fc2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

女優評 オードリー・ヘプバーン 「ロビンとマリアン」 (1976)  

ロビンとマリアン
育児休暇から復帰第1作。


 オードリー・ヘプバーン氏の代表作といえば「ローマの休日」や「マイ・フェア・レディ」「ティファニーで朝食を」思い浮かべる人が多いだろう。この頃のオードリーは天真爛漫の少女といったおもむきだ。(余談1)

 しかし、この「ロビンとマリアン」でのマリアン役のオードリーはもはや少女ではない。50歳を目前にした女優で少女的な面影もない。役柄であるマリアンももはや「姫」ではなく、壮年の修道院長だ。ただ、代官の手の者から守るため修道院からマリアンを連れ出そうとするロビンに文句を言うあたりは、若い頃のマリアンとオードリーがダブって見える演出は、さすがレスター監督だ。

 ロビン・フッドの物語は世界中に知られている。欧米なら日本の桃太郎と同じくらいポピュラーだ。だからこの作品でロビンやマリアンの若い頃の解説をする必要もない。そして、ショーン=コネリー氏もこのロビンではドン臭い役だが「007」のナイスガイであることは多くの観客が知っている。オードリーも、輝くような笑顔をした活動的な女の子キャラだった事も知っている。たぶん、監督はこのオーバーラップ効果を狙ったのではないかと思う。

 そしてもう一つ、オードリーは子育てを理由に映画出演のオファーを60年代後半から断り続けてきた。(余談2)いわば「ロビンとマリアン」は10年のブランクを経ての出演である。ローマのオテンバ王女だったオードリーも、二度の離婚と育児に追われ、すっかり壮年の女性になった。彼女にとってもマリアン役はタイムリーだと自覚していたのではないだろうか。

(余談1)アメリカでは金髪でグラマーな女優がメジャーだ。オードリーと同時代に活躍した女優で最も脚光を浴びたのはマリリン・モンロー氏だ。金髪でグラマーでセクシー。もっとも、彼女が映画デビューする前のモデル時代の写真を見た事があるが、髪は栗毛色で健康的に日焼けした女の子だった。商売とはいえ、髪の色を抜き身体を白くするとは、辛いものがある。本当は向学心旺盛で演技派女優を目指していたのに馬鹿な振りをしなければならないのも切ない。
 そういう意味では、まだオードリーは我を張れた方かもしれない。周囲の映画人の理解も比較的あったようだ。

 さて、アメリカ人にウケるために自分を作りかえたモンローだが、日本での人気はイマイチだ。アメリカの象徴としてモンローは称揚されたが、親しみではオードリーが断然上だ。ほぼ黒に近い髪に童顔、華奢な身体つきに親近感を抱かせた。オードリーのスタイルは当時の日本の女優にも強い影響を与えたのではないか。

(余談2)子育てだけが理由ではない、と勘ぐるファンや映画関係者も少なくない。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2010/04/05 00:16 ] 映画・・女優評 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
60位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク