FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

ジーン・シモンズ 近頃の現象[三百四十二] 

ジーン・シモンズ
 
ジーン・シモンズ.jpg 
 
【雑感】よりによって、私の誕生日に旅立たれるとは・・。

 私は子供のころから長い黒髪で眉毛が太くて大きな瞳の女性に惹かれる。その原因の一つに映画の影響がある。慣れ親しんだ洋画のヒロイン、「ベン・ハー」のハイヤ・ハラリート氏、「ローマの休日」のオードリー・ヘップバーン氏、「ラッシー」のエリザベス・テイラー氏、そして「スパルタカス」のジーン・シモンズ氏だ。
 
 一番印象に残っているのは、「スパルタカス」のラストシーンだ。今でも迫力ある顔をハッキリ憶えている。

 クラサス率いるローマ軍との決戦に敗れたスパルタカスは磔刑にされ街道沿いに晒される。まだ息のあるスパルタカスを見つけたジーン扮する妻バリニアは足元に駆け寄り、彼との間にできた赤子を見せながら「この子は自由よ」と語りかける。
 日本語吹替えでは「お奉行様、ありがとうごぜぇますだ」的イントネーションで甲高い女性の涙声で「この子は自由なのよ」と言っていたが、ジーン自身の肉声では腹の底から搾り出すように「free」と低い声で言っていた。涙声ではない。闘志に溢れた戦闘モードの発声。「自由を獲った。あなたの子供は自由人として生きていく」「あなたの志は自由となった息子に引き継がれる」といったニュアンスだ。この後に大きな瞳を涙に潤ませながら、そのニュアンスが言葉となって出てくる。
 
 そして最後の台詞、「Goodbye My Love, My Life. Goodbye. Goodbye・・」はグッとくる。
 

 
 ジーンは「ハムレット」「聖衣」「デジレ」「スパルタカス」 などが代表作なので、襞の多いヒラヒラしたドレスをまとってのイメージが強い。が、けっこう意外な役もやっている。
 
 今ではブルック・シールズ氏のイメージが強い「青い珊瑚礁」だが、あれはリメイクで、映画化第1作目は1940年代にジーン主演で制作されていた。残念ながら未見だが作中場面らしき写真は観たことがある。半裸のブルックよりやや露出度が少なめでロングの腰巻をまとっていたものの、ヘソ出しルックと陽に焼けていそうな細い美腕、10代の少女の顔。この写真を観たとき、「可愛い!」と思うと同時に「ああ、もう80近いお婆さんなんだ」と奇妙な感慨に耽ってしまった。
 
 もう一つ、変り種では「ハウルの動く城」英語版でヒロインの声を担当した。これを知ってから、ソフィーがジーンに見えてしまった。 
 
 ふと思い出した。「スパルタカス」で共演したカーク・ダグラス氏、たしかジーンより一回りほど歳上のはず、いまどうしているのだろうか? まだご健在のはずだが。 
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2010/01/24 08:18 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://seiudomichael.blog103.fc2.com/tb.php/1081-90dd8fc0

ジーン・シモンズさんの訃報を聞いた。好きな女優の一人だった。 映画館で初めて彼女に接したのは1949年の奈良セントラル劇場だった。一部の人物や政治的背景や台詞の一部を省略し、2時間半に纏め、1948年アカデミー作品賞に輝いた「ハムレット」で、彼女は、オフィリア?...
[2010/01/26 17:05] アスカ・スタジオ
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
71位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク