ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「12人の怒れる男」 社会問題を考えたい時に〔21〕 

12人の怒れる男」 ロシア版リメイク
 
 

【原題】12
【公開年】2007年  【制作国】露西亜  【時間】160分  
【監督】ニキータ・ミハルコフ
【原作】
【音楽】エドゥアルド・アルテミエフ
【脚本】ニキータ・ミハルコフ ヴラディミル・モイセイェンコ アレクサンドル・ノヴォトツキイ=ヴラソフ
【言語】ロシア語 一部チェチェン語 
【出演】セルゲイ・マコヴェツキー(陪審員1)  ニキータ・ミハルコフ(陪審員2)  セルゲイ・ガルマッシュ(陪審員3)  ヴァレンティン・ガフト(陪審員4)  アレクセイ・ペトレンコ(陪審員5)  ユーリ・ストヤノフ(陪審員6)  セルゲイ・ガザロフ(陪審員7)  ミハイル・イェフレモフ(陪審員8)  アレクセイ・ゴルブノフ(陪審員9)  セルゲイ・アルツィバシェフ(陪審員10)  ヴィクトル・ヴェルズビツキー(陪審員11)  ロマン・マディアノフ(陪審員12)  アレクサンドル・アダバシャン(廷吏)  アプティ・マガマイェフ(ウマル)
        
【成分】知的 切ない むさ苦しい 内戦 ロシア チェチェン
  
【特徴】シドニー・ルメット監督の名作討論劇のリメイク。白いワイシャツが似合う明るく爽やかなアメリカの夏といった前作と違って、本作は薄暗く寒くてどんよりといった感じだ。出演者の平均年齢も前作より高そう。
 討論劇としては本作のほうが私語や無駄口が多くてリアル。前作ではアメリカ社会が抱えるヒスパニック系のスラム問題をほのかに匂わす程度だが、本作では露骨にチェチェンとロシアとの紛争状態が背景にあることをストレートに描写している。
  
【効能】ディスカッションの難しさを体感できる。ロシア人の「善意」がどのようなものかが判る。
 
【副作用】チェチェン側の人間にとっては不愉快な内容。全体に暗いイメージで気が滅入る。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。  
陽気なアメリカ版と陰鬱なロシア版。
 
 討論劇の金字塔シドニー・ルメット監督「十二人の怒れる男」のリメイクである。前作と区別するため邦題は「12人」と漢数字からアラビア数字になった。
 
 被告人は少年、陪審員は12人、ほぼ有罪は確定しており陪審員たちはさっさと有罪と評決して帰りたがっている。ところが教養のありそうな紳士が1人異論を唱える。紳士は粘り強く論戦を展開し、検察が提示していた証拠の説得力を無力化していく。紳士が主張する無罪説を支持する陪審員は少しずつ増えていき、最後には全会一致で無罪となる。無罪説の紳士と最後まで対立する陪審員は実子との関係がうまくいっておらず、その境遇が陪審に影響していた。
 以上、前作の骨格となっている部分はほぼ本作でも受け継いでいる。が、イメージは正反対だ。前作を雨上がりの明るい昼下がりにとる爽やかなコーヒーと新鮮なサンドイッチとすれば、本作はドロドロの濃いコーヒーに練乳たっぷりと一昼夜煮込んだ熱いボルシチに大量のジャムがついたパンを雪降る暗い晩の夜食としてとるようにものか。
 
 前作は90分程度のコンパクトな長編にまとめているに対し、本作はその倍近くの時間を使っている。前作は「ウエストサイド物語」の時代を反映してスラム街に住むヒスパニック系移民の問題を仄かに匂わす程度だったが、本作ではロシアとチェチェンの紛争を前面に立て、戦争の風景を節目節目に挿入している。(余談1)

 さらに、前作はリアルな討論ではあったが90分程度にまとめる必要からスマートで綺麗な論争だった。本作はよりリアリティを追求しているのか陪審員たちの私語が多い。「さっさとやってしまおう」と口々に言うのだが、なかなか本題に入らない。実際、私も議長役を何度かやった事があるが、クセ者ぞろいの会議はなかなかまとまらない。「さっさとやろう」と言う輩に限って無駄口が多く非協力的で、それでもって議事進行の責任を押し付けてくる。だから本作はもろに感情移入した。
 
 ヘンリー・フォンダ氏は政治家のように堂々としていて歯切れの良い弁舌だが、セルゲイ・マコヴェツキー氏は少し融通が利かなそうで、観ていてイラッとくる。実際の論戦はヘンリー・フォンダ氏のように格好良くはなかなかいかないものだから、マコヴェツキー氏の演技は親近感がある。
 前作は良い意味でカッコいいアメリカ人男性ばかりだったが、本作では頭髪の薄い中年初老男性ばかりで、平均年齢が高そう。さらにミハルコフ監督自身が陪審の議長役で出演し、脇役と思いきや渋くて重要で美味しいキャラを担当している。
 
 ロシア人監督であるミハルコフ氏自身が、事件の裏側を察知して被告のチェチェン人少年に慈悲を与え守ろうとしているのだ。そういえば、被害者は少年の養父でロシア軍将校。チェチェン共和国はロシア連邦を構成する自治共和国で、ロシアはチェチェンの保護者みたいなもの。冒頭で少年は母親に「ロシア語で話せよ」と叫んでいた。ロシア人から慈悲を受けるなんておぞましいと思う独立派のチェチェン人が見たら、たぶん監督たちに怒りをおぼえるのではないか。
 
 前作は素直に裁判員制度の手本になる映画だが、本作は裁判員云々よりもロシア人の「良心」を覗くロシア臭い政治的映画になっている。

(余談1)どこの国でも程度の差はあれ少数民族虐めがあるが、チェチェンもロシア帝国時代の昔から支配民族ロシア人との軋轢があった。
 ソ連が崩壊してロシア連邦の「領土」となった時、ロシア人への反発が激化する。社会主義共和国が集まってできたソ連邦の中の自治共和国という建て前なら我慢できたが、憎きロシアの領土は嫌だということで、90年代に入って独立を宣言し、ロシア軍と二度にわたる戦争を行い国土は荒廃した。
 現在、強大なロシア軍を背景にロシア連邦帰属派の政権がチェチェンを代表し、独立派は地下にもぐってテロ活動を続けている。したがって、ロシア人とチェチェン人の関係は最悪である。
  
 作中のチェチェン人少年の回想なのか美人の母親がしばしば登場する。母親の見せ方がタルコフスキー監督の「僕の村は戦場だった」に少し似ている。
 ミハルコフ監督は黒澤明監督やタルコフスキー監督の影響を受けているように見える。
 

 
晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆☆ 優
  
晴雨堂マニアック評価
☆☆☆ 佳作



 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
去年から当地の映画館で、ロシア文学館シリーズと銘打って、次々とロシア映画ばかり、毎月見てるもんで、ロシアづいてます。
いろいろわかってきた。
どれもソ連時代に作成されたもので、まったく採算度外視。
とにかく徹底的に、とことん追究して、映画を作ってきたんだなあと言うことです。
で、その頃から、そういった映画にも出演したり、兄がそういう映画の監督をしてたりと、ソ連映画の黄金期をよーく知ってる人なんだ・・・と言うことですわ。
大仰で、粘っこく、しつこく作るのは、その辺りの名残でしょうか。
チェチェンも、ロシアではどう取られているんでしょうね。
いろいろと勉強したくなる映画でした。
[ 2009/12/22 12:53 ] [ 編集 ]
sakurai氏へ

> 去年から当地の映画館で、ロシア文学館シリーズと銘打って、次々とロシア映画ばかり、毎月見てるもんで、ロシアづいてます。
 
 それは趣味の良い映画館で。羨ましいですね。

> いろいろわかってきた。
> どれもソ連時代に作成されたもので、まったく採算度外視。
> とにかく徹底的に、とことん追究して、映画を作ってきたんだなあと言うことです。
 
 NHK的でしょう。さらに体制がビビッとこないよう解りにくくしないといけないので、制作陣は細心の注意と労力を払っています。ハリウッド的娯楽もヨーロッパ的藝術も身の危険がありますから。
 タルコフスキー監督はインタビューで「大衆には解らない様に作った」と堂々と答える始末です。

> 大仰で、粘っこく、しつこく作るのは、その辺りの名残でしょうか。
 
 ソ連の娯楽戦争映画も好きでよく見ていますが、独特のテンポと雰囲気があります。

> チェチェンも、ロシアではどう取られているんでしょうね。
> いろいろと勉強したくなる映画でした。
 
 アメリカにとってのニカラグアやキューバみたいな存在に近いのでは。
[ 2009/12/27 02:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://seiudomichael.blog103.fc2.com/tb.php/1025-1bd95c1d

----あらら、これって シドニー・ルメット監督の あの有名な映画のリバイバル? 「いや、それがそうじゃないんだ。 なんとロシアの名匠ニキータ・ミハルコフ監督による新作」 ----へぇ~っ じゃあ話はまったく違うの? 「叔父殺害の容疑をかけられた少年。 彼は果たして有...
[2009/12/20 13:20] ラムの大通り
 『少年の運命は、 12人の陪審員に委ねられた』  コチラの「12人の怒れる男」は、1957年に製作されたシドニー・ルメット監督の不朽の名作「十二人の怒れる男」のロシア版リメイクで、2007年のアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた社会派サスペンスです。ちなみ...
[2009/12/20 16:13] ☆彡映画鑑賞日記☆彡
オリジナルは大好きで何度か見ましたが、この映画のラストには唸りました・・・
  少年の運命は12人の陪審員に委ねられた。 来年から始まる裁判員制度と同じだ。人の運命を左右する大事なことをもしかしたら、自分が決めることになるかもしれない。それって何かお、恐ろしいものがあるよね。ましてや無罪なのか?有罪なのか?審判するなんて、やっ...
[2009/12/20 21:38] 銅版画制作の日々
「ブロークバック・マウンテン」のアン・リー監督の最新作はトニー・レオン主演映画。敵同士であるはずの男女の激しい愛のドラマを描く官能スパイ映画。予告編はかなり色っぽかったので、そういうのを期待して観に行きました(笑)。 出演はその他に、タン・ウェイ、ワン...
[2009/12/20 22:04] カノンな日々
シドニー・ルメットの名作『十二人の怒れる男』を、ロシアの巨匠ニキータ・ミハルコフ監督が現現在のロシア社会台を色濃く反映させリメイクした社会派な作品です。日本では『12人の優しい日本人』というのがあって大好きな作品なんですよね。三谷幸喜の舞台版も面白かった...
[2009/12/20 22:10] カノンな日々
JUGEMテーマ:映画 今年のアカデミー賞で外国語作品部門にノミネートされていた本作、 名作との呼び声も高い1957年アメリカ版オリジナルは未見でしたが 様々なところで取り上げられているのでストーリーは知っていました。 それだけに、このロシア版は、あまり?...
[2009/12/20 22:32] ハピネス道
12人の怒れる男 [DVD]傑作法廷劇「十二人の怒れる男」(1957)を、巨匠ニキータ・ミハルコフが、舞台を現代のロシアに置き換えリメイクしたのが本作。邦題は同じだが、オリジナルは“十二”と漢数字、本作は“12”と洋数字になっている。チェチェンの少...
少年の運命は、12人の陪審員に委ねられた。 ロシア人の養父殺しの容疑がかかっているチェチェン人少年の裁判は、当初は明らかに有罪だと思われていた。 しかし、いくつかの腑に落ちない点に気がついた1人の陪審員が、ほかの陪審員に疑問を投げかける。無罪の可能性が...
最高でした!!!
[2009/12/22 12:54] 迷宮映画館
少年の運命は、12人の陪審員に委ねられた。
[2009/12/24 11:46] ひるめし。
オリジナルの『十二人の怒れる男』。これほど途方もない大傑作は他になかなか見つからないだろう。映画史上燦然と輝く、金字塔的映画だと思う。自分にとって、初見は原作の方が先。レジナルド・ローズの同名脚本だった。これを読んで、こんなに素晴らしい舞台劇があるなん...
[2010/03/24 11:39] レザボアCATs
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
228位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
103位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク