FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「イル・ベント・ エ・ レ・ ローゼ 愛するということ」 ゴージャス気分を楽しむ時に〔7〕 

イル・ベント・ エ・ レ・ ローゼ
愛するということ」 
成人女性のゴージャスファンタジー

 

IL VENTO E LE ROSE ~愛するということ~ [Blu-ray]
IL VENTO E LE ROSE ~愛するということ~ [DVD] 
  
【伊題】IL VENTO E LE ROSE
【英題】The Awakening of Love
【公開年】2009年  【制作国】日本国 伊太利  【時間】73分  
【監督】エリーザ・ボロニーニ
【原作】叶恭子
【音楽】書上奈朋子
【脚本】
【言語】イタリア語 イングランド語
【出演】叶恭子(KOKO)  マリア・コッキャレッラ・アリスメンディ(ジョルジャ)  ラファエッラ・パニーキ(ジョルジャの祖母)  アントニオ・マテシッチ(紳士)  アレッシオ・シーカ(-)  パリデ・モッチャ(-)  アレッサンドロ・カラブロ(アンドレア)  ヴィンセント・パーパ(-)
         
【成分】ファンタジー ゴージャス 不思議 セクシー 官能 イタリア イタリア語 
     
【特徴】叶恭子氏の著作を元に実写映画化。全編オールイタリアロケ。スタッフは監督以下全て女性で制作。
 成人女性のためのファッショナブルでゴージャスな官能的映画。叶恭子氏のセックスを美しく描写している。
   
【効能】ゴージャスで官能的なファンタジーで萌え。
 
【副作用】女性を対象にした作品なので、男性には物足りなさと拍子抜けを感じる。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。  
叶恭子やる時の表情が見れる。

 残念ながら上映する映画館は少なかった。大阪では梅田ブルク7だけだったように思う。いずれにせよ、近所の映画館では上映されず都心まで出張らなければならなかった。
 本作が上映されるとき、関西系バラエティ番組への出演がいつもより多かったように記憶している。大阪の映画館でも舞台挨拶があったようで、ロビーには叶姉妹のサインが残っていた。セレブのおっとりとしたイメージを前面に立てているが、なかなかビジネスウーマンだ。
 
 この手の「邦画」としては70年代後半に公開されブームになった池田満寿夫氏の「エーゲ海に捧ぐ」(余談1)以来かな、そんな興味で観に行った。

 物語はいたって定番のシチュエーションで固められている。叶恭子氏扮するココは謎の美女、優雅な衣装をヒラヒラさせながらベビーシッターの名目でとある豪邸にやってくる。
 豪邸の主人は40歳前後の優男、地位と分別と性欲のバランスが取れた青年当主といった感じで、ココを藝術品のように愛で、彼女がしたいように伸び伸びと過ごさせる。
 彼女がつまみ食いする男性は精力絶倫20代の坊ちゃん、前戯や余韻を楽しむ当主とは違って、若者らしく行け行け突け突け。
 
 そして主人公は貧しくて慎ましい敬虔なカトリックの祖母に育てられた20歳前の女性、街頭で花を売って生計を立てている。婚約者はどうやら半ば祖母ら周囲のお膳立てで決められた男性だが、かなり野卑。このまま陰気で息苦しい環境の中で野卑な男と結婚させられ子供を産まされる人生スケジュールに悶々する。そんな時に、ミステリアスな女性ココが高級車に乗って登場、豪邸の執事から花を注文されて届けにいくところから物語が展開する。
 
 全体に美しい風景描写を取り入れ、中世の甲冑を着た主人公が廃墟で出没するなどのイメージ映像を挿入、ラテン系の迫力ある歌謡曲をBGMにゴージャスで情熱のフリーセックスがお洒落に繰り広げられる。
 ポルノとしては、あまり欲情する場面は無かった。叶恭子氏は見栄えが素晴らしいが私にとってはセックスシンボルでは無い。ヒロイン役は私のタイプに近いがあまり色気を感じない。セックス描写もどちらかといえば女性の身体を綺麗に魅せる事に力を入れていて、性欲を煽る事は目的で無いように思えた。
 
 謎の女ココは、セックスを媒体に坊ちゃんや主人公に固定観念を削ぎ落とし心を自由に解放させる役割を担っているようだ。付き合いが長い豪邸の当主はさしずめココの信者か。
 成人女性が楽しむゴージャスファンタジーといったところだろう。スタッフも監督以下全員女性らしい。
 
(余談1)池田満寿夫氏原作監督の意欲作。ヒロインには後に国会議員になるポルノ女優のチョチョリーナ氏。
 原作はたしか芥川賞をとったかな? かなりブームになっていて、ジュディ・オング氏がエーゲ海をイメージした歌をヒットさせるほど、エーゲ海は注目された。
 で、その映画の感想だが、セックスと乱交パーティーの連続を淡々と描写していて、あまり面白くなかった。映画音楽はさすが巨匠エンリオ・モリコーネ氏だけあって、印象深い曲だった。
 
晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆ 良
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆ 凡作

 
晴雨堂関連作品案内
「イル・ベント・エ・レ・ローゼ 愛するということ」オリジナル・サウンドトラック
エーゲ海に捧ぐ [VHS] 池田満寿夫
   
晴雨堂関連書籍案内
トリオリズム (小学館文庫) 叶恭子
KOKO ( 叶 恭子)
 
 
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
64位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク