FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「ザ・コーヴ」(4) 近頃の現象[四百十八] 

ザ・コーヴ」都内上映館ゼロに
 
 和歌山県太地町のイルカ漁を批判的に取り上げた米ドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」(ルイ・シホヨス監督)の上映中止問題で4日、東京と大阪の2館も中止を決め、東京都内での上映館はなくなった。2年前にドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」の上映中止が相次いだ際は、街宣活動実施後に中止が決定されたが、今回は抗議活動の予告だけで中止の動きが広がり、表現の自由の萎縮(いしゅく)を懸念する声が上がっている。(毎日新聞)

【雑感】ザ・コーヴ」は太地町民に対する名誉毀損の疑いがある悪意に満ちた作品だが、威圧でもって上映中止に追い込んでは、かえって制作者側に錦の御旗を与える事になる。

 制作者側は何の痛痒も感じない。それどころか、鬼の首でもとったかのように狂喜し、「鯨やイルカを殺戮して食べる野蛮な日本人によって弾圧を受けた」「彼らの野蛮な弾圧こそ、我々の主張の正しさを証明している」などと喧伝する機会を与えることになるのだ。

 愚かな行為だ。言論には言論、映画には映画だ。太地町の名誉を回復し、きゃつらへの反論と批難をテーマにした映画を何故つくらん? 安易な手を使いよって。
 
 それとも上映中止を求める「市民団体」は、日本人団体を装ったシホヨス監督の回し者か、グリーンピースやシーシェパードの友軍なのか? 彼らが馬鹿でないのなら、シホヨス監督の同盟者ということになる。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2010/06/04 22:55 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(8)
http://www.webdice.jp/dice/detail/2481/

上記によると「市民団体」=「主権回復を目指す会」のようですが、今回は毎日新聞も書いてるように、抗議活動「予告」で上映中止しちゃったってのが・・・

しかも東京に住んでるからわかるんですが、シアターNって映画館は普段はホラー系やドキュメンタリーとかを多くやってるミニシアターなんですが、ここが委縮するようなら他にやってくれるところが思い浮かばないんですわ。そういう映画館なんです。

シネマート六本木っていうところがやりそうな話はあるそうですが・・・
[ 2010/06/05 04:03 ] [ 編集 ]
失礼。シネマート六本木は間違いでした。
[ 2010/06/05 04:09 ] [ 編集 ]
タニプロ氏へ
 
 もし本当に「主権回復を目指す会」の仕業だとしたら、残念ながらそれは似非ウヨク行為でしょう。敵に塩を贈るなんてレベルではない。正義の御旗と正義の生き甲斐を与えてしまう行為です。アンパンマンに例えれば、「主権・・」はアンパンマンにアンパンを与えたようなもの、サッカーではオウンゴール。
 
 本当に「主権・・」の志が誠であるなら、太地町民の傷ついた名誉を回復するべく、法廷闘争に持ち込み、反論の映画を制作するのが筋であります。
 
 それにしても、映画館は情けない。覚悟した上で上映を決めたのではなかったのか?

> http://www.webdice.jp/dice/detail/2481/
>
> 上記によると「市民団体」=「主権回復を目指す会」のようですが、今回は毎日新聞も書いてるように、抗議活動「予告」で上映中止しちゃったってのが・・・
>
> しかも東京に住んでるからわかるんですが、シアターNって映画館は普段はホラー系やドキュメンタリーとかを多くやってるミニシアターなんですが、ここが委縮するようなら他にやってくれるところが思い浮かばないんですわ。そういう映画館なんです。
>
> シネマート六本木っていうところがやりそうな話はあるそうですが・・・
[ 2010/06/07 11:50 ] [ 編集 ]
こんなことがあったそうで・・・

渋谷駅にて『ザ・コーヴ』の上映中止を求めるデモが行われる
http://cinema-magazine.com/news/2102

おっかないですなあ。

ところで僕思うんですけどね、東京からじゃなくても良いんじゃないかな、と。
[ 2010/06/07 23:58 ] [ 編集 ]
タニプロ氏へ
 
 そのうち、大阪十三の第七藝術劇場で上映するでしょう。あそこは脅しは効かない硬派の映画館ですから。

> こんなことがあったそうで・・・
>
> 渋谷駅にて『ザ・コーヴ』の上映中止を求めるデモが行われる
> http://cinema-magazine.com/news/2102
>
> おっかないですなあ。
>
> ところで僕思うんですけどね、東京からじゃなくても良いんじゃないかな、と。
[ 2010/06/08 02:30 ] [ 編集 ]
いや、東京がどうとか大阪がどうとかではなく、加えて消去法でもなく。

まだ東京にもやりそうな映画館は、思い浮かぶことは思い浮かぶんですがね、東京から映画を発信する重要性って、そんなに無いんじゃないかな、みたいな。

東京に住んでると何となく思うんですな。

色んな角度の方法があって良いんじゃないですかね?

例えが飛ぶんですが、平山秀幸監督の「信さん」や山田洋次監督がアマチュアと組んだ「京都太秦物語」とか、配給会社の戦略は良いねと、何となく思うんですな。

都市部はこういう抗議する人たちが多いんだから、そうじゃないところから地道に始める、とか。まあ小さい映画だから難しいとは思いますけど。少しだけ頭をひねってほしいな、と。

配給会社に言わなきゃ意味無いですけどね(苦笑)

「ザ・コーヴ」上映中止で反対声明
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100608-00000078-jij-soci

ん?でもこの声明を配給会社に送るのは、なんか違う気がするのですけど。
[ 2010/06/08 16:14 ] [ 編集 ]
タニプロ氏へ

> 色んな角度の方法があって良いんじゃないですかね?
 
 たとえば、「草の乱」や「日本の青空」(いずれも藤谷美紀氏ヒロイン)は主に一般市民からの出資で制作されたインディーズ物で、政治的に共鳴する日本各地の有志によって公民館のホールなどを借りて上映されてきました。
 
> 都市部はこういう抗議する人たちが多いんだから、そうじゃないところから地道に始める、とか。まあ小さい映画だから難しいとは思いますけど。少しだけ頭をひねってほしいな、と。
 
 個人的には「ザ・コーヴ」を観たい気持ちはあるが、支援する気は全く無い。日本の環境保護団体が「ザ・コーヴ」を支援して自主上映、という手もあるでしょうが、制作者たちの欧米的上から目線と、海豚や鯨を題材にすれば果敢に環境問題に取り組んでいるかのように喧伝できる戦術に批判的な日本人活動家は多いでしょう。
 
> 配給会社に言わなきゃ意味無いですけどね(苦笑)
 
 配給会社にしてみれば、まず東京で上映しないことにはプランが立てられないでしょう。全国上映できるのか、あるいは主要都市部に限るのか。
 私が配給会社の担当者なら、リスクを背負ってまで上映する価値のある映画なのか、知恵を絞るという労力を払ってまで上映するほどの名作かどうか疑問に思うでしょう。

> 「ザ・コーヴ」上映中止で反対声明
> http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100608-00000078-jij-soci
>
> ん?でもこの声明を配給会社に送るのは、なんか違う気がするのですけど。
 
 「主権・・」に対して反対声明を送っても馬の耳に念仏です。監督たちにとっては利害関係者である配給会社に送るほうが説得力があります。
[ 2010/06/09 19:04 ] [ 編集 ]
何か今日(日付変わって昨日)シンポジウムやってたみたいですな。

まあ個人的には、ここで上映中止したら何だか恥ずかしいと思いますな、ワシは。
[ 2010/06/10 01:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
58位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク