FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。
月別アーカイブ  [ 2011年02月 ] 
≪前月 |  2011年02月  | 翌月≫

槇尾川ダム 近頃の現象[五百六十一] 

槙尾川ダム建設中止
「納得できない」住民らの怒り爆発

 
 「これまでの30年をなんと思っているのか。納得できない」。大阪府の橋下徹知事が槙尾川ダムの建設中止を決めた15日、知事方針を伝える府幹部らに、ダム建設を求めてきた住民らは怒りを爆発させ、説明会は深夜に及んだ。一方、橋下知事はこの日は現地入りせず、報道陣に「住民の意志も尊重しなければいけないが、地元住民(の思い)だけで府政は動かせない」と述べた。(産経新聞)
 
【雑感】産経新聞らしい「事実」の拾い方だ。まるで地域住民全体が推進してきたかのような表現である。この手の問題には必ず反対派もいて、これらの声は伝統的に朝日や毎日が拾い上げる事が多い。
 
 私は十数年前に友人の誘いで槙尾川ダム反対運動を展開している地元市民が主催するシンポジウムに顔を出した事がある。チラシに書かれたキャッチフレーズは「ダムはムダ」、なかなか音韻が良い。そこで興味深い話を聞いた。「建設省(現国土交通省)のデータは帳尻あわせでいい加減。治水効果どころか、逆に水害を倍化させる危険すらある」
 つまり彼ら彼女たちの言い分は、一見すると治水のためにダムを造る、水害から住民を守るためにダムを造る体だが、実は土建業界を食わせるために工事できるターゲットを常に狙っていて、今回は槙尾川という「小川」が標的にされ、洪水が起こった際のデータや治水効果のデータは工事を推進させるために作り上げた数字に過ぎないとのこと。
 
 こないだの押尾裁判で、薬物中毒の女性を見殺しにしたのか助ける努力をしたのかを見極める重要な要素として救急車を呼ぶのが遅いか早いかの議論になったとき、検察側は救急隊を要請してから到着するまでの最短最速の例を挙げ、弁護側は平均時間をあげた。それと同じだろう。
 
 槙尾川ダム建設の根拠となったデータの真偽は別として、ダム建設反対運動もかなり進化した印象を受けた。従来なら建設推進VS自然保護、「治水のために仕方がない」と「貴重な動植物の宝庫が水没する」の対立だった。しかしそれだと「水害が発生したとき多くの住民が犠牲になる。住民の命が最優先だ」と言われたら、自然保護派は説得力を失う。
 ところが今のダム反対運動は建設する側のデータの「虚偽」を暴き、ダムを建設することによって逆に災害がどれだけ増大するかのデータを提示する。ダムを推進しなければならない根拠を潰す戦術をとるようになったのだ。この効果は絶大で、日本各地の反対運動で効果を挙げるようになった。今はどうかは判らないが、当時のプレゼン担当役人は事務的にデータを読み上げることしか考えなかったようなので、反対運動側の追及に反論できない一幕もみられたようである。徳島の旧木頭村でのダム建設阻止はその成功例だろう。
 
 反対住民側は、治水は方便で土建屋を食わせるのがダム建設の目的、それに騙されてはいけない、と訴える。それでもまだ経済という切り札が土建屋にはあった。私の身内や知人に土建屋がいるので判るのだが、土木建築は多岐にわたる業種と関連している、公共事業は長期に安定した雇用と内需を生むため、中止をすれば地域経済に与える損失は甚大になる。
 しかしこれも国家から地方自治体にいたる赤字財政で説得力を失いつつある。土建で経済悪化を多少は食い止めることができるが、もはや経済成長を支える産業ではなくなった。むしろ公共事業による血税の支出のほうが痛くなっている。日本経済にとって土建は覚醒剤のような物、とこきおろす者も少なくない。
 
 私は橋下徹知事の決断は英断だと思う。左に流されずに朝鮮学校無料化には慎重姿勢をとり、橋梁工事のために強制執行で保育園の芋畑を潰したかと思えば、今度は右に流されずに槙尾川ダム建設を中止した。良い悪いは別にして彼なりにブレない政治姿勢を貫いている。
 菅直人首相もせめて格好だけは橋下的に振舞ってもらいたいものだ。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
[ 2011/02/16 11:21 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)

吉野家の牛丼 晴雨堂の晴耕雨読な食生活[八十三] 

連れ合いと初めて牛丼屋に入る。

110111_吉野家牛丼.jpg

【雑感】自然派嗜好の連れ合いは頻繁に外食はしない。学生時代のクラブの同窓会で食事するか、極たまに珈琲館などで珈琲を飲むか。とにかく年に数えるほど。もちろん吉野家になど入った事がない。

 たまたま二人とも各々の仕事関係で難波に用事があったので、帰りに待ち合わせて飯を食べる事にする。
 最初はラーメン屋にするつもりだったが、このところ家計が苦しいので、二人合わせて千円札一枚で食えるところを選ぶ。結果、吉野家となる。

 連れ合いは初めてなのでたどたどしい注文の仕方、大してメニューがないのに選ぶのに戸惑う。初めてなのだからメインの牛丼を迷わず注文すれば良いのに。
 私は安い牛鍋丼の大盛、連れ合いは結局牛丼並とけんちん汁のセットにした。

 いつものように、肉にまんべんなく七味を振りかけ、紅生姜を一面に敷き詰めると、急に連れ合いの顔が真っ赤になり般若の形相になった。「せっかくの牛丼を台無しにしている」「店の人に失礼や」「もう二度と一緒に食べに行かん」
 私も世間一般の食べ方にしようかと迷ったが、いつもと違うことを行うことで事故に巻き込まれたりと不運なことが起こっても嫌だ。私は習慣を曲げない。吉野家を使い切る食べ方を厳守する。そもそも私がどういう食べ方をしているのか、連れ合いも知っているはず、こういう食べ方をする人の横で食事をすることは最初から覚悟の上のはず、と私は自分自身に言い聞かせて「信念」を通すのであった。
 
 連れ合いにとっては忘れられないバレンタインデーとなっただろう。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。

エリザベス・テイラー 近頃の現象[五百六十] 

78歳のエリザベス・テイラー
うっ血性心不全で入院 一切の手術を拒否

 
 78歳のエリザベス・テイラーが、うっ血性心不全のため今週初めに入院していたことが明らかになった。

 スポークスマンによると、症状は現在も続いており、病院で治療を受け、経過を見るために入院を続けているとのこと。エリザベスは2009年10月に同じ症状を治療するために心臓手術を受けている。病気がちな彼女は脳腫瘍の手術の後に脳梗塞を起こしたことがあるほか、皮膚がん、肺炎などでも入院。過去25年間で100回以上病院を訪れているという。現在も脊柱側わん症を患っており、慢性的な首の痛みに耐え、車椅子生活を送っているが、病院で過ごす日々が多すぎるため、今後は一切の手術を拒否していると報じられている。(シネマトゥデイ)

 
【雑感】憧れの名優たちが次々と老境に入るというのは少し寂しい。少し寂しい、といったのは、必ずしも寂しいだけではない場合もあるからだ。

 たとえば、リリアン・ギッシュ氏、学生時代に彼女の主演作「散り行く花」を観た時、恐ろしく古いモノクロのサイレント映画の美少女、もう存命ではないと思っていたら、「八月の鯨」で現役の主演を務めていた。なぜかホッと安堵するとともに憧れの女性と数十年ぶりに再会したような感動をおぼえた。
 宝塚の美女にして「ガス人間一号」のヒロイン八千草薫氏、彼女も清楚な少女のイメージを残したまま元気なお婆さんになって「皇潤」のCMに出演している。なぜか安堵する。
 
 由美かおる氏のように、還暦になっても釈由美子氏に張り合える若々しいプロポーションを維持するなんて超人技をこなす必要はない。マドンナのように50を過ぎても妖艶な筋肉美女であり続ける必要もない。
 せめて、健康なお婆ちゃんでいろよ。もう余命わずかと思われながら四半世紀も活躍しているというのも、凄いけど。
 
 エリザベス・テイラー氏の出演作といえば、私は「名犬ラッシー」の活発な令嬢が一番いいなぁ。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
[ 2011/02/13 16:37 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)

風呂の効能 晴雨堂の晴耕雨読な日常[四十九] 

若い頃は不潔だった。
 
110213_1134~残雪.jpg
2日前の雪は殆ど溶けてしまったが、まだ残雪がある。
  
【雑感】こないだ近年の大阪では珍しく積雪があった。あれから2日たったが日が当たらない陰の部分はまだ白い雪が残っている。このような寒い日に入る風呂は格別である。
 
 ところが若い頃の私は風呂にあまり入らなかった。中世ヨーロッパ人ほどではなく、夏場は汗をかいて気持ち悪いので週に2回程度はシャワーを浴びていたが、冬場になるとあまり汗をかかないせいか風呂に入る気が起きず、月に数えるほどしかなかった。久しぶりに入って、垢や頭皮の脂を落としてサッパリするのが快感だった。
 けっして風呂嫌いという訳ではなく、単純に面倒臭いというだけで風呂に入らなかったのだ。食事は摂らないと腹がすくし、睡眠を疎かにすると体調が悪く頭がよく回らないが、風呂は別に入らなくても問題は無いように思えた。
 私は髭が薄く地が色白なので不潔に見えにくいという利点もあった。頭髪が頭皮の脂で汚れていても、ポマードなどの整髪料を使っていると思われたほどだ。また仕事も営業職ではなく汚れることを前提にした製造業だったから余計に気を遣わなかった。別段、人付き合いが少ないという訳でもなく、むしろ様々な活動に顔を出していたから人並み以上の社交性だった。女の子から嫌われていた訳でもなかった。(単に自分が気がついていないのでは、と指摘されることもある)
 
 転機は30代半ば、突然身体中に痒みが襲う。部屋の掃除もズボラだったから虫が繁殖したのでは、と慌てて掃除機をかけたり、風呂で身体を洗うようになった。頭皮の荒れも顕著になり、風呂には入らなくても洗面所で頭だけは洗うようになった。
 今にしてみれば、痒みは身体の抵抗力が落ちたことが原因だったかもしれない。ダニやノミくらいなら以前から棲息していた。
 
 今の連れ合いと付き合うようになったのがこの頃だったが、彼女が温泉好きで、よくデートに温泉を利用したことも大きい。
 それまで私は進んで温泉に入るようなことはしなかった。チャリンコ旅行のときも、せっかく無数の湯煙がたつ大分や別府を訪れても銭が惜しくて入らなかった。公園の冷たい水道水で身体を洗う程度で済ませた。(余談1)
 連れ合いの影響で、かつては身体を洗うことだけが目的の烏の行水的入浴が、少なくとも半時間程度の入浴になり、温泉も何度か休憩を入れて少なくとも1時間以上は入るようになった。何より毎日の入浴になったことが大きい。
 
 30代前半ごろから痔にも悩まされるようになったが、温泉や入浴のおかげで症状が緩和されていることに気がついた。相変わらず書斎は汚いが、全身に痒みが襲うことも無くなった。なにより、冬場になると必ず流感にかかって仕事を数日休むことが年中行事のようにあったが、入浴の習慣を導入するだけで劇的に流感にかかることも少なくなった。内臓の働きが正常化されて体温が高めになり末端の冷えがなくなって、連れ合いからは人間湯たんぽと称されるようになった。
 
 身体を温めることとリラックスすることは、免疫力を高めて疾病に罹りにくい身体をつくるのに効果的との話があるが、私はそれを実体験として理解している。
  
(余談1)チャリンコ旅行中は逆にこまめに身体を洗った。親切な人に出会ったら、食べ物とお金を恵んでもらう魂胆があったので、第一印象を良くするために身奇麗にする必要があった。小学校や中学校のグランドの流しを無断で使って衣服の洗濯などもやっていた。洗濯物はチャリンコに取り付けて走っている間に乾かした。
 
晴雨堂関連作品推薦
こころの湯 [DVD] 張揚
テルマエ・ロマエ 通常盤 [DVD] 阿部寛主演
 
晴雨堂関連記事案内
「こころの湯」 家族と一緒に癒されよう
「テルマエ・ロマエ」 カップルで愉快になろう〔11〕
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。

半井小絵(2) 近頃の現象[五百五十九] 

半井小絵と山本モナ、
共通点は新宿2丁目で“乱行”?

 
 人気お天気キャスター、半井小絵さん(38)が週刊文春で不倫疑惑を報じられた9日夜、いつも通りにNHK「ニュース7」の天気コーナーに登場した。

 声色に変化はうかがえなかったが、目がいつもより腫れぼったく、左目がうるんでいたのが、ネットでも話題になった。
 自身を突然襲ったスキャンダル前線については、事務所を通じて「不倫」を全面否定した半井さん。しかし、大リーグの建山義紀投手(35)らが複数参加した食事の席で腕を組むなど誤解を招く行動があったことは、反省しているという。
 「38歳のイイ大人なんだから、目くじらたてるほどのことじゃない」と擁護するのは、キャスターらと“飲み会”の経験があるテレビ関係者。
 兵庫県生まれの半井さんは、関西学院大から日本銀行に入り、気象予報士の資格を得て、日本気象協会に転職。2004年から「ニュース7」に登場した異色のキャリア。だが、もともと酒が入ると、関西系の奔放な顔がのぞくのだという。
 「以前は新宿2丁目に通う姿もみられました。酔うと軽く関西弁のアクセントを出して、フェロモンたっぷりですよ。お天気キャスター仲間の会合でもよく飲んでましたが、『半井は意外にエロいよね』って男どもは、みんなデレデレで…」(テレビ関係者)
 2丁目といえば、“疑惑”ではなく本物の不倫で注目を浴びた局アナ出身のタレント、山本モナ(34)の根城でもあった。モナ同様、ちょっとハメを外しすぎたか。(夕刊フジ)

 
【雑感】半井氏を擁護する気は全く無いのだが、ちっくと聞き捨てならない記事だな。
  
 関西弁がいったいどうしたのか? プライベートでしかも酒が入れば地の言葉くらい出て当然である。出たらあかんのか? 38歳の独身女性なら生物学的に閉経前だからフェロモンが出てもしゃーないやろ。閉経前に子供をつくろうという本能が動くからフェロモンは自然と滲み出る。
 当たり前のことを何で乱行であるかのように書き立てるんや? なぜここで関西系を強調するのか? 気に入らん。それでなくとも、私は若い頃に関東系の複数の人間から「大阪の人はヤクザかお笑いの人ばっかりだと思っちゃった」と言われて思わず激怒して怒鳴った体験があるんや。関西人をナメとんのか。
 
 これがもし場末の男性タレントが女性を口説いているシチュエーションなら、記事にはならなかっただろう。それだけの話や。この程度で乱行だったら、多くの男性たちは酒池肉林だろう。私も景気の良い時は顔馴染みのホステスとドイツレストランで食事して「同伴出勤」と洒落込んだ。一部のフェミニストはそれすらも「売春買春と同じ」と非難しよる。

 半井小絵氏が、東京の人間ではなく関西の人間で、東大や早慶ではなく関西学院だから、新卒入職ではなく中途入職だから、そして男ではなく女だから、記事にされただけや。同様の経歴の男性なら問題にはならない。
 男社会を攻撃する材料を常に物色しているフェミニストを狂喜するような下手な記事書きよってからに。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
[ 2011/02/12 06:56 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)

「バイオハザード IV アフターライフ」 ストレス解消活劇〔75〕 

バイオハザード IV アフターライフ」 
冒頭で中島美嘉がアンデットに!

 
 
  
【原題】RESIDENT EVIL: AFTERLIFE
【公開年】2010年  【制作国】亜米利加  【時間】97分  
【監督】ポール・W・S・アンダーソン
【原作】
【音楽】トムアンドアンディ
【脚本】ポール・W・S・アンダーソン
【言語】イングランド語 一部日本語
【出演】ミラ・ジョヴォヴィッチ(アリス)  アリ・ラーター(クレア・レッドフィールド)  キム・コーツ(ベネット)  ショーン・ロバーツ(アルバート・ウェスカー)  セルヒオ・ペリス=メンチェータ(エンジェル・オーティス)  スペンサー・ロック(Kマート)  ボリス・コジョー(ルーサー・ウェスト)  ウェントワース・ミラー(クリス・レッドフィールド)  シエンナ・ギロリー(ジル・バレンタイン)  ケイシー・バーンフィールド(-)  フルヴィオ・セセラ(-)  中島美嘉(-)
  
【成分】スペクタクル 勇敢 知的 絶望的 セクシー アンデット 終末 かっこいい 女闘美 SF
                
【特徴】バイオハザード」シリーズ4作目。
 作中冒頭の舞台はなんと東京、中島美嘉氏がアンデッドに豹変する少女役で出演。
    
【効能】美しい女闘美にスカッと爽やか萌え!
 
【副作用】ボスキャラのしぶとさにイラ。5作目制作を宣言するラストでイラ。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。

エジプト・ムバラク政権 近頃の現象[五百五十八] 

ムバラク大統領を支持=エジプト軍
 
 エジプト軍最高評議会は11日、即時辞任を拒否しているムバラク大統領の民主化への取り組みを支持する声明を発表した。また、適切な時期の非常事態宣言解除や憲法改正を保証すると宣言した。(時事通信)
 
【雑感】今朝、起床してTVをつけると、ムバラク大統領が重大な演説を始め広場に集まった市民から大歓声が湧き起こったとのニュースが流れた。ついにムバラクは辞任を決意したか?
 
 しかし演説は従来の彼の主張を繰り返すだけとなった。9月には自由な選挙で大統領が選ばれる。それまでは現職に留まるが、しかし大統領権限はスレイマン副大統領に委譲すると宣言。大統領にしてみれば、職には留まるが権限は手放すと今までより民衆側へ一歩踏み込んで譲歩したつもりだろうが、民衆にとってはふざけたフェイントのオチにしか聞こえない。怒りは増幅されるだろう。
 
 そんなムバラク大統領に軍が支持を表明した。これは興味深い。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
[ 2011/02/11 20:20 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)

雪化粧 晴雨堂の晴耕雨読な日常[四十八] 

今年の雪景色
 
110211_0755~雪化粧.jpg
 
【雑感】朝、外を見ると雪が積もっていた。積雪は3㎝程度だろうか。団地の公園の桜が白くなって樹氷もどきになっている。(もちろん、本物の樹氷の形状は観たことがあるので知っている)

 雪国の人たちにとって雪は忌まわしきものだろうが、大阪にとっては多少鬱陶しいけど物珍しくて風情を感じる。特に今日みたいな祭日なら愉快になる。なにしろもともと降水量が少なく温暖化のおかげで雪が降る光景でも年に2・3回、雪景色ともなれば年に1回あるかないかの状態になっているので、貴重である。

 既に8時になろうとしているのに、祝日なのか外を歩く者はおらず、足跡の無い真っ白な雪化粧だ。この桜の木下は野良猫の集会場でもある。果たして、このような天候ではどこで身を潜めているのか? 猫オバサン・猫オジサンの家に匿われているのか? あるいは公園の植え込みの中に避難して雪や風を防いでいるのか?

 10時を過ぎると子供たちが雪化粧に足跡をつけるため出てきた。雪ダルマをつくったり、公園のベンチに積もった雪を掴んだり掃ったりして感触を楽しんでいる。しかし、外に出る子供たちの数が少ない、数人程度だ。いくら少子化でもうちの団地はそこそこ多いのだが。雪を見て遊び心に火がつくことは無いのか。私が子供の頃だったら、30人くらいは外に出てあちこちで雪合戦となるのだが。
 

 今朝の朝御飯は、外の雪を観ながらレタスと玉葱のサラダにトーストである。辛子マヨネーズがあるので、即席にサンドイッチみたいにして食べるとなかなか美味い。
 110211_0858~朝御飯.jpg
 
 それにしてもよく降る。いま11時をまわっているが、降りが衰えていない。6時間以上降り続けているのではないか。屋根や停車中の車には5cm以上積もっている。幸いにも風があまりないので特に寒くはないが気温は五℃程度だ。たぶん積雪の多くは溶けることなく残るだろうし、明日も振るとの事なので上積みするだろう。
 今日はチャリンコで1日中走るつもりだったが、危ないので止めだ。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。

大場栄大尉 晴雨堂の晴耕雨読な日常[四十七] 

太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男- 


竹野内豊が演じた大場栄大尉はヒーローではない!平山秀幸監督が断言 - シネマトゥデイ


 映画『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』のメガホンを取った平山秀幸監督が9日、日本外国特派員協会(東京・有楽町)で会見を行い、竹野内豊が演じた本作の主人公である大場栄陸軍大尉は「ヒーローではない」と語った。

 大場大尉は太平洋戦争中、激戦地の一つであったサイパン島で、たった47人の兵力で4万5,000人もの米軍を翻ろうした実在の人物。アメリカ軍は大場大尉のことを畏敬の念をこめて「フォックス」と呼んでいた。本作はドン・ジョーンズの原作を基にしているが、当時の日本側の資料はほとんど存在しておらず、当初は平山監督も大場大尉像をいかに描くか思案に暮れたという。
 
 しかし、撮影前に聞いた大場大尉の息子さんの「父は無口で、野武士のような人だった」という言葉がインスピレーションを生んだようで、平山監督は「アメリカに山のように残された資料には確かにかなわないが、大場大尉像を作る上でカギになった」と振り返った。また、本作は大場大尉を単純にヒーロー視する映画ではないとも断言。「戦時中は“玉砕”や“自決”が重んじられた。その状況で兵士と民間人の命をちゃんと守って持ち帰ったことは、名誉とか不名誉とか関係なく、ものすごいこととしか言いようがない」と力説した。(シネマトゥデイ)

 
【雑感】いよいよ、明日封切りだ。この作品は楽しみにしていた。大場栄大尉という人物、恥ずかしながら私は初めて聞く。
 
 サイパンの戦いといえば、42年ミッドウェー海戦で惨敗をきした南雲中将の最期の場所、崖から投身自殺をするモンペ姿の日本女性たち、玉砕と集団自決、米軍兵士が生き残った赤ん坊を抱きかかえる写真、これらが印象に残っている。(余談1)
 日本軍の組織的抵抗は44年7月に終わり、サイパンはB29戦略爆撃機の基地となって東京をはじめ日本の主要都市ほとんどが爆撃に晒される事になる。
 サイパンの基地の写真を見た事があるが、大型のB29が100機単位で巨大滑走路に所狭しと翼を休めている光景に、戦後生まれながら恐怖を感じた。
 
 大場栄大尉ら数十名の部隊が終戦後も抵抗を続けていた、という事実は知らなかったし、そんな資料を見た事も無かった。平山秀幸監督は制作にあたって、日本側の資料は殆ど無く、米軍側に膨大な資料があったというからには、本当に資料が無かったのだろう。
 大場栄氏の復員後は実業家や市議会議員に転身し90年代まで御健在だった。にも関わらず、サイパンでの出来事はあまり語らなかったのか? 世間も注目する事はなかった。
 
 40度を超す炎天下での撮影だったらしく、スキンヘッドの唐沢氏は虫に刺されて頭皮がボコボコに膨れたそうだから、どんな映像になっているか楽しみである。
 
(余談1)赤ん坊を抱きかかえる米兵の姿を撮った写真、ロバート・キャパ氏と並んで著名な「戦場カメラマン」ユージン・スミス氏の撮影である。キャパらが創設した写真家集団マグナム・フォトの正会員でもあった。晩年の彼は水俣病の取材をする。当時、彼の伴侶となった大学生アイリーン・スミス氏は京都を拠点に環境保護運動を展開している。 
  

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。

小向美奈子 近頃の現象[五百五十七] 

小向美奈子容疑者の父「早く自首して」 
家族全員が連絡取れず

 
 覚醒剤取締法違反(譲り受け)の疑いで逮捕状が出ている女優でストリッパーの小向美奈子容疑者(25)の父親・勝雄さん(54)が9日、東京・台東区寿のモッツ出版で取材に応じ、「早く自首してほしい。留置場で、もう一回(生き方を)考え直した方がいいんじゃないか」と厳しく突き放した。(スポーツ報知)
 
【雑感】これがアメリカの父親だったら、まだ「容疑者」の段階なので「娘の潔白を信じています」と弁護擁護するだろう。しかし日本ではそんな文化風土は馴染めない。
 以前、沖縄でアメリカ海兵隊員が女子学生をレイプした事件で、容疑者の母親たちが記者会見で「あの優しい息子がそんな事をするはずが無い」と訴えた。そのニュースを見て若干不愉快になった。「おまんら、女やのに被害者少女よりもレイプ犯の味方をする気か! 親ならレイプ犯の首もって落し前つけろ」と一瞬思ってしまった。あくまでも容疑者の段階なので、母親たちが息子を弁護するのは当然の権利であり主張なので、私の感情は短兵急かつ不当不穏当なものだが。
 日本では、勝雄氏の姿勢こそが真っ当である。
 
 父親の毅然とした態度は立派だが、別の角度で見ると薬物依存者への認識がまだ甘いように見える。多くのマスコミも小向美奈子容疑者個人の意志の弱さを問題にしているかのような論調である。
 この手の犯罪は再犯率が高くおおかた60%近くある事から、もはや個人の意思の力ではコントロールが難しいと判断するべきだ。ある医師の話によると、覚醒剤や麻薬は脳細胞をダイレクトに侵すので、もはや自分の意思や意志の力だけではどうにもならない。意思を司る脳自体が薬物によって変えられてしまっているから、自我とは別に薬を本能的に依存する体質に作り変えられてしまっている訳だ。
  
 ということであれば、小向美奈子容疑者の社会復帰は早過ぎたかもしれない。もっと時間をかけて専門施設で治療とリハビリを行い、社会復帰後も監視下に置いてあげなければならなかった。浅草ロック座もそんな前科ある小向美奈子容疑者を雇うわけだから、ドル箱になると同時に問題を起こすリスクもあるので、彼女のためにサポートチームをつくり管理下に置く必要があったかもしれない。
 
 少し可哀相だな。彼女は30歳前くらいだと思っていたら、まだ25歳だ。宮崎あおい氏・綾瀬はるか氏・酒井彩名氏・相武紗季氏と同い歳だ。彼女たちはまだライティングやレンズを工夫すれば女子高生の役ができるが、小向容疑者はソフトフォーカスを使っても少し苦しい。
 些か「大人びて」見えるのは生活が荒れていたせいだろうか? 
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
[ 2011/02/10 12:38 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)

渡部陽一(3) 近頃の現象[五百五十六] 

渡部陽一 
「しゃべるスピード気をつけたい」
劇場版名探偵コナンで声優初挑戦

 
 人気マンガ「名探偵コナン」の劇場版アニメの新作「名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)」(4月16日全国公開)に戦場カメラマン渡部陽一さんがゲスト声優として出演することが9日、明らかになった。刑事役に挑む渡部さんは、「声優業に全身全霊をもって挑んでみたいです」とやる気をみせているという。(まんたんウェブ)
 
【雑感】当ブログのカテゴリー「日誌・・近頃の現象(国内芸能)」で渡部陽一氏を記事にしたくはなかったのだが、声優としてアニメ映画に出演するので致し方ない。
 
 ジャーナリストあるいは「戦場カメラマン」を引退してタレントに転身するのなら、それでも良い。ご家族は安心し喜ぶかもしれない。ならばいい加減に「戦場カメラマン」という肩書きを称するのはやめたほうがいいかもしれない。
 どんなに大義名分や口実があっても、戦場から遠ざかって久しく、「戦場カメラマン」の実体が無くなりつつある。それでも「戦場カメラマン」を名乗っては、ジャーナリストたちは白けるだろう。特にロバート・キャパ氏・石川文洋氏・一ノ瀬泰造氏らに憧れて「戦場カメラマン」「フォトジャーナリスト」になった人々からは冷笑されるかもしれないし、いや既にされているだろう。

 また、世間はあくまで「戦場カメラマン」の渡部陽一氏が天然ギャグを飛ばすので面白がっているのであって、戦場カメラマンという職業的権威を失えば場末のただのピン芸人もどきでしかない。
 私はそろそろ「戦場カメラマン」に戻るべきではないのかと思う。このまま芸能界での仕事を取り続けると「戦場カメラマン」としての実体が無くなって、単なる「過去の栄光」になる。芸能界も今は渡部陽一氏をタレントではなく一応ジャーナリスト・文化人として「お客様」の待遇で迎えているが、戦場カメラマンの実体が無くなれば下積みピン芸人で扱うようになる。
 
 番組改編時期に、テレビ出演中を利用して独特の語調で「皆さん、言い難い事ですがお別れのときがやってきました。私は戦場カメラマンとして戦場に戻ります」と言えば劇的にカッコ良く強い余韻を残しながら去れる。日本に生還したときは、アースマラソンを完走した間寛平氏のように迎えられるかもしれない。
 去り際は今年春の番組改編時、3月から4月にかけてだ。それを過ぎても日本のTV出演を続けたら、次第に世間は冷ややかに見るようになる。
 
 いまチュニジアに続いてエジプトでも大規模な政変が起こっている。内乱とまではいかないにしても騒乱状態だ。そんなニュースを聞いてカメラマンの血が騒がなければ、次第に志を疑われ飽きられる。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
[ 2011/02/09 16:46 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)

今日の晩御飯(31) 晴雨堂の晴耕雨読な食生活[八十二] 

昨夜はの味噌汁である。
 
110208_2045~晩御飯.jpg
 
【雑感】昨夜の「今日の晩御飯」は久しぶりにしじみ)の味噌汁にした。
 
 焼き鮭に白米の御飯にサラダ、写真には出ていないがこれにキムチが付く。や浅蜊(あさり)などを味噌汁に入れるとタウリン・オルニチン系の美味い出汁が出て食欲を煽る。
 
 ところで、一見すると普通の家庭の質素な晩御飯に見えるだろうが、これは我家にとっては変則の献立である。平素は真っ白い銀シャリではなく、茶色くて香ばしい玄米飯なのだ。市販のコシヒカリより高い玄米を仕入れてるのに、連れ合いは玄米に難色を示す。かつては環境保護派・無農薬有機野菜派の「エコロジスト」だったのに、玄米飯にうんざりという感じになりつつある。

 一方、私はというと連れ合いと同じく玄米飯は不味いと感じる事には違いはないが、別の理由で積極的に食べるようにしている。私が飯を炊くときは必ず玄米を炊く。その理由は、以前にも当ブログで述べた事があるが、長年の「持病」である切れ痔の関係だ。玄米を食べると便が適度に柔らかく、なおかつ硫黄系の悪臭もしない。むかしの人気プロレスラーでブッチゃーという人が頭から流血しやすいよう額に大きな切り傷を完全に治さず残していたが、私の肛門もそんな状態だ。
 このごろはストレスがたまっているのか、帰宅途中につい吉野家に寄って牛鍋丼を一杯食べるのが癖になりつつある。一方、連れ合いは執拗に銀シャリにこだわるようになった。その相乗効果で近頃の便は固めで流血するようになった。施設の整った便所で用を足すと、ウォシュレットからの温水が肛門を直撃し裂けたばかりの傷口に沁みる。
 
 因みに翌朝は残った味噌汁で蜆雑炊にした。
110209_0743~朝御飯.jpg
 の出汁が雑炊を格別に美味くする。
 
 昼時に肛門の話、と顰蹙するなかれ。結局は食の問題・健康の問題として一体なのである。断じて切り離す事はできない。
 「お前の牛鍋丼が原因で、嫁さんの銀シャリのせいにするな」という批判は甘受する。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。

半井小絵 近頃の現象[五百五十五] 

NHK半井小絵さん 元ハム建山と不倫報道
 
 NHK「ニュース7」(後7・00)に出演する気象予報士の半井小絵(なからい・さえ)さん(38)と、メジャーリーグのテキサス・レンジャーズ所属の建山義紀投手(35)の不倫疑惑を9日発売の「週刊文春」が報じている。(スポニチアネックス)
 
【雑感】以前、天気予報を確かめるためにNHKをつけた時、彼女が担当のお天気コーナーを観たことがあった。「半井」と書いて「なからい」と読む、珍しい名前だなあ、という印象だった。私の本名も珍しい名前なので、奇妙な親近感を持った。

 それ以外に印象に残ったのは、NHKが採用しそうな地味な美女という感じである事、色白でバストがありそうだから華やかな場所でメイクアップ・ドレスアップしたら別人のように化けそうだという事。連れ合いは単純に天気予報というデータ入手が目的でNHKをつけるのだが、私はおよそ天気予報とは関係の無いところに注意が行ってしまった。
 
 しかし今回のニュースで驚いた。不倫報道ではない。歳が38歳ということに驚愕した。連れ合いと1つしか歳が違わない。てっきり30代前半だと思ったからだ。これは若々しい。
 
 女子アナとお天気姉さん、かつてNHKは実力優先で特に容姿には注意を払わなかった。非常に失礼だが、世間一般で見ても美人とはいえない普通の容姿の女子アナが冷静かつ流暢にニュースを読む。
 ところが民放では早くから好感の持てる容姿のアナウンサーやお天気姉さんを採用して、漢字の誤読やトチリなどで人気をあげたり、バラエティーに積極出演する事で芸能人化し、スキャンダルなどにも巻き込まれるようになった。人気アナになると管理職の道には進まずフリーランスになるパターンも常態化しつつある。
 
 NHKは民放に対して良くいえば実力重視で役所的公平さがあったが、女子アナや女子キャスターに関してはなんだか時代の流れに押されて民放みたいになってきた感がある。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
[ 2011/02/09 10:23 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)

蒸し暑い2月。 晴雨堂の晴耕雨読な日常[四十六] 

まだ2月なのに蒸し暑い。
 
【雑感】所用で今日は背広を着た。2月の上旬だというのに暑い。節分を迎えてから急に暑くなった感がする。
 私は特別厚着はしない。スラックスの下にパッチやステテコの類いは履かない。上半身は簡単にアンダーシャツにワイシャツと上着。背広は冬服ではなく3シーズン用の間服。コートなどは何年も着ていない。
 なのに暑い。

 3月並の暖かさのせいもあるが、事務所や店舗など暖房のききすぎ。暖房無しでも良いくらいだ。 周囲を見渡せば、冬の重装備姿のご婦人やOL、コート姿のサラリーマン、そんなに寒いのか?

 ついこないだまでは、マフラーが要ったし、チャリンコに乗っていたら軍手をした手が外気に体温奪われ痛い。
 しかし昨日は素手でチャリンコ乗ってもなんともない。それどころか、デイパックを背負った背中が蒸れて汗が滲む。

 いよいよ花粉の季節か。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。

日本相撲協会(9) 近頃の現象[五百五十四] 

八百長問題 損害「補償して」 
春場所中止、関係者ら悲鳴


 大相撲の八百長問題で、春場所と巡業中止の波紋が7日、列島に広がった。関係者は開催を前提に準備や仕込みをしていただけに、中止による損害は計りしれない。嘆き、怒り、やりきれなさ--。大阪では春場所の会場収入が吹っ飛び、巡業先では損害を補償するよう日本相撲協会に求める声も出始めた。(毎日新聞)
 
【雑感】前にも述べたが、なまじ権威となって文部科学省監督の公益法人になっているから話が難しくなっているのだ。毎年のように「暴力・虐待死」「野球賭博」「八百長」と不祥事発覚が相次げば、青少年教育と国民文化の維持と発展に携わる文科省としては日本相撲協会を糾弾せざるを得ない。不問に付したら、八百長・パワハラ・虐待・博打などを肯定するよう文科省が青少年たちに教育している事になってしまうので認められない。
 
 しかし大相撲の世界に、虐待のようなシゴキや勝負勘を養うための博打や星の売り買い貸し借りは、昔から耳にしている話だ。そもそも「八百長」という単語自体が相撲業界発祥ではないか。今さら世間様は何カマトトぶってるんだ。
 石原慎太郎氏は虫唾が走る嫌な奴だが、大相撲についてのコメントは私の考えと一致する。もともとそんな世界なんだから、それが相撲の文化風習制度なんだから、割り切って騙されてやって楽しめば良いんだ。
 大相撲が教育機関に関係している、というところが昔から納得がいかなかった。語弊を恐れずに敢えていうが、水産庁の外郭団体にグリーン・ピースがいるようなもの、国家公安委員会の外郭団体に中核派や広域暴力団がいるようなものといったら言い過ぎか。
 
 昨年の6月で私は述べた。「親方や力士のクビ切るより、日本相撲協会に公益法人の看板を返上させなければ、あの輩たちはまた同じ不始末をやる」と。

 普通の株式会社になって出直せば良い。公益法人の立場に胡坐をかいているからこういうことになる。あくまで公益法人にこだわるのなら、せめて文部科学省関係の法人は辞めろ。五穀豊穣の神事でもあるなら、農林水産省監督の法人になれば良い。日本中央競馬会と同じ立ち位置だ。むしろそこが日本相撲協会にとって相応しい場所ではないか。
  

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
[ 2011/02/08 02:02 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)

「おは朝」の喜多ゆかりアナ 近頃の現象[五百五十三] 

ABC喜多ゆかりアナが結婚、今夏に挙式
 
 朝日放送の喜多ゆかりアナウンサー(29)が4日、アシスタントを務める「おはよう朝日です」(月-金曜前6・45)で今夏に挙式することを報告した。
 同局によると、相手は同局の後輩男性社員(25)。一昨年から交際し、今年に入り結納を済ませた。妊娠はしておらず、仕事は続ける。(2月5日サンケイスポーツ)

 
【雑感】今朝、少し寝坊したので朝7時をまわっていた。私はいつもは6時に起きて、テレビ朝日をつけて「おはようコールABC」をみ、続けて「おはよう朝日(通称「おは朝」)を観るのが日課になっている。いずれも関西ローカル向けの朝の情報バラエティ番組、関西圏以外の人にはピンとこないだろう。
 
 今朝、観て少し寂しく思った。事実上「おは朝」の顔である喜多ゆかりアナウンサーが出演しておらず、代わりの女子アナがアシスタントの位置に座っていた。「おは朝」は6時45分から始まるので、今朝は冒頭の部分を観ていない。だから喜多ゆかりアナが何ゆえ休んでいるのか判らない。
 いつもなら、インフルエンザの季節なので風邪でもひいてピンチヒッターが入っているのかなと思うのだが、先週の金曜日に彼女は今年夏に結婚する事を発表した経緯があるから、「えっ?」と思うのだ。冷静に考えれば、番組改編の時期でも異動の時期でもないので、降板するにしても4月からだろうが。
 
喜多ゆかり.jpg
「あのひと検索スパイシー」から参照
  
 特に喜多ゆかり氏に興味があった訳ではないが、彼女は居るだけで周囲を明るくする魅力があるので、朝の番組にピッタリだ。司会の浦川泰幸氏や前任司会の宮根誠司氏との掛け合いもテンポが良い。「おは朝」のホームページを観れば、アシスタントというより共同司会者のような存在感。声の調子も爽やか朗らかで耳ざわりが良い。
 宮根氏らからブスキャラで扱われ、本人も時おりわざと珍妙な表情をしてブスを売っている節があるが、素顔は可愛らしいお嬢さん、中年のスケベ目線になってしまうが美脚の持ち主でもある。
 歳下の後輩と結婚するのは、元気なお姉さんキャラの喜多氏に合致するかな。

 今朝みて認識を新たにしたのだが、やはり喜多アナでないと迫力・説得力が無く、失礼ながらお飾りアシスタントだ。私は将来のバラエティ番組「司会者」「メイン・キャスター」だと思っている。宮根氏が「おは朝」を卒業したとき、スライドで喜多アナが司会に昇格すると期待していたほどだ。
 
 できれば、人妻になってもイメージを変えず、もう暫く朝の顔のままでいてほしい。
 

 因みに、「おは朝」のレギュラーメンバーで私のお気に入りはリポーターの田中良子氏だ。連れ合いは小塚舞子氏や阪本智子氏が可愛いと賛辞をおくり、田中良子氏には「なに肌の白さひけらかしてんねん」「なに胸の大きさ見せつけてんねん」「なに太股みせてんねん」と、何故か厳しい。 
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
[ 2011/02/07 12:40 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(2)

永田洋子 近頃の現象[五百五十二] 

永田死刑囚死亡 
先鋭化、闘争の果て…「総括」同志ら殺害

 
 先鋭化した武力闘争で71~72年に起きた一連の連合赤軍事件の指導者、永田洋子死刑囚(65)が5日、静かに息を引き取った。銃と暴力で血塗られた革命思想は「総括」と称して仲間を死に追いやり、あさま山荘での壮絶な銃撃戦で途絶えた。事件から40年。かつての最高幹部の死は一つの時代の終わりを告げた。(毎日新聞)
 
【雑感】まだ若いのに、永田洋子自身の「総括」をしないまま黄泉の客となったか。
 脳腫瘍の治療がイマイチだったとの報道もある。下手に死刑執行をすると殉教者の箔を付けてしまうので、わざと十分な治療を受けさせず病死へともっていったのか? 永田サイドはそんな疑惑を抱くかもしれない。
 
 永田洋子死刑囚には失礼かもしれないが、内輪の武装革命ごっこが高じて仲間同士の殺し合いになった、という様相にしか見えない。
 キューバ革命では、カストロたち革命軍は初期の段階でグランマ号に乗船してキューバに上陸した同志82人のうち、大半が死亡もしくは逮捕され、逃れたのはカストロやゲバラ以下十数名だけだった。連合赤軍が成立した当時は30名ていどの勢力だから、カストロの革命軍は数だけを見れば極めて弱小である。
 
 キューバと日本とでは国民性も社会構造も国家の規模も異なるから単純に比較はできないが、それでも弱小グループに成り下がったカストロたちは堅実に勝利を重ね仲間を増やしていったのに対し、連合赤軍でやったことは得がたい同志を育てるのではなくリンチで殺しただけ。
 カストロやゲバラが見たら、「何をやってんねん! お前ら馬鹿か! 革命する気あるんか! 国家権力と闘う気あるんか! お前ら赤軍を名乗るな! わしらに権限があったらお前らを処刑したいわ」と永田洋子森恒夫を指差して怒鳴るだろう。
 
 彼女等彼等赤軍派の面々は、人民に奉仕する気は無い、自分を人民より一段上に置きたかっただけや。武装革命をする気も無い。同志の粗探しをして暴力総括をする事しか考えなかった。
 
 ふと思ったが、今の国会もどこか似ているような気がする。今や世界情勢は激変しつつあり、エジプトでは大規模な「革命」騒ぎ、下手をすれば再びイスラエルとの対立が始まり中東は不安定に成り、日本は今年も経済的打撃を受ける事になる。弱った日本に中国やロシアが政治的圧力を加える。オーストラリアや南米では水害、穀物事情はますます悪化。
 世界情勢が刻一刻と厳しさを増し、日本の国家財政も異常な借金地獄、典型的な内憂外患の事態に国会では「小沢問題」「菅総理の失言」「中井洽予算委員長の失言」で騒いでいる。国会議員たちは、やる気あるんかな?
 
晴雨堂関連作品案内
実録・連合赤軍 あさま山荘への道程 [DVD] 若松孝二
  

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
[ 2011/02/07 00:22 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)

携帯電話 近頃の現象[五百五十一] 

走行中のメール可能に…孫氏と市長会談
 
 大阪市の平松邦夫市長は5日、携帯電話会社ソフトバンクモバイル孫正義社長と市役所で会談し、市営地下鉄の車両内で走行中にも携帯電話のメールなどの送受信が可能となるよう、来年度中に全路線でアンテナ設置を目指す方向で一致した。費用は、NTTドコモやKDDIなど17社で構成する移動通信基盤整備協会が負担。市は夜間の保守作業とのスケジュール調整などを通じ、工事のスピード化に協力する。(毎日新聞)
 
【雑感】面白い。一時期、90年代だったが携帯電話健康有害説が取り沙汰されて、環境保護団体や左翼系雑誌などが携帯電話不要キャンペーンを盛んにやっていた。(「買ってはいけない」で有名なある週刊誌も携帯電話有害説を別冊まで発行して訴えていたが、当の社員が携帯電話を使っているという矛盾を積極的に起こしていた)
 
 電車内での携帯電話使用禁止は、通話の話し声が周囲の客には耳障りで迷惑という事が第一だが、携帯電話が発する電磁波が子供やペースメーカーを体内に入れた人に悪影響を及ぼすという危惧もあった。
 したがって通話は当然のことながらメールの送受信も良くないので「ケータイは使うな」という主張がけっこう多かったように思う。ところが、「会話と違って周囲に不快感を与えない」ということで事実上メールの送受信については黙認されてきた。
 極たまに、携帯電話使用を注意した人とで口論や暴力沙汰の喧嘩になる事件を耳にするが、メールだけでなくモバゲーやグリーをはじめとする携帯電話用ゲームの普及で、もはや携帯電話使用を注意する人の方が「非常識人間」「カルト系」扱いされるようになった。

 今回のソフトバンクと大阪市が合意した事項は、今まで黙認状態だった車内での携帯電話使用を公認する事態である。通話は駄目だが、メールやデータの交換はOKとなる。それもただOKではなく、アンテナ敷設など積極的に行政が協力するものなので、「公認」どころか「推進」だろう。
 
 電磁波の影響については悪影響はたぶんあるだろう、という辺りで世間の認識は落ち着いているが、携帯電話の電磁波がどこまで人体に影響があるかは決着がついていないはずだ。
 私は当初から疑問に思っていた。地下鉄などの電車は高圧電流を使って動く乗り物である。高圧電流が流れる電線の真下に車両があるわけで、高電圧の電線から発せられる電磁波の方が携帯電話よりはるかに強烈ではないか。駅の構内や踏切を渡るだけで危険がともなわなければ道理に合わない。しかし、駅の構内に入ったり踏切を渡った途端にペースメーカーが狂って危篤状態になったり、長年満員電車で通勤してきたサラリーマンが電磁波の影響で様々な疾病に罹ったという話は聞いた事が無い。
 もちろん、癌や精神疾患の患者が増加の一途をたどっているが、これは電磁波だけが原因と括るにはあまりにも乱暴だろう。現代社会は病気に罹る原因が無数にあり複合的に絡み合って発祥させているので、携帯電話の電磁波だけを攻撃しても意味がない。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
[ 2011/02/06 12:39 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)

今日の朝御飯(5) 晴雨堂の晴耕雨読な食生活[八十一] 

プレーンクラッカー
 
110206_0732~朝御飯.jpg
 
【雑感】今朝は面倒臭いので朝食はクラッカーにした。
 
 しかしクラッカーは侮れない。日本ではビスケットやクッキーと同じく御菓子扱いだが、プレーンクラッカーは少量で手軽にカロリー摂取できる便利モノだ。世界各国の軍隊で携帯食や野戦食に利用されているほどである。
 
 上記の写真、手前はみどり電化で貰った景品のスープカップに本格珈琲(インスタントではないよ)を入れた。向かって左側にマーマレード。
 右には鉄製のフライパンで炒った卵、我家では一般鍋はホーロー、中華鍋やフライパンは鉄製を使っている。コーティング加工されたフライパンの類が流行っているが、鉄製にこだわる。事実かどうかは疑わしいが、鉄製の中華鍋やフライパンで調理すると微少の鉄成分が食材に溶け込んで身体に良いといわれている。
 奥は「あたり前田のクラッカー」で有名な前田製菓のプレーンクラッカー。焼き目の薄い白いクラッカーが流行っているが、前田のクラッカーは茶色い焼き目が食欲を煽る。
 
110206_0733~朝御飯.jpg
 
 潜水艦映画の名作「K-19」で、ハリソン・フォード氏扮する新任艦長がリーアム・ニーソン氏扮する副長の部屋に行き挨拶する場面がある。正式な冬服軍服に身を包んだ艦長がドアを開けると、ランニングシャツ姿の副長が朝食を食べていた。細長いクラッカーをジャム(苺ジャムか?)につけて食べるだけの簡単な食事。まるでオヤツみたいだった。
 我家ではマーマレードをつける。苺ジャムも良いが、マーマレードの方がよく合う。炒り卵に黒胡椒を振り掛けクラッカーに載せても美味い。
 
晴雨堂関連記事案内
「K-19」 絶望から脱出しよう 15
 
晴雨堂関連作品案内
K-19 [DVD] キャスリン・ビグロー
 
晴雨堂関連書籍案内
K‐19 (角川文庫) ピーター・ハクソーゼン


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。

「東京島」 おバカになって愉快になろう〔29〕 

東京島」 
少しエッチなサバイバル・ラブコメ。

 
 
  
【原題】
【公開年】2010年  【制作国】日本国  【時間】129分  【監督】篠崎誠
【原作】桐野夏生
【音楽】大友良英
【脚本】相沢友子
【出演】木村多江(清子)  窪塚洋介(ワタナベ)  福士誠治(GM・森軍司(ユタカ))  柄本佑(オラガ)  木村了(犬吉)  染谷将太(マンタ)  山口龍人(カスカベ)  南好洋(シンちゃん)  結城貴史(ダクタリ)  清水優(アタマ)  阿部亮平(ジェイソン)  鄭龍進(ヤン)  趙民和(ムン)  石田佳央(チェン)  吉田友一(ミユキ)  塩見大貴(フレディ)  中村無何有(ウッス)  松川貴弘(サカイ)  保科光志(シマダ)  藤川俊生(ヒキメ)  サヘル・ローズ(キム)  古藤ロレナ(パム)  鶴見辰吾(隆)
  
【成分】笑える ファンタジー パニック セクシー コミカル 南海の孤島 サバイバル
                
【特徴】実際に起こったアタナハンの女王事件をヒントに小説化されたのを原作としている。しかしサバイバル場面は皆無といって良い。
 無人島でアラフォーの美熟女1人が多数の若い男たちに囲まれて住む事になったら、という非日常の異常な空間で繰り広げる愛憎と勢力争いを面白可笑しく描いたラブコメと考えたら良いだろう。
 実際のアタナハンの女王事件は、かなりドロドロとして凄惨な状態だったといわれている。
    
【効能】ほんのりエッチな気分にさせてくれる。閉鎖された空間での権力闘争が面白い。
 
【副作用】サバイバルの実践風景があると思ったら皆無、現実感が感じられない。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。

追放の金曜日 近頃の現象[五百五十] 

「追放の金曜日」 
カイロで反体制デモ始まる

  
 エジプトの首都カイロ中心部のタハリール広場で4日、ムバラク大統領退陣を求めるデモが始まった。デモはイスラム教の金曜礼拝後に呼び掛けられており、反体制派はこの日を「追放の金曜日」と名付けている。(産経新聞)
 
【雑感】少し長引いている。フィリピンのマルコス大統領失脚のような形であれば良いのだが、イランのパーレビー国王失脚の形だと、難しい話になってくる。
 単なる民主化運動から反米・イスラム原理化へと摩り替わる可能性もある。ムバラク大統領はそれを持ち出してアメリカを脅迫しているかもしれない。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
[ 2011/02/04 23:38 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)

節分の恵方巻 晴雨堂の晴耕雨読な食生活[八十] 

節分 
ラッコに特製「恵方巻き」…大阪の「海遊館」


 節分の日の3日、大阪市港区の水族館「海遊館」は、ラッコ3匹に特製の“恵方巻き”を振る舞った。のりに見立てた薄切りのサケの切り身でシャリ代わりの氷とネタのシシャモやイカを巻いたもので、長さ約20センチ、直径約8センチ。ラッコたちはあおむけになって腹に乗せ、前脚を器用に使ってたいらげた。(毎日新聞)
 
【雑感】節分を迎えたとたんに寒さが緩み少し暖かくなったような感じがする。若干、誇りっぽいような感じもする。まだ花粉は飛んでいないとは思うが。
 
 節分といえば恵方巻と呼ばれる巻き寿司を食べる。高知ではそんな風習はない。大阪を中心とする関西の風習かな、と思うが。
 
110203_2124~巻寿司
 
 今年の恵方は南南東
110203_2124~南南東.jpg


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。

永作博美 近頃の現象[五百四十九] 

永作博美
米映画祭で最優秀女優賞獲得 
映画「脇役物語

 
 昨年公開された映画「脇役物語」(緒方篤監督)でヒロインを務めた女優の永作博美(40)が、米サンフランシスコ近くの都市・モラガで開催中の「第13回カリフォルニア・インディペンデント映画祭」で最優秀女優賞を獲得したことが2日、分かった。(スポーツ報知)
 
【雑感】脇役物語」、私はけっこう楽しく拝見したが、Yahoo!映画サイトでのユーザー評価はイマイチだった。この海外の受賞がきっかけで、上映映画館が増えたり、再上映というのも各地で行われるだろう。益岡徹氏と永作博美氏の演技に好感が持てる。益岡氏も永作氏も、人の良い純朴なキャラから歪んだ悪玉キャラまで演じられる幅広い俳優だ。
 
 実は永作博美氏の写真集はアイドルユニットribbon時代の頃から持っているのだ。すっかり女優になったなぁ。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
[ 2011/02/03 18:16 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)

東京ドームシティアトラクションズ(2) 近頃の現象[五百四十八] 

1人で座席確認、走行監視 
実務上無理な規定で業務か 
コースター転落死・警視庁

 
 東京都文京区の東京ドームシティアトラクションズで、コースターから羽村市の会社員倉野内史明さん(34)が転落し、死亡した事故で、20代の女性アルバイト1人がロック確認と走行中の監視を担当する規定になっていたことが2日、捜査関係者への取材で分かった。(時事通信)
 
【雑感】風向きが微妙に変わってきたようだ。最初の報道では、担当していたのは女性スタッフ2名、1人は派遣社員、もう1人はアルバイト。どういう込み具合だったのかは判らないが、小学生時代に行ったエキスポランドのジェットコースターの情景を思い起こせば、2人なら何とか処理できる人員で、事故はスタッフの単純ミスになってしまう可能性が高くなる。
 
 ところが、1人で座席確認・走行監視・順番待ちの客の応対をやっていたとなると厳しい。物理的に無理だ。しかもそれが規定になっているということは企業の確信犯、そのうえ担当者がバイト1人。会社としての責任はグンと重くなる。
 
 人件費削減のツケかな。
 
 いま、日航では人件費を削減するため、賃金の高い熟練のパイロットを中心に解雇を行っている。しかしアメリカで起こったハドソン川の奇蹟、エンジンが2つとも野鳥を吸い込んで停止し、あわや墜落かと思われたとき、50代のベテラン機長の機転と技術で1人の死傷者を出さずハドソン川に不時着させた。この機長は後に連邦議会でベテランパイロットの重要性を強く説いていた。
 
 日航は40代後半から50代にかけてのベテランパイロットをごっそり解雇するそうだ。単に賃金が高いというだけでクビ切りやって、果たして空の安全を守る事ができるのかな?
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
[ 2011/02/03 00:26 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)

「ブッダ-赤い砂漠よ!美しく-」  

重要文化財と手塚漫画が共演!
特別展「手塚治虫のブッダ展」が開催決定


 手塚治虫が10年の歳月をかけて描きあげた漫画『ブッダ』を3部作でアニメ映画化する『ブッダ-赤い砂漠よ!美しく-』が5月に公開されるのを記念して、4月26日(火)から上野の東京国立博物館で、特別展「手塚治虫のブッダ展」が開催されることが決定した。

 今回の特別展は、手塚治虫の漫画『ブッダ』の直筆原画約50点と、重要文化財を含む仏像約15点を展示しながらブッダの生涯をたどる内容で、手塚治虫が長年に渡って追い続けたブッダの世界を多角的に観賞できる内容になっているという。

 『ブッダ』は、2500年前のインドを舞台に、シャカ国の王子として生まれたゴータマ・シッダールタが、「人はなぜ生きるのか、なぜ苦しまなければならないのか」の答えを求め、すべてを捨てて僧として迷いながら旅を続ける姿を描いた作品。吉永小百合吉岡秀隆堺雅人らが声のキャストを務める。(ぴあ映画生活)

 
【雑感】アニメ映画はそうそうたる顔触れ。主要キャラに声優を使わないというのは大いに不満だが、キャスティングは的を得ていると思う。
 さらにイメージアートを担当しているのは岡野玲子氏、知ってのとおり彼女は「ファンシーダンス」や「陰陽師」で著名な漫画家、夫は手塚眞氏、つまり彼女は手塚治虫氏の「義理の娘」である。
 
 手塚治虫氏の代表作に相応しい大掛かりなアニメ映画に期待するところ大ではあるが、私は少し不安に思う事もある。
 原作漫画では、拝火教の信徒と問答するとき、釈迦は相手を論破するのではなく「超能力」で丸太に火をつけて相手を平伏させている。
 それから、愛弟子タッタが釈迦の故郷カピラバストウの過激派に取り込まれコーサラ国の大軍と戦って死んだ事に自分の無力さを嘆き「神よ!」と慟哭する場面がある。釈迦が無神論者であるかどうかは宗教者・宗教学者たちの間で未だ決着の付かない論争が続いているようだが、私も既成の神を批判してきた釈迦が「神よ!」と叫ぶのは違うのではないかと思う。
 あと、美青年釈迦が40歳くらいで突然激老けして所謂「お釈迦様」の体になるのは、少しギャグだった。
 
 いずれにせよ、上演されたら観てみたい。
 
 作品は3部制にするらしい。1部は釈迦が生まれる前後のスードラ・チャプラと少年時代のタッタの物語、となればディーバダッタは2部あたりから登場するはず、彼の声は誰が担当するのか、たぶん女優を当てるだろう、今から楽しみだ。
 まさか、大映映画「釈迦」つながりで勝新太郎氏の子息鴈龍氏がディーバダッタをやるとは思えないが。それも面白いかな。
 
特別展「手塚治虫のブッダ展
会期:4月26日(火)~6月26日(日) ※月曜休館
開館時間:9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
会場:東京国立博物館 本館特別5室(上野公園)
観覧料:一般800円、大学生600円、高校生400円 中学生以下無料


ブッダ-赤い砂漠よ!美しく-
5月28日(土) 全国ロードショー


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。

今日の晩御飯(30) 晴雨堂の晴耕雨読な食生活[七十九] 

今日の晩御飯。
 
110201_2115~晩御飯.jpg
 
【雑感】寒波が居座って1ヵ月以上、こんな寒い日が続くと鍋モノが手っ取り早くて身体が温まる。なんだかこの一ヶ月は鍋ばかりやっているような気がする。土鍋はいつも天袋にしまっているが、この頃は今の炬燵の上に鎮座する事が多い。こないだ、久々に天袋にしまったが、今晩また引っ張り出す事になった。

 居間の食卓に鍋があると、部屋の気温も上昇して窓が曇ってくる。出汁は簡単にめんつゆを薄めるだけ、それに野菜・鶏肉・魚介類を入れるだけ。家計の都合があるので最近は野菜と饂飩とマロニーちゃんだけにしている。それだけでも腹はふくれるし、栄養面でも特に問題は感じない。

 こないだなんか、ラーメンの鍋にした。
110127_2205~晩御飯.jpg
 単なるインスタントの塩ラーメン、普通に作ったのでは貧相で満腹感を楽しめないので、思い切って鍋にした。白菜とシメジとワカメなどを入れてボリュームアップ。ラーメンについている粉末出汁ではつまらんので、私が鶏がらスープと醤油で調合した。
 
110201_2115~02.jpg
 本日は水菜が大量に手に入ったので、水菜をメインにした饂飩すきにした。こないだのラーメン鍋の出汁は連れ合いには辛すぎたようで、今晩も私が出汁を追加しようとすると「こら! まて!」と制止しよる。

 明日の晩は残った出汁を使って雑炊だ。このところ、鍋・雑炊の繰り返しだ。なんか、普通に御飯・味噌汁・焼魚というありふれた食事が食べる気しない。
 鍋の方が一度に主食と副菜を摂取できるし、身体は温まるし、部屋の暖房にもなるし、洗う食器も少なくて済むし、合理的だ。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。

東京ドームシティアトラクションズ 近頃の現象[五百四十七] 

コースター転落死 
「大柄で乗れないかも」同乗者が聴取に

 
 東京都文京区の遊園地「東京ドームシティアトラクションズ」で小型コースターから羽村市の会社員、倉野内史明さん(34)が転落死した事故で、隣席の知人男性が警視庁捜査1課の聴取に「倉野内さんと自分は体が大きいので、乗車できないかもしれないと心配していた」と説明していることが分かった。しかし男性らは乗車を許され、安全バーは十分に確認されなかった。倉野内さんのバーはしっかり固定されていなかったとみられる。(毎日新聞)
 
【雑感】私はジェットコースターは嫌いである。小学4年生の頃、家族で大阪万博公園にあるエキスポランドへ遊びに行った時に1度だけ乗った。もう二度と乗らん、と決意した。五つ上の姉ははしゃいでいたようだが、私は顔面蒼白だったらしい。
 私は高いところが嫌いだ。高層ビルのエレベーターでさえ気分が悪くなるほどなのに、好奇心からとはいえジェットコースターに乗ったことを後悔した。あれから三十数年、ジェットコースターには乗ったことがない。
 
 仮に思い出のエキスポランドジェットコースターに乗りたいと思っても、もう乗ることは出来ない。エキスポランドは無いからだ。
 同じような事件が数年前にエキスポランドでもあった。原因は従業員の単純ミスではなく、コースターの機械に問題があって脱輪し若い女性1人がコースターに挟まれ命を落とした。その結果、エキスポランドは休業を余儀なくされ、客足が遠のいて収益が激減し、結局破産して2009年だったか閉園した。
 
 ただでさえ日本全国の遊園地は国民の趣向の多様化で収益が減少し閉園していく。エキスポランドは大阪万博の跡地というネームバリューでよく健闘していたが、事故がきっかけで潰れてしまった。東京ドームシティアトラクションズが閉園になってしまうとは思わないが、しかし恐い痛手にはなるだろう。
 被害者はまことにお気の毒だし、直接担当していたスタッフは女性の派遣社員とアルバイト、ポジション的に重過ぎる過失責任、直接の責任者もさらに会社としても管理責任は免れない。
 
 ジェットコースターは絶対安全が前提だからこそスリルを楽しむことができる遊戯施設だ。それが安全でないのは痛い。
 冗談ではなく、私のように二度と乗らんと決め込むか、あるいは乗るときに不審に思う点があったとのことなので、それなら「これ本当に大丈夫か? 軟いぞ」「俺、ほんまに乗れるんか?」とやりとりして、相手スタッフに注意や確認を促す自衛策も必要だろう。
 被害者側の関係者も、過失者側の人間も、一生重く圧し掛かるトラウマを抱えてしまった。
 
 それにしても、安全基準やルールは徹底していないのかな? 今回の場合では、身長〇センチ以上、体重〇キロ以上は断固として乗せません、という厳しいルールが。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
[ 2011/02/01 20:43 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)

表現の自由とは(16) 近頃の現象[五百四十六] 

児童ポルノ所持を禁止 
京都府、廃棄命令条例化へ


 京都府が制定を目指す児童ポルノ規制条例で、学識者らでつくる府の検討会議(座長・土井真一京都大大学院教授)は31日、児童ポルノ禁止法では規制されていない写真や映像の単純所持や取得を禁止し、廃棄命令や罰則を盛り込むとの方向で意見をまとめた。府は意見に沿い廃棄命令を条例案に盛り込む方針で、成立すれば全国初となる。(京都新聞)
 
【雑感】子供を性犯罪から守るため、という目的や趣旨には賛同するし理解はしている。
 
 しかし何度もいうように、「児童」「ポルノ」というカテゴリーがあまりに曖昧だ。
 例えば、小学生の女の子をビンタして無理やり裸にし性交に及ぶ様を撮影して「作品」にしたら、これは誰が見ても「児童ポルノ」であり「児童虐待」であり「レイプ」である。右も左も判らない幼稚園児の女の子をなだめすかして笑わせながら裸になってもらい、御菓子と引き換えにセクシーポーズをとってもらって撮影した「作品」もまた「児童ポルノ」であり、暴力は振るってなくても「児童虐待」の可能性が大である。
 
 ところが、宮沢りえ氏が18の時に発表した「Santa Fe」、これが撮影時17歳ではないか、ということで「児童ポルノ」だと決め付ける動きが活発だが、どう観ても子供を産むことができる成長した女性の写真を「児童」と言われても違和感がある。また全裸といっても、男と絡んでいる訳ではないし、発情して恍惚の表情をしている訳でもないし、大股開いてバイブを持っている訳でもない。無表情で立っていたり、野原で座って伸びをしながら笑っていたり、性行為とは無縁の日常ありふれたポーズばかりだ。これを「ポルノ」と呼ぶのも違和感だ。
 
 これを児童ポルノと言うのなら、企画を積極的に推進した宮沢りえ氏の母親や篠山紀信氏は「児童虐待」をやったことになるのか? それ以前にこれをポルノにしてしまったら、アフリカやニューギニアや南米の裸族を取材したドキュメント映像もみなポルノになってしまう。彼ら彼女たちが「民族衣装」で現れたら、ポルノだ猥褻だと糾弾するのか? イスラム圏の人々にとっては日本の大相撲の扮装でも猥褻に感じるのだが、ではイスラム圏に気遣ってマワシを廃止してジャージ姿で相撲をとるか? 
 むかし、子供への性犯罪が問題になったからといって、紙オムツのCMで赤ちゃんの股間にモザイクをかけるようになった。ここまでくると情けない。モザイクをかけてしまうことで、逆に卑猥な感じに見えてしまう。後にモザイク無しの男の子の赤ん坊を使うようになったが、そうなると男女差別の問題が生じる。
  
 「Santa Fe」問題で児童ポルノ規制の危険性が露呈したと思う。これは皆が自覚しなければならない。「児童」という概念、「ポルノ」という概念は、実に主観的で如何様にも決め付けられる。
 それとともに、もっと根深い人間の暗部が隠されているように思う。前述のように児童を騙したり暴力でもってポルノに出演させるのは犯罪だ。そうやって出来た「作品」を所持するのはその犯罪を支援している事になるので一種の「共犯」であり規制しようというのは解る。しかし「Santa Fe」まで「児童ポルノ」に当てはめ規制しようとする感覚、私は児童への性犯罪と同じ性差別の臭いを感じてしまう。
  
 女性の裸がそんなに卑猥か? 綺麗とか素敵とは思わないのか? 卑猥・猥褻と思った段階で性差別を抱いてはいまいか? 「児童ポルノ」を規制する者、心の奥底には児童に性的虐待をする輩と同じ差別根性があるのではないか。

 それから1つの法律や条例をいじると、必ず他の法律との相関関係に矛盾が生じる可能性が出てくる。例えば女性は16から婚姻が認められているが、結婚には子作りがセットになっていることを忘れてはならない。「金八先生」で杉田かおる氏が演じたヒロインは14か15で妊娠・出産した訳だが、これ自体は犯罪ではないものの、法律の世界では想定外なので法の保護が受けられず、周囲の偏見以外に社会制度上の様々なリスクを背負う。しかし16からは少なくとも法律の保護がある。
 結婚・子作りとポルノは直接関係がある訳ではないが、子作りというのは性交渉であるので、女性は16からのセックスが法律で保護されている訳でもある。その一方、裸になっただけでポルノだとか猥褻だとか決め付けられ糾弾されたり法的に弾圧しようという空気が生じている。
 
 いや、そもそも思春期以上になれば性に興味を持つのは当たり前、昔ならば現代の中高生くらいから夜這いや夏祭後の営みに参加していたものだ。現代社会では様々なリスクや制約があるので抑制しているだけ。それなのに、思春期の性そのものを否定する空気すらある。それもまた差別ではないか。
 
 やはり、前後左右上下の相関関係をよく把握し法を整備する必要がある。でないと、悪名高き治安維持法と同じリスクがあるのだ。治安維持法とて、名前だけを見れば治安を守るだけの法律なのだが、この法律を根拠に多くの人々が拷問を受け虐殺されたではないか。

 
 最後にもう1つ。子供を「くそガキ」と蔑んだり、天使だと称揚しているうちは、児童差別だ。お前も邪な心を持った俺と同じ人間、と思えるようになって初めて対等である。
  

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
[ 2011/02/01 16:54 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
58位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク