FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

シー・シェパード(3) 近頃の現象[三百七十三] 

ブーツにナイフ携帯 
逮捕のシー・シェパード元船長

 
 環境保護を標榜(ひょうぼう)する米団体「シー・シェパード(SS)」メンバーによる調査捕鯨船団の監視船「第2昭南丸」への不法侵入事件で、艦船侵入容疑で逮捕されたSSの抗議船「アディ・ギル号」の元船長、ピーター・ジェームス・ベスーン容疑者(44)が、第2昭南丸内での拘束中、ブーツの中にナイフ1本を隠し持っていたことが19日、捜査関係者の話で分かった。乗組員とのトラブルに備え、護身用に携帯していたとみられる。東京海上保安部などはナイフを押収し、銃刀法違反(所持)にあたる可能性もあるとみて調べている。(産経新聞)
 
【雑感】私は昔から朝日新聞を購読していて、産経新聞はあまり好きではない。しかしこの記事の表現は好感を持っている。シー・シェパードを「環境保護団体」と表現せず「環境保護を標榜する米団体」としているのは極めて正確な客観的事実である。
 我々がシー・シェパードを「環境保護団体」と呼んでは、彼らが環境保護をやっている事を認めてしまう事になる。あくまで環境保護を標榜しているのであって、まこと環境保護に値する活動をやっているかどうかは不明だ。さらにローマ字の略称「SS」と書くところがニクイ。たしかにシー・シェパードを略せば「SS」になる。多くの人々が暴力的な集団SSと聞いたら、ナチスドイツの武装親衛隊(SS)を連想してしまうが、産経はそれを考慮しているのかな。
 
 さて、ピーター・ジェームス・ベスーン容疑者、第2昭南丸船長を「逮捕する」ために侵入したとか、さらにシー・シェパード第2昭南丸船長を豪州で告訴したり、なかなか愉快なことをやってくれている。
 そういえば、15年前の今時分だったか、オウム真理教の地下鉄サリン事件があった。「ポア(救済)」と称して人殺しを重ねていた。サリン製造工場から流れ出た有害物質によって風下の民家が被害を受けると、オウム側は被害者である民家からサリンが流れてきて教団が被害を受けたなどと無茶を並べたり。
 オウムの幹部たちが国政選挙に出馬したときも、世間の評価は「泡沫候補」、どう考えても落選は必然なのに、選挙に不正があるなどと騒いでいた。
 
 自分たちの自業自得的加害責任を被害者に擦り付ける所業、オウムの場合は確信犯的なところがあったようだが、シー・シェパードは本気で自分たちが正義だと思い込んでいる節があるから怖い。
 
 我々「良識人」は、自分が100%正しいなどと自惚れてはいない。物事には必ず効能と副作用、長所と短所がある事を知っている。正しいと思っている事も、それはあくまで自分の利益(金銭的利益だけとは限らない)と合致しているから正しいと感じているのであって、対立する立場の人間にとっては悪事となるかもしれない、そんな相関関係も心得ている。
 様々な主義主張があるが、それぞれに敬意を持って接するが深入りはしない。それぞれの良い所を倣い灰色を楽しむのが「良識人」のあるべき姿だ。そして日本は適度に民主主義・適度に封建主義・適度に資本主義・適度に社会主義であることで社会の安定を維持してきた国家だ。世界に誇るべき体制と思う。特定の主義主張に固執すれば、その先は動乱や粛清の悲劇が待っている。
 クロマグロの禁輸否決を、シー・シェパードは「強欲の勝利」と批難したがクロマグロ需要を「強欲」の一言で片付ける姿勢が恐ろしい。人間の営みに対する認識と理解が幼稚なくらい雑い。

 もし私がシー・シェパードのリーダーなら、日本を政治的に追い詰め日本人を精神的に打ちのめすに、鯨問題は捨て置くだろう。それよりも食糧自給率40%未満なのに世界有数の残飯排出国である点を突く。反捕鯨運動を展開するよりも、大量に水揚げされるマグロなどの魚と回転寿司屋で大量に遺棄される賞味期限きれのマグロ寿司を映すことで日本を批難する。そんな国に捕鯨を認めたら鯨は絶滅すると連想させるように仕向ける。
 この切り込み方のほうが痛い。この手法を使わない時点で、シー・シェパードたちが本気で環境保護を考えていない動かぬ証拠だ。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2010/03/20 15:24 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(2)
なんか、どうも・・・動物を守りたい云々より
「人種差別」をしたいがために思えてくるんですよね~。
鯨やイルカ問題は利用されてるだけのような気がして。

youtubeで日本人差別のいろんな動画を見てると
実際にそう思えてきます。
そもそも・・・戦争の背景があるから、なんですけど。

とりあえず、捕鯨問題を通り越して
日本人非難ばかりが大きくなってきてますね。
日本がする北朝鮮の報道みたいに、
日本の悪いところばっかり報道してますよ、こっちでは。
「世界の嫌われ者」ですね~、日本人って。。。と改めて思いました。
[ 2010/03/20 15:53 ] [ 編集 ]
マイコ氏へ
 
 鋭い!
 
> なんか、どうも・・・動物を守りたい云々より
> 「人種差別」をしたいがために思えてくるんですよね~。
> 鯨やイルカ問題は利用されてるだけのような気がして。
 
 その通りです。聖書を持ってキリスト教を世界中に布教していく活動と世界侵略・植民地支配がセットであったのと同じ事です。欧米人はその精神から卒業できていない。

> とりあえず、捕鯨問題を通り越して
> 日本人非難ばかりが大きくなってきてますね。
> 日本がする北朝鮮の報道みたいに、
> 日本の悪いところばっかり報道してますよ、こっちでは。
> 「世界の嫌われ者」ですね~、日本人って。。。と改めて思いました。
 
 アジアであり、非キリスト教圏だから嫌われるのです。一方で日本がブームになっている事もありますが、これは蔑視の裏返しです。
 少し前までオーストラリアと日本は友好的ムードだったのに、本音が出ていますね。
 
 本気で環境保護をやりたいのであれば、私は鯨云々以前に、肉を食べてはいけないと思うし、全世界で肉食を禁止するくらいをやらないとダメでしょう。肉を生産するのにかかる飼料とCO2コストを考えたら、60億世界人民がベジタリアンになったほうが有効であり、まだまだ食糧生産に余力が出る。
 
 ブログ記事でも触れましたが、日本は食糧自給率が低いくせに残飯排出量は世界トップクラスです。非常にバチあたりなことをやっています。
 これだけ環境保護問題としてあからさまで突っ込める材料があるのに、鯨にイルカにクロマグロで攻める。彼ら彼女たちは自分たちの行いを「環境保護」と信じているようだが、本質は違うのは明白。日本バッシング・アジアバッシングです。
 
 神の教えを広めるといいながら、多くの民族を虐殺し民族文化を破壊してきた根性が見え隠れします。
[ 2010/03/21 06:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
58位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク