朝日新聞を同じように漢字を拾い読みしていたそうである。さらに思春期を日本統治時代におくった人々は日本語を解せるので不自由なく読める。
 
 ところが朴政権が70年代初頭より漢字を排斥する政策をとるようになってきたため、次第に漢字の使用率が減ってきた。街の看板はハングル一色になり、新聞も80年代には見出しにだけ漢字がはいる状態、さらに漢字を完全に一掃し欧米と同じ横書きの「ハンギョレ新聞」が成功をおさめると、各紙もそれにならった。今では漢字の使用率は驚くほど少ないし、読み書きできる人も日本語や中国語を習っている人ぐらいだろう。
 10年ほど前だったか、観光に訪れた韓国の青年が難波駅地下で迷っていたので道を教えてやったことがある。別れ際、自己紹介に彼は漢字で自分の名前を紙に書いてくれたのだが、まるで欧米人が書いたような下手糞な漢字だった。普段は全く書かないのだろう。
 
 さて、北朝鮮では先代の金日成政権で朝鮮文から漢字を一掃した。隣国中国との関わりから漢字教育自体は廃止していないが、もはや「外国語の文字」としての教育だ。僅かながら今でもハングルに漢字を混ぜている韓国よりも徹底している。だから漢字表記が判らない北朝鮮の人名は多い。
 ところが、意外にも北朝鮮は漢字語から名前をつける伝統は今でも守り続けている。だから漢字表記は問い合わせれば判る場合がある。韓国のほうが漢字表記できない名前が増えている。これはどういうことかというと、日本でも「蔵人(クロード)」「恵理華(エリカ)」といった具合に欧米風の名前を強引に漢字で当てて付けているのが一部で流行っているが、韓国でも漢語にこだわらずに名前をつけるようになった。
 
 正恩ジョンウン)はけっこう伝統的な名前だ。父親から「正」の字をもらうところなど、日本では殆ど廃れてしまった風習だ。
 名前ぐらいなら伝統文化を守っても良いのだが、封建主義と闘ってきたはずの社会主義国で3代にわたる権力の世襲というのは奇怪である。 
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
[ 2010/10/02 07:32 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)

「人間失格」 青春回帰 

人間失格」 
ジャニーズ映画の限界を利用した佳作。

 
 
  
【原題】
【公開年】2009年  【制作国】日本  【時間】139分  【監督】荒戸源次郎
【原作】太宰治
【音楽】中島ノブユキ
【脚本】浦沢義雄 鈴木棟也
【出演】生田斗真(大庭葉藏)  伊勢谷友介(堀木正雄)  寺島しのぶ(常子)  石原さとみ(良子)  小池栄子(静子)  坂井真紀(礼子)  森田剛(中原中也)  石橋蓮司(平目)  室井滋(寿)  大楠道代(律子)  三田佳子(鉄)  
         
【成分】不思議 不気味 知的 絶望的 切ない 太宰治 
       
【特徴】
   
【効能】
 
【副作用】
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。
[ 2010/10/01 20:05 ] 映画・・青春回帰 | TB(2) | CM(1)
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
170位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
84位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク