FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

満島ひかり 「クヒオ大佐」 (2009) 

クヒオ大佐」 
クヒオに心の隙間を覗かれる少女


満島ひかり。
日本タレント名鑑参照。

 堺雅人氏はコメディを意識して若干オーバーアクション気味にクヒオ大佐を演じていたが、これにリアリティを強化する役割を担っていたのが3人の女優である。
 1人は弁当屋社長に扮する薄幸女性の名手である松雪泰子氏、次に海千山千の高級ホステスに巧く化けた中村優子氏、そして大学出て間もないくらいの学芸員に扮した満島ひかり氏だ。(余談1)
 
 満島ひかり氏に対して特に強い印象はもっていなかった。薬師丸ひろ子氏の鼻筋を少し通らせて美人顔を強調したような、その程度のイメージだった。ところが「愛のむきだし」で、けっこう演技派ではないかと認識を改めた。今回も恋人と不仲になってナーバス気味の普通の若い女性を巧く演じているので、親近感がわいてしまう。実際、友人にそんな女性がいたからだ。

 本作での位置づけは松雪泰子氏とほぼ同格のヒロインだ。冒頭の小学生を対象にした野外授業で彼女はややぶっきらぼうに講師を務めているところを少し離れた所から眺めていた冬服の海軍大佐姿のクヒオが一言つつく場面から始まる。
 クヒオとの出会いから物語の本筋が始まり、松雪泰子氏との物語と同時進行で次第にクヒオに惹かれ関係をもってしまう学芸員ハルさんの物語が進行する。いわば物語の起承転結はハルさんとクヒオの線を基軸にして、弁当屋しのぶ社長の悲劇が巧く重なり、それらに厚みを与えるエピソードにホステス未知子が加わる。(余談2)
 
 彼女の最大の魅せ場、多くのファンにとってはクヒオとのラブシーンで緊張気味にベッドに入る場面だろうが、私はクヒオの正体を偶然知ってしまって桟橋に呼び出し詰問してもみあった拍子に海に落ちる場面だ。もしかしたらスタントを使っているかもしれないが、私の目には本人が実際に海に落ちて海上に浮かび上がる場面を演じているように見えた。海からあがった彼女が咳き込んでヨダレ混じりの水を吐き出すところがリアルだった。
 私は今後の彼女の活躍を注目する。

(余談1)沖縄出身でクォーターか。日本芸能界に於ける沖縄勢は強い。
 それから近年注目されているのは浅野忠信氏や香椎由宇氏のように祖父母が外国人のクォーターか、もしくは宮沢りえ氏や沢尻エリカ氏のようにハーフでも日本人的風貌が優っている俳優だ。
 
(余談2)作中でのクヒオ大佐は、ある種の人格障害をおこしている。単なる結婚詐欺というのではなく、架空の人格であるアメリカ海軍士官ジョナサン・エリザベス・クヒオでないと恋愛できない体質になってしまったのだろう。
 実際のクヒオは嘘が破綻する前にワザと破局にもっていったり、あるいは転属を理由に関係を「清算」していた。残念ながら本作では、被害者の弟に見破られて逆に恐喝されたり、逃げようとした時点で包囲網が布かれて御用となってしまうが。
 
 作中で満島ひかり氏が「なんで金もっていない私を選んだんや!」と詰問する場面がある。結婚詐欺のカモとするなら、もっと金を持っていそうな人物を狙うだろう。学芸員ハルはどうみても大学を出たばかりの新規採用された学芸員といった感じで、給料は少なそうだし貯金もまだまだ貯まっていなさそう。
 クヒオは「クヒオ大佐」でないと女性に話しかける事ができないし、結婚詐欺という手段でないと女性と恋愛できないのだ。
 
 ラストに及んでも、護送車の中で隣に座る婦人警官にクヒオ節を並べる主人公、笑いとともに哀しさが込み上げる。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2010/04/19 12:27 ] 映画・・女優評 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
71位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク