ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

辻元清美(2) 近頃の現象[四百十五] 

辻元副大臣の辞任、閣議で了承
 
 政府は31日午後の持ち回り閣議で、辻元清美国土交通副大臣の辞任を了承した。同氏は社民党の連立離脱決定に伴い、同日昼に前原誠司国交相に辞表を提出していた。
 平野博文官房長官は同日午後の記者会見で、後任について「できるだけ早く選ばないといけない」と述べた。(時事通信)

 
【雑感】前原誠司氏と辻元清美氏は、国防問題についてはタカ派とハト派、前原氏は自民党の右派的な考え方であり辻元氏は伝統的な9条護憲主義者だ。
 しかし、自民党の土建行政については2人の考え方はほぼ一致する。土建業界に銭を落とす目的のダム乱造に、前原氏も辻元氏も反対の立場で動いてきた。
 そういう意味で前原氏の八ッ場ダム中止発言は、辻元氏から見れば「おっ、すごい。この人やるやん」と敬意を抱くだろうと思う。
 
 社民党の連立離脱によって個人的に残念なのは、この前原誠司氏と辻元清美氏のコンビによる国交省改革の進捗をもう見ることができない事だ。鳩山首相の指導力不足が声高に叫ばれる中では、国交省改革はまだ健闘しているほうだろう。鳩山氏と福島氏の関係が悪化する中で、前原氏と辻元氏の関係は辞表提出のセレモニーや記者会見から良好だったことが窺われる。また、2人の支持者層も市民運動畑出身者が多く、双方の陣営に顔を出している人もいるかもしれない。
 いずれは社民党離脱の時が訪れるだろう、そんな事は世論も関係者も予想していた。離脱の直接の原因は沖縄問題になるだろう事も政権発足時から多くの人が予想していた。それでも、まだ1年にも満たない時に仕事を辞めなければならないのはさぞかし辻元氏は無念に違いない。そして前原氏にとっても土建問題に関しては貴重な僚友だったはずだ。
 夏の参院選があるので、それまでは社民党は離脱しないし、鳩山由紀夫氏も離脱させない形に調整するだろう、そんな希望的観測を信じての職務だったかもしれないが。
 
 ふと思い出したことがある。辻元清美氏の後援集会に参加した知人から聞いた話だが、ゲストに当時長野県知事だった田中康夫氏がやってききて、パートナーシップを示すため周囲に促されて田中氏と辻元氏は橿上で抱擁したそうだ。その時の辻元氏は非常に困惑した愛想笑いで、できるだけ身体を密着させまいといった遠慮がちな抱擁と言っていた。
 これが事実なら、今回の副大臣辞表提出セレモニーで、「受け取りたくはないのですが・・」という前原氏との抱擁はさほど硬さも無く自然だった。
 面白い・・。


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/06/01 16:02 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
183位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
91位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク