FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「砂漠の鬼将軍」 家族と一緒に考えよう〔5〕 

砂漠の鬼将軍
ジェームズ・メイソンあたり役。



 
【原題】THE DESERT FOX
【公開年】1951年  【制作国】亜米利加  【時間】88分  
【監督】ヘンリー・ハサウェイ
【原作】デスモンド・ヤング
【音楽】ダニエル・アンフィシアトロフ
【脚本】ナナリー・ジョンソン
【言語】イングランド語
【出演】ジェームズ・メイソンロンメル将軍)  セドリック・ハードウィック(-)  ジェシカ・タンディ(-)  ルーサー・アドラー(ヒトラー)  エヴェレット・スローン(-)  レオ・G・キャロル(-)  ジョージ・マクレディ(-)  リチャード・ブーン(エルディンガー)  ダン・オハーリヒー(指揮官)  エドワード・フランツ(フォン・シュタウフェンベルグ大佐)  デスモンド・ヤング(本人)      
【成分】勇敢 絶望的 切ない かっこいい 第二次大戦 ドイツ軍 戦争映画
  
【特徴】ロンメル役で名高いジェームズ・メイソン氏主演。ロンメル将軍が登場する映画では最も有名であり最初の本格作品である。戦中戦後の連合国がロンメルに抱いた好意的印象と政治的意図がよく現れている。
 原作者デスモンド・ヤング氏が本人役で出演しているほか、ジェームズ・メイソン氏が着用しているドイツ軍の軍服も実際にロンメル家から借りたものである。
 
【効能】制約のある環境下でも信念を貫き通したロンメルに感動。
 
【副作用】ドイツ兵がアメリカ人まるだしで興ざめ。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。  
ロンメル像の基本形
 
 主演のジェームズ・メイソン、50年代・60年代に青春を過ごした映画ファンならドイツ軍の名将ロンメル役で有名である。漫画家手塚治虫氏の「アドルフに告ぐ」に登場するロンメルにはメイソンの面影があるし、藤子不二夫氏らが若いころに描いた戦争漫画に登場するロンメルはもろにメイソンだ。
 
 実際にドイツ軍の捕虜になった経験のある英軍将校が原作者で、映画にも冒頭で本人が本人役で出演している。当時としては些か珍しい説得力のあるドキュメントテイストの演出で物語が進展する。観客は引き込まれた事だろう。なにしろ公開は1951年、戦後6年しか経っていないから、ロンメルは過去の人ではなく未だ同時代人だ。
 
 ただ、いま観るとハリウッド臭さが強烈にある映画だ。ドイツ兵は「英語」を話すし、英米兵と通訳無しで当り前のように会話する。アフリカ軍団の軍服(余談1)は真新しくて糊バッチリ、敬礼の仕方がいい加減。私にはアメリカ人まるだしでドイツ兵には見えない。
 その中で、革のコートにステッキを持ったメイソンは記録映画に出てくるロンメルを些かデフォルメしているとはいえ格好よく再現していた。このメイソンのロンメルが、これ以降の戦争映画のロンメル像の基本になっていく。(余談2)
 
 因みに、原題は「デザート・フォックス」=「砂漠の狐」だ。アフリカ戦線での大活躍からついた渾名である。ただ今でも日本人にとっては有能な軍人を狐と連想する文化ではなく、ロンメルを「砂漠の狐」と呼んでいたことは戦史マニアしか知らない。「砂漠の鬼将軍」とは些か陳腐な邦題だが、日本人にはシックリくるタイトルである。 
 
(余談1)アフリカ軍団はサハラの厳しい気候に合わせて熱帯服がデザインされたが、戦いやすいよう正規の軍服以外に着心地の良い服を兵士たちは着ていた。上官も融通を利かして黙認。当時の写真を見ると服装は細かいところでバラバラだ。
 それに厳しい気候ゆえ、すぐに汗と脂と埃で汚れるし、洗濯する水もないので砂で擦って汚れを落す。だから糊バッチリの軍服など有り得ない。
 
(余談2)ロンメルはヒトラー暗殺計画に連座していた事もあるが、アメリカは特に高く評価しているしファンも多い。もともと敵国の将でも鮮やかな勝ち方をする英雄を称揚する風土がある。撃墜王でゼロ戦パイロットの坂井三郎中尉も米軍OBから招待されてしばしば歓待を受け、彼の著作「大空のサムライ」は英訳されアメリカでも出版されている。
 アメリカは面白い国だ。
 
晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆ 良
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆☆ 佳作

 
晴雨堂関連作品案内
砂漠の鼠 [DVD] ロバート・ワイズ
ヒットラーと将軍たち ロンメル 国民的ヒーロー 砂漠の狐 [DVD] ドキュメンタリー
戦場ロマンシリーズ(ドイツ編) ロンメル将軍の密使 [DVD] ウォルフガング・シュライフ
 
晴雨堂関連書籍案内
ロンメル将軍 (ハヤカワ文庫 NF 30) デズモンド・ヤング
 
関連ゲームソフト案内
デザートラッツ ~砂漠の鼠VS北アフリカ軍団~ 日本語版


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
147位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
73位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク