FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「グリーンブック」 家族と一緒に癒されよう〔27〕 

グリーンブック」 
指輪物語のアラゴルンが
マッチョな下町のイタリア系アメリカ人に



グリーンブック [Blu-ray]
グリーンブック [DVD]

【原題】Green Book
【公開年】2018年  【制作国】亜米利加   
【時間】130分
【監督】ピーター・ファレリー
【制作】
【原作】
【音楽】クリス・バワーズ
【脚本】ニック・ヴァレロンガ ブライアン・ヘインズ・カリー ピーター・ファレリー
【言語】イングランド語 一部イタリア語 ロシア語
【出演】ヴィゴ・モーテンセン(トニー・“リップ”・ヴァレロンガ)  マハーシャラ・アリ(Dr・ドナルド・シャーリー)  リンダ・カーデリーニ(ドロレス・ヴァレロンガ)  ディメター・マリノフ(オレグ)  マイク・ハットン(ジョージ)  フランク・ヴァレロンガ(ルディ)        

【成分】笑える 楽しい 切ない 人種差別 ロードムービー 

【特徴】裕福で教養のあるアフリカ系ピアニストと無教養で下町育ちのイタリア系アメリカ人とのロードムービー。

 「ロードオブザリング」ではストイックで痩身のアルゴルンが、ここでは野卑でお喋りで大食漢の厳つい固太りのオッサンになっている。また「ムーンライト」で裏街道の人間フアンが上品で優雅なピアニストになっている。
 本作の野卑なトニーと上品なドン・シャーリーは些かステレオタイプ的なキャラだが、二人の名優によって血の通った掛け合い漫才が展開されて楽しい気分にさせてくれる。
 人種差別という重たいテーマが横たわるが、「三丁目の夕日」と「パッチギ」を合わせたようなエンタメ作だ。

【効能】人種問題を学べる。家族団欒の鑑賞に適している。

【副作用】「白人の救世主」が鼻につく。

下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。
スポンサーサイト



映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
73位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク