FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「東京残酷警察」 おバカになって愉快になろう〔27〕 

東京残酷警察」 スプラッタ・ギャグ映画

【英題】TOKYO GORE POLICE
【公開年】2008年  【制作国】日本国 亜米利加  【時間】109分  【監督】西村喜廣
【原作】
【音楽】
【脚本】西村喜廣 梶研吾
【出演】しいなえいひ(ルカ)  板尾創路(ミヤマアキノ/ミヤマアマネ)  堀部圭亮(ルカの父)  紅井ユキヒデ(機動隊長)  坂口拓(タナカコウジ)  菅田俊(西東京支部・署長)  ジジ・ぶぅ(-)  澤田育子(-)  泉カイ(-)  マメ山田(-)  山本彩乃(-)  木ノ下もこ(-)  長澤つぐみ(-)  浅野麻衣子(-)  松木大輔(-)  村田尚史(-)  清水崇(-)  オッペマ(-)  園子温(-)  豊島圭介(-)  神谷誠(-)  デモ田中(-)  塩田時敏(-)  田野辺尚人(-)  桐島チェリー(-)  ナコシサヤコ(-)  三島ゆたか(-)  津村和幸(-)  西村喜廣(-)  重盛さと美(-)  神田茉里奈(-)  町田マリー(-)  中原翔子(-)
        
【成分】笑える 不気味 セクシー スプラッタ バイオレンス 近未来 
   
【特徴】日本人がアメリカ向けに制作した日本文化をふんだんにパロディにしたスプラッタ映画。真面目に捉えず、血飛沫ナンセンスギャグを楽しむべし。
  
【効能】スカッと爽やか血飛沫映像。あまりに馬鹿馬鹿しい設定に、残酷描写なのに笑いを禁じえない。
 
【副作用】残酷描写の連続で気分が悪くなる。アメリカに迎合して日本文化を愚弄する制作陣に怒りを感じる。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。  
米国にウケそうなスプラッタギャグ
 
 正統派スプラッタではない。かなりギャグを織り交ぜた血飛沫暴力映画で、悪趣味かもしれないが私は笑ってしまった。作品の雰囲気を簡単に言えば、永井豪氏の「デビルマン」や「デビルマンレディ」に心酔したアメリカ人オタクが少し真面目に現代社会を冷笑しながらつくったC級映画みたいなデキになっている。アメリカ資本による日本映画というのも納得、至る所にアメリカ人ウケを狙った場面が盛り沢山。西村喜廣監督は日本でウケるよりもアメリカでウケる事を狙っているように思える。
 
 民営化された警察は従来通りシンボルマークは五角形の旭日章だが、ハリウッドが考えそうな大鎧をダサくアレンジしたヘルメットや強化服を着ている。その大袈裟なデザインに笑ってしまう。
 血飛沫がシャワーノズルで発射されたように飛び散り、血の雨の中を和傘さして歩くなどはスプラッタ趣味のアメリカ人が喜びそう。
 身体を凶器に変形させるミュータントは、永井豪氏のスプラッタ漫画に出てきそうな怪物ばかり。(余談1)
 
 殺人鬼ミュータントに日本刀で対決するヒロインの婦人警官役に椎名英姫氏を起用したのも欧米ウケを狙ったのかもしれない。けっこうカルトな人気があるそうだし、スレンダー美女の血みどろな活躍は面白い。ただ、より欧米にウケることを考えたら、もっと南方系アジア人的風貌の女優の方が良いと思う。たとえばC級映画「エイリアンX」で黒い長髪をサラサラなびかせて銃を撃ちまくる女隊長役ミシェル・ゴー氏あたりなんかが適切だろう。
 日本ウケを考えたら、予算があれば(予算があっても殆ど無理だが)栗山千明氏か谷村美月氏、実力派AV女優の吉沢明歩氏なら迫力あるかもしれない。私の個人的な印象では椎名英姫氏には似合わないような気がする。
 
 日本ではあまり評価は上がらないかもしれないが、ミュータントの面妖なデザインや近未来の世界観はアメリカの日本漫画アニメオタクを中心にウケることは確実だ。
 
(余談1)結局のところ、私にはスプラッタの面白さは殆ど感じなかった。ぶっ飛び感にしても、永井豪ワールドに比べたら新機軸は見当たらない。
 もっと悪趣味にしても良かったのではないか。ヒロインの衣装を、いっそのこと黒いレザーのマイクロビキニにして、黒いレザーのミニスカートに黒の網タイツに黒ブーツ、上腕には旭日の警察章タトゥー、腰には今まで倒したミュータントのボスキャラのタトゥーをエンブレム風にいれ、首には階級章をネックレスにしてかけ、平安時代のゴージャスな拵えの太刀を持つ。
 私の考えたイメージの方がよりウケると思うのだが。この映画は前評判の割にマトモ過ぎる。
 

 
晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆ 良
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆ 可

 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
170位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
84位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク