FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「TAJOMARU」 社会を冷笑したい時に

TAJOMARU」 
時代劇俳優小栗旬

 

 
【原題】
【公開年】2009年  【制作国】日本  【時間】131分  【監督】中野裕之
【原作】
【音楽】大坪直樹
【脚本】市川森一 水島力也
【出演】小栗旬(畠山直光/新多襄丸)  柴本幸(阿古)  田中圭(桜丸)  やべきょうすけ(道兼)  池内博之(畠山信綱)  本田博太郎(栗山秀隆)  松方弘樹(旧多襄丸)  近藤正臣(景時)  萩原健一(足利義政)  山口祥行(-)  綾野剛(-)  須賀貴匡(-)
        
【成分】パニック 勇敢 時代劇 室町時代後期 15世紀 
   
【特徴】
  
【効能】
 
【副作用】
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。  
意外に時代劇。
 
 9月12日に「火天の城」と本作「TAJOMARU」が封切られた訳だが、観る前は「火天の城」が本格邦画時代劇で、「TAJOMARU」は時代劇風味のアイドルアクションだと思っていた。しかし蓋を開けて観ると意外にも「TAJOMARU」は正統時代劇になっている。
 
 ベテランの松方弘樹氏と萩原健一氏が時代劇に相応しい演技を披露し、小栗旬氏もその足を引っ張らない演技をしている。特に今年(2009年)はNHK大河ドラマ「天地人」で家康に扮する松方氏は悪代官的大袈裟な演技で石田三成役の小栗氏にパワーハラスメントを仕掛けるから、本作はかなりタイムリーだ。新旧多襄丸と家康三成の2つの対決は各々に味があって楽しめる。まるで大河ドラマを意識して制作した映画のように見える。
 
 ただ、本格時代劇であると同時に、悪い意味で時代劇過ぎるきらいを感じた。あくまでもこれは私個人の趣味の問題なのだが、小栗氏の泣き虫多襄丸にあまり魅力を感じない。まず「多襄丸」と聞いて連想するのは、荒々しく豪快で男臭い三船敏郎氏の多襄丸だ。小栗多襄丸は巧く演じてはいるが線が細い。管領家(余談1)の御曹司から荒々しい盗賊へと「成長」する物語と思ったのだが、全編に渡って世渡り下手なお坊ちゃんのままだった。
 
 それから時代設定を平安時代から室町時代後期のこれから戦国時代に入ろうかという15世紀中頃に変えた必然性をあまり感じない。
 足利義政の時代設定で私が物語を考えるとしたら、主人公が追われた畠山家は河内や紀伊を根拠地にしているので、和歌山の雑賀衆とつるませて単なる盗賊の棟梁だけに収めず、一向一揆の首謀者として紀伊の村や町を占拠し北条早雲のように戦国大名化させ、幕府の失政を糾弾して実家を奪った仇である桜丸を追い詰める展開にする。ラストは応仁の乱の最中に紛れて反乱軍を率い都へ攻め上る。その方が壮大なスペクタクル時代劇巨編になって面白いと思うのだ。(少なくとも私は)
 
(余談1)管領は、室町幕府将軍を大統領に例えると首相のようなポジションに位置する。将軍の家臣たちの筆頭職で江戸幕府の老中に相当。斯波家・細川家・そして主人公の畠山家の三家もちまわりで管領職に就いた。
 室町時代の将軍職は概ね従三位大納言が就任基準の官位として定着しつつあり、管領になる家の格は四位だった。細川氏は右京太夫が多く、畠山・斯波両氏は左右の兵衛督が多い。朝廷からの評判が良ければ三位に昇叙する事もあった。将軍家の親族でもあり、当時の武家の中でも突出して偉い公達である。
 
 足利義政の時代、庶民レベルでは露頂が増えているが幕府の侍たちはまだまだ烏帽子を被っていた。本作では露頂だが、多襄丸こと畠山直光クラスの武士なら立烏帽子を被っていてもおかしく無い。
 
 ただ、男優も自毛の生え際を活かしたメイクにするよう心がけている点は支持できる。少し前までは歌舞伎由来のカツラを男優も女優も被っていた。男女ともに前髪がリーゼントもどきになり、額が不自然な規格の狭い富士額、プレスリーやイーストウッドもビックリの太い揉み上げを子供も女も生やす不自然な頭になったものだ。
 時代劇は好きだが、あのカツラはどうしても不愉快だった。TV時代劇はいざ知らず映画ではハリウッドばりの生々しいリアルメイクにしてもらいたい。柴本幸氏扮する阿古姫の広い額は美しい。
 
晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆ 良
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆☆ 佳作

 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://seiudomichael.blog103.fc2.com/tb.php/1164-0d397e2f

 | HOME | 

文字サイズの変更

映画処方箋一覧

晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。

下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。

メールフォーム

晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター

2007年10月29日設置

当ブログ注目記事ランキング

当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。

設置2013年6月13日

ブログランキング

下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。

  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
79位
アクセスランキングを見る>>

タグランキング

晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。

訪問者閲覧記事

最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ内検索

晴雨堂ミカエルのtwitter

最近、ようやくツイッターの使い方が解ってきた。

FC2各種サービス

アフィリエイト・SEO対策

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

晴雨堂お薦めツール 

   

提携サイト・・旅行

現在、工事中。

提携サイト・・映画・アニメ

提携サイト・・書店

 

提携サイト・・アウトドア

登山・旅行・チャリンコなど、関連グッズ販売のサイトを紹介します。

   

提携サイト・・健康用品

提携サイト・・雑貨

提携サイト・・和装

和服姿になれば、気分は時代劇ヒーロー・ヒロイン。

晴雨堂お薦めスタンダード麦酒

晴雨堂が薦める比較的手に入り易い麦酒です。

晴雨堂から、お知らせと呟き

諸君!また一年、生き残りましょうぞ!

ミカエル晴雨堂提携サイト案内

   

designed by たけやん