FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

シー・シェパード(2) 近頃の現象[三百三十二] 

反捕鯨世論強まる恐れ 
シー・シェパード船衝突で-豪

 
 米反捕鯨団体「シー・シェパード」(SS)の妨害船「アディ・ギル号」が南極海で日本の調査船と衝突し大破した出来事により、オーストラリアで反捕鯨世論が一段と強まる恐れが指摘されている。豪州ではSS寄りの報道が目立つ中、豪政府は7日、衝突状況などについて調査する方針を明らかにした。(時事通信)
 
【雑感】神から「海の羊飼い」の使命を代行していると信じて疑わないシー・シェパードにとっては、衝突は妨害工作の1つの選択肢だろう。神の名に於いて捕鯨船に天誅を下したいところだが、しかしそれよりも自ら身を呈して捕鯨をやめさせようとしたところ構わず衝突してきて大破するに至った、彼ら彼女にとっては警告に従って捕鯨船は日本へ回れ右すれば事故は起こらなかった、責任は日本の捕鯨船にあると思っているはずだし、この「事故」によってシー・シェパードのメンバーたちは殉教者精神を讃えられ更なる反捕鯨・反日の世論を煽ることができる。
 
 百歩譲って、いや公海上のことだから千歩譲ってと言った方が良いだろう。遠洋での捕鯨は駄目としても、彼ら彼女たちは日本の和歌山県に上陸し、日本の領海内で行っている捕鯨やイルカ漁にまで妨害工作を行っている。私にはこの精神構造はキリスト教にあるのではないかと疑う。
 聖書の知識がある方はお判りのように、「シェパード」とは犬ではない。「海の猟犬」ではなく「海の羊飼い」である。主は羊飼い、彼ら彼女たちは神の御心に従って海の羊飼い足らんとしている。仮に世界中の海が鯨で溢れても鯨の「人権」を守るだろう。
 
 初詣の参拝客に向かって他宗教批判を行うキリスト教徒の布教者たち、異端や異教を断固として認めない態度、これが世界史に於いて多くの悲劇を生んでいるのにその反省が無い。そんな精神が日本の主権がある海域までも出張って妨害とネガティブキャンペーンをする反捕鯨活動家の根底にあると私は疑っている。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2010/01/08 00:54 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
71位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク