fc2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「決算!忠臣蔵」 家族と一緒に愉快になろう〔13〕 

決算忠臣蔵」 
久しぶりの忠臣蔵映画


決算忠臣蔵


【原題】
【英題】
【公開年】2019年  【制作国】日本国   
【時間】125分
【監督】中村義洋
【制作】
【原作】山本博文
【音楽】髙見優
【脚本】中村義洋
【言語】日本語(上方言葉)
【出演】堤真一(大石内蔵助)  岡村隆史(矢頭長助)  濱田岳(大高源五)  横山裕(不破数右衛門)  荒川良々(堀部安兵衛)  妻夫木聡(菅谷半之丞)  鈴木福(大石松之丞)  竹内結子(りく)  石原さとみ(瑤泉院) 荻野由佳(おきん)          

【成分】楽しい 勇敢 かっこいい コミカル 赤穂 江戸 忠臣蔵 時代劇 実話  

【特徴】1703年に江戸市中で起こった赤穂浪士による実際のテロ事件を映画化。
 このテロ事件は日頃の綱吉の政策に不満を持つ庶民たちに好意的に受け取られ、事件から約40年後の1748年に大坂で活躍する浄瑠璃作者竹田出雲・三好松洛・並木千柳たちによって舞台を室町時代初期の足利尊氏・直義の時代にすり替え江戸の幕府への反骨を込めて「仮名手本忠臣蔵」を発表、歌舞伎や人形浄瑠璃の人気作品となり、類似作も大量に制作される。
 20世紀にはいると映画やTVドラマが毎年のように制作され、日本人にとって吉良はパワハラ上司、浅野はイジメられる可哀相な人という定着は揺るぎなくなる。
 が、21世紀に入ってからは時代劇そのものが急速に廃れ、若者を中心に忘れ去られる兆しが出てきているところに本作の発表。久しぶりの時代劇といった感がある。

 本作の特徴は経済の側面からリアルに吉良邸討入というテロ事件を追っているところにある。これまでの忠臣蔵は経済的側面の描写は無いに等しく、雌伏の期間はどのように過ごしていたのかが不明であったし気にも留められていなかった。とはいえ、事件の主犯である大石内蔵助は金銭の流れについて詳細な書類を作成しており、学術的には不明でも謎でもなかった。
 本作はテロ血行に至るまでの金銭的経緯を現代の物価に置き換えてリアルに現代人に魅せているのが画期的だ。なお、完全に赤穂目線で展開しているので、悪役の登場は割愛されている。

【効能】政治運動や市民運動に従事する人にとっては共感部分あり。蕎麦を食べたくなる。

【副作用】漫画的表現があって不快感。相変わらず吉良を悪役にしていて不快感。

下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。
スポンサーサイト



映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
60位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク