FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

朝青龍明徳(2) 近頃の現象[三百四十九] 

朝青龍“退職金”減額も 
緊急理事会で決議へ

 
 4日に電撃引退した元横綱・朝青龍(29=本名ドルゴルスレン・ダグワドルジ)の“退職金”が減額される可能性が出てきた。退職金とは別に元横綱と元大関に贈られる「特別功労金」を決議する日本相撲協会の理事会が、10日に開催されることが判明。支給額に関しては1億5000万円以上とも言われるが、数々の騒動を起こしての引退だけに外部役員らから“物言い”がつきそうだ。(スポニチアネックス)
 
【雑感】皆から惜しまれての引退ではなく、事件を起こしての引責引退であり、しかも騒動は一度や二度ではなかった。だから、これはやむを得ないだろう。
 本来、朝青龍ほどの力士なら引退しても「元朝青龍」とはいわない。横綱は引退しても5年間は四股名のまま親方として協会にいられる。また一代年寄北の湖や貴乃花を上回る優勝回数だから四股名のまま一代に限り年寄になれる一代年寄の栄誉もあっていいはずだ。
 その話すら無く退職金の減額の話し、朝青龍サイドもそれらのことは言及せず、引退会見で「これからは元朝青龍」と発言したことから、協会に残るつもりはないかもしれない。母国に帰って実業家か政治家か?
 
 素人に怪我を負わせた問題、これはまだどういう状況なのかは明らかではない。当ブログでメッセンジャー黒田の事件を引き合いに出して警察の力士へのエコ贔屓疑惑に触れたが、その黒田の事件で被害者側の怪我の具合は当初報道されていたより軽症だったことが後になって判明した。
 朝青龍の場合、当の被害者本人が刑事告訴せず寛大な処分を望んでいる訳で、はたしてどんなシチュエーションなのか流動的だ。積極的にプロの格闘家が殴る蹴るを素人にやってしまったら「引退」どころか「解雇」でないとおかしい。しかし、モノの弾み程度の可能性も残されている。以前、ある力士が報道陣を手で振り払ったところ、カメラマンの1人が怪我をして「全治10日間」などと騒いだ事があったおぼえがある。
 
 私はヒール好きなので、朝青龍不在の場所はつまらなく思ってしまう。制限時間一杯の時に塩を巻く独特のポーズと表情を見る事をいつも楽しみにしていた。巨漢力士をあの力士としては小兵に近い体格で投げ飛ばす様は溜飲下がる想いだった。
 「品格」といっても、横綱玉錦の前例があることだし、裏で品格のない言動をする親方衆の存在がよく週刊誌などで報じられている。力士の傷害致死事件があったが、ハインリッヒの法則(1つのトラブルがあったらその陰には無数のヒヤリ・ハットのトラブル未満のミスがある)に当てはめれば、朝青龍は楽屋裏を映す鏡になっているかもしれない。「他人の振り観て我が振り直せ」という言葉があるが、朝青龍のふり見て協会の振り直せ、かもしれんのだ。
 
 外国人力士だから相撲文化を理解していない、という批判もある。しかしプロ野球の助っ人外人を見よ。日本にやってきて長い選手でも日本語がおぼつかない人は少なくない。
 だが朝青龍は日本人だと錯覚するほど流暢に操れる。琴欧州はまだ不得手だがイントネーションは完璧で訛は無く、平仮名だらけながらも日本語でブログを書いている。相撲文化は、嫌でも叩き込まれる。理解していないわけではない。
 相撲文化の奥深い部分への無理解であれば、それは協会や親方の責任だろう。協会や親方自身が理解していない可能性がある。

 朝青龍には播磨灘のようになってほしかった。残念だ。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2010/02/07 16:32 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
58位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク