ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「ターミネーター4」 ストレス解消活劇〔71〕 

ターミネーター4」 
ターミネーター新シリーズ第1弾。

 

 
【原題】TERMINATOR SALVATION
【公開年】2009年  【制作国】亜米利加  【時間】114分  
【監督】マックG
【原作】
【音楽】ダニー・エルフマン
【脚本】ジョン・ブランカトー マイケル・フェリス
【言語】イングランド語
【出演】クリスチャン・ベイル(ジョン・コナー)  サム・ワーシントン(マーカス・ライト)  アントン・イェルチン(カイル・リース)  ムーン・ブラッドグッド(ブレア・ウィリアムズ)  コモン(バーンズ)  ブライス・ダラス・ハワード(ケイト・コナー)  ジェーン・アレクサンダー(ヴァージニア)  ジェイダグレイス(スター)  ヘレナ・ボナム=カーター(セレナ・コーガン)  マイケル・アイアンサイド(アシュダウン)  イヴァン・グヴェラ(-)  クリス・ブラウニング(-)  ドリアン・ヌコノ(-)  ベス・ベイリー(-)  ヴィクター・ホー(-)  バスター・リーヴス(-)  ケヴィン・ウィギンズ(-)  グレッグ・セラーノ(-)  ブルース・マッキントッシュ(-)  トレヴァ・エチエンヌ(-)  ディラン・ケニン(-)  マイケル・パパジョン(-)  クリス・アシュワース(-)  テリー・クルーズ(-)  ローランド・キッキンジャー(T-800の首から下)  アーノルド・シュワルツェネッガー(T-800の首から上)  アンジャル・ニガム(-)
        
【成分】スペクタクル 勇敢 絶望的 切ない かっこいい 近未来 2018年 SF ターミネーター
  
【特徴】「T3」の続編。ジョン・コナーは人類軍の一部隊を率いる指揮官として活躍しているが、まだ最高司令官ではなく前シリーズでほのめかされたカリスマ性はまだ全開ではない。ジョン・コナーの父親となる運命のカイル・リースもまだ少年だ。ここでは人間の生きた筋肉や皮膚をまとったターミネーター誕生秘話を語る重要なキャラクターとしてマーカス・ライトが登場し、ジョン・コナーを差し置いて事実上主人公となっているのが特徴。マーカスを演じたオーストラリア人俳優サム・ワーシントン氏にとって本格的なハリウッド進出作となるが、彼にとっても主役のクリスチャン・ベイルを差し置いて事実上の主役といえる。
 ケイト・コナーをはじめ女性の登場人物が印象深く登場はするが、事実上「男の友情物語」に仕上がっているのが新鮮。シリーズの中では最も女性キャラガおとなしい作品でもある。
 佳境でツルツルの若いシュワちゃんが登場する。さすがCGは素晴らしい。
  
【効能】爽やかな男臭さに女子は萌え。懐かしさと新鮮さに物語世界に感激する。マーカス・ライトのアクションにストレス解消。
 
【副作用】マーカス・ライトの扱いに不満。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。  
新シリーズ第一弾として無難だが好かん。
マーカス・ライトがもったいない。


 これまでの3作でときおり挿入されていた「未来世界」、T1ではカイルの回想場面、T2では冒頭で登場するジョン・コナー司令官、T3では青年ジョン・コナーの悪夢。今回はその「未来世界」が舞台となる。(余談1)
 
 ファンとしては興味深い内容だ。20代の頃、漫画同人誌を専門に請け負う印刷会社に勤めていたとき、顧客の原稿の中にジョン・コナー総司令官を主人公にした未来世界のエピソードを独自の解釈で創作した漫画を何件か目にした事がある。
 ジョン・コナーがどういう経緯でスカイネットが脅威と見なすほどの人物になっていくのか、母親サラはどう絡むのか、崇拝の眼差しで従う純粋で忠実な部下カイル・リースにどんな顔で接しどんな言葉をかけるのか? そして潜入型ターミネーターがどのように造られていったのか、旧型のゴム製はどんな感じか、生きている組織を貼り付ける製造過程は? ターミネーター世界にのめり込んだ事のある方なら誰もが空想した事に違いない。だから、「ターミネーター」は「T2」で完結と考えているキャメロン派ファンでも今回の「T4」には好奇心をもってしまうだろう。
 
 結論を言うと、映像は美しく迫力があったが物語の構成には不満がある。まず、どう考えても謎の死刑囚マーカス・ライトが主人公である。このキャラを今後どのように扱うかは判らないが、物語としては一応今回で出番は終わりのようなので勿体無い。マーカス・ライトは新シリーズ全体を支える主役ポジションであるべきで、ジョン・コナーやカイル・リースは思い切って脇役に退き、前3作とは全く新しいシリーズにしなかったのが非常に残念である。従来ファン層からの売り上げを意識しているようで気に入らない。

 ターミネーターをサイボーグかロボットかの議論が長年存在しているようだが、少なくともマーカス・ライトは完全にサイボーグに該当するだろう。外皮だけでなく脳と心臓まで人間なのだから従来のターミネーターとは一線を画す。人間である事と機械の面との葛藤、物語の重要な鍵となる存在、処刑されたはずの2003年から舞台となる2018年までの記憶の空白、どこか十字架を背負っているような感覚、主役となる魅力が詰まっている。これに加えて、キャシャーンのように身体が機械であることを周囲の人間にいつバレるかビクビク緊張する要素があれば完璧だ。
 つまり、ターミネーターはT1では悪役、T2とT3はジョン・コナー役とともに共同主役、今回はターミネーター誕生秘話とターミネーターの内面に迫るためターミネーターを単独主役としたほうが、私は面白く感じる。

 もし私が制作者なら、T4では記憶喪失のマーカス・ライトが機械軍と戦う過程で人望を集め人類軍の部隊長へと頭角を現し、総司令官ジョン・コナーの信頼と友情を得る話にする。佳境でシャワちゃん型ターミネーター(余談2)と格闘する過程で身体の一部を損傷し、身体のかなりの部分が機械になっている事に愕然とし、ラストはメカが覗いている傷口を隠しながら戦友や恋人と勝利を喜び、若き総司令官ジョン・コナーから参謀として迎えられるところで、T5へと流れるようにする。
 T5ではついにジョン・コナーたちに正体がばれて指揮官を解任、本作のように拘束・尋問・解体されかけるが、捕虜となったカイルを助けた事で再び信頼を回復するが人類軍の指揮官には復帰せずジョン・コナーとは別行動でスカイネットと戦う決意をし、T6ではマーカス誕生秘話が明らかになる。
 私は以上のような展開にしてほしかった。 
  
(余談1)新シリーズは三部作、T6まで企画がある。普通は本作T4の興行成績を確認してからT5制作に取り掛かるものだが、既に着手しているとの噂を聞いた。しかも、クリスチャン・ベイル氏は新3作でジョン・コナー役を担当する契約を結んでいるとか。
 
 少年時代のカイル・リース役には現在封切られている「スター・トレック」でチェコフ少尉役を担当しているアントン・イェルチン氏が扮している。若くしていきなりSF大作2本で重要なキャラを演じるとは。イメージがSFに限定される危険があるな。
 
(余談2)本作ではローランド・キッキンガー氏のボディと若い頃のシュワちゃんの顔をCG合成している。数体登場するかと思ったら1体だけで、しかもほどなく丸焼けになってメカ骸骨になってしまう。
 

 
晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆☆ 優
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆☆ 佳作

 
晴雨堂関連作品案内
ターミネーター4 サントラ
 
晴雨堂関連書籍案内
日経エンタテインメント!SFアクションSpecial(ターミネーター パーフェクトガイド (日経BPムック)
ターミネーター4 オフィシャル完全ガイド(ShoPro Books) タラ・ベネット
 

 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
私はジェームズ・キャメロン版の2作に対するオマージュに満ちたこの映画が好きですよ。
やっぱり映画愛が感じられる作品って、見ていて嬉しくなってしまいますから。
[ 2009/12/27 21:37 ] [ 編集 ]
にゃむばなな氏へ

> 私はジェームズ・キャメロン版の2作に対するオマージュに満ちたこの映画が好きですよ。
> やっぱり映画愛が感じられる作品って、見ていて嬉しくなってしまいますから。
 
 たしかにオマージュですね。私はもっと冒険してほしかったのですが。
[ 2009/12/27 22:28 ] [ 編集 ]
ターミネーター4が興行的にズッコケ、T4製作会社破産、ターミネーター権利放出→競売中...でマックG監督によるターミネーター5は暗礁にのりあげ、ターミネーター3同様、ターミネーター4も無かったことになる模様...
[ 2009/12/28 02:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://seiudomichael.blog103.fc2.com/tb.php/1037-c8937606

 『どこで誰が、未来を変えたのか?』  コチラの「ターミネーター4」は、シュワ知事主演で世界的にヒットした「ターミネーター」シリーズの4作目にして、初めて「審判の日」以降の未来が描かれる6/13公開のSFアクションなのですが、昨日の「ターミネーター3」の記事で?...
[2009/12/27 02:23] ☆彡映画鑑賞日記☆彡
【 34 -8-】 絶対に見に行かないって思っていたのに、封切り二日目が東宝シネマズディで1000円やし、仕事で海には行っていないし、妻も見に行くと言うし・・・だからうっかり見に行ってしまった。  時は2018年。核戦争で荒廃した世界は、人工知能搭載のスーパーコンピ?...
やっぱりターミネーターは面白いわ~♪マーカス・ライトなる人物(?)が過去、いや未来?にはいたんですねぇ
軍事ネットワークシステム・スカイネットの暴走と、それを発端とした世界規模の核攻撃によって世界は荒野と化し、生き残った人類は、スカイネット率いる機械軍と果てしない戦いを続けていた。荒野で目覚めた男・マーカスは、LAの廃墟で一人の少年に出会う。彼こそ、後に...
[2009/12/27 09:16] 5125年映画の旅
ターミネーターシリーズは大大大好きっ(3は、、、ジョン・コナー役の方に超~不満だし苦手だけど・汗)未来を描く新シリーズを楽しみにしていました~ベイルが出るし【story】2018年。機械軍≪スカイネット≫に支配された世界で、抵抗軍のリーダーであるジョン・コナー?...
未来をかけた戦いに終わりには無い!  
[2009/12/27 10:14] Akira's VOICE
あの『T3』がさすがに柳の下にもう泥鰌はいなかったって感じでしたし、さすがにもう続編はないかなァと思っていたら、新三部作の第1章という位置づけなんだそうですね。だったら「4」なんて付けなくてもいいのにね。。ちなみに原題は『TERMINATOR SALVATION』。 出演は...
[2009/12/27 11:50] カノンな日々
1984年に誕生した「ターミネーター」シリーズの、6年ぶりになる第四弾。 それぞれの製作時点での「現在」を舞台に、コナー母子VS未来から送り...
マーカス・ライトに震えた!興奮した!涙した!そしてマックG監督のこのシリーズ及び、開祖ジェームズ・キャメロンに対する愛と溢れんばかりのオマージュの数々にも震え、興奮した映画でした。 個人的にはストーリーの面白さやCGアクションの凄さ以上に、このシリーズに...
[2009/12/27 21:39] めでぃあみっくす
ターミネーター4 コレクターズ・エディション [DVD]これはSFというより、もはや戦争映画。それほど戦いは熾烈で未来は荒廃している。スーパーコンピューター“スカイネット”が支配する2018年の地球で、わずかに生き残った人類は、ジョン・コナーを指導者とし...
今週の平日休みは「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 その2本目。 このシリーズ・・・ひらりん的には映画館通いする前の作品なので、 劇場鑑賞は、今回初。 もちろん最近レンタルされてる新テレビシリーズも未見ですっ。
どこで誰が、未来を変えたのか? ターミネーターといえば、やはり思いだすのはシュワちゃんですよね。そのシュワちゃんもカリフォルニア州の知事なってしまい、俳優業を休止状態です。シュワちゃんの当たり役だったこのシリーズも、2003年の『T3』公開直後に知事に?...
[2009/12/28 21:35] 銅版画制作の日々
パロディー映画と化してしまった『ターミネーター3』は無かった事になるのだそうで、仕切り直しに作られたテレビドラマ『ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ』は1巻だけで飽きてしまった俺。 女ターミネーターなんて、3作目でも思ったけど某女剣劇(あたしゃ浅?...
[2009/12/30 20:24] そーれりぽーと
人類の危機がいちどは回避されたと思いきや、核ミサイルが世界各地に落ちる驚愕の前作からはや6年。殺人マシンが公務に忙しくて出られなくても、ドラマはさらに続く!! 物語: 2018年、スカイネットによる核攻撃を受けた「審判の日」を生き残ったジョン・コナーは機械....
アクションは優れていますが、展開が今ひとつ。しかし、新シリーズのスタートに期待大。
[2009/12/31 20:08] 夫婦でシネマ
さっそく、ターミネーター4を観てきました。 際限なく「無理繰りシリーズを続けるのか?」と懐疑的なところはあったのですが、今までの...
[2010/01/26 02:59] 尼崎OSよ永遠なれ
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
63位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク