ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「パブリック・エネミーズ」を観た。 晴雨堂の晴耕雨読な日常[二十] 

パブリック・エネミーズ」 
ハードボイルドなラブロマンス

 
【雑感】14日はTOHOシネマズの映画の日なのでチケットは1000円だった。さぞや客が多いだろうと思っていたら、あまり入っていない。どうやら「ワンピース」や「ヤマト」へ客が流れたか?
 
 ジョニー・デップ氏は私のお気に入り映画俳優である。連れ合いも彼のファンだ。という訳で珍しく本作は2人で観に行った。私はどちらかといえば、ヴァンサン・カッセル氏の「ジャック・メスリーヌ」の方が見応えありそうだと思っていたのだが、連れ合いは全く興味が無い。彼女はもともと銃撃戦や殺人が盛り沢山のバイオレンス映画は観ない人だ。ジョニー・デップだから観に行く気になったようなものである。
 
 久しぶりの渋いジョニー・デップだった。けっこう彼は様々な役をこなしているのだが、初期のヒット作「シザーハンズ」に始まり、近頃の「チャーリーとチョコレート工場」や「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」、さらに新作の「アリス・イン・ワンダーランド」で白塗り仮面の不気味男のイメージが私の中で定着しつつある。
 本作ではダブルカフスのワイシャツに三つ揃いのスーツ、長めのコートに帽子にサッパリ清潔そうな刈上げ頭、なかなかカッコ良い。

 物語の構成はほど良いバランスだったと思う。全体に史実どおり、銀行強盗や脱獄の手口、主要人物の性格も納得がいく。今でも主人公デリンジャーの墓には参拝者が絶えないので、下手な描写はできないのだろう。そこへリアルで迫力満点の銃撃戦。儚いラブロマンス、前半の伏線とラストの台詞、気の利いた恋愛劇にもなっている。

 さて、私はある程度史実を知っているので、人物相関も結末も基本的なことは把握できる。しかしそれでも登場人物の顔を見分けるのは疲れた。ギャング側にも警察側にも似たような容姿が複数名いるからだ。顎が太いレスラータイプが3人ほど、下膨れのガキデカ風も3人程度、しかも多様な髪型がある現代と違って当時は全員刈上げ頭、同じ人間ばかりに見えてしまう。区別が付いたのは、主人公デリンジャー以外でフーバー長官とパーブィス捜査官ぐらいだ。
 フーバーもパーブィスも知らない連れ合いは、「みな同じ人間ばかりで訳わからん」とぼやいていた。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
86位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク