FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

自分に喝を入れたい時に 5 「フィスト」 

フィスト」 社会派スタローン
 

 
【公開年】1978年  【制作国】米  【時間】127分  【監督】ノーマン・ジュイソン
【原作】ジョー・エスターハス
【音楽】ビル・コンティ
【脚本】ジョー・エスターハス シルヴェスター・スタローン
【出演】シルヴェスター・スタローン(ジョニー・コバック)  ロッド・スタイガー(アンドリュー・メディソン)  メリンダ・ディロン(アンナ)  ピーター・ボイル(マックス・クラハム)  トニー・ロー・ビアンコ(ベイブ・ミラノ)  キャシー・イエーツ(モーリー・ストーリー)       
 
【成分】悲しい 勇敢 切ない かっこいい 労組 30年代 50年代 
 
【特徴】スタローンが運送業界の労組活動家に扮する珍しい作品。役作りのためバナナを大量に食べてトラック労働者のリーダーに相応しいデップリといかつい体型になった。個人的にはアメリカンヒーローを演じるより、この労働者スタローンが好きだ。
 
【効能】主人公のバイタリティと闘争心にパワーを貰える。親父的リーダー像に郷愁。
 
【副作用】左翼的スタローンなので一部で嫌悪感。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。


ブログランキングに参加しています。  
初期のスタローン
マイノリティや低所得者の代弁者だった


 スタローン氏が労組活動家に扮する。アクション娯楽映画ばかりのイメージが強いが、この作品は社会派的な色合いがあり、スタローン自身も役になりきるためにわざわざ体重を増やしてデップリとした体型に変えている。
 私はスタローン氏の映画の中では、この作品がもっとも好きだ。役者としての気合が入った映画だと思うし、青年時代のトラック運転手・運送業労働者、壮年時代の組合委員長、それぞれよく化けている。
 
 古き良き時代の労組は、御幣を恐れずに言えばヤクザに近い部分がある。なにしろ権力や資本家と闘うのである。マルクスや法律書を読んだだけの書生では務まらない。相手は本気で潰しにかかるから、それに対抗していかなくてはならない。
 
 アメリカの労働者事情も比較的よく描かれているし、ラストも実にリアリティがある。ロッキーやランボーなどに見慣れている人には、スタローン氏にはこんな一面もあったのだと新鮮な感覚を覚えるだろう。もともとロッキーもランボーもアメリカのマイノリティーが抱える問題を滲ませたもので単純なヒーロー物ではなかったのだが。

 スタローン氏が出演した映画の中では異色作であるし、数多くある作品の中で最も「俳優」らしいスタローン氏が見える。
 ただ、残念ながら興行的には振るわなかったようで、後に「ロッキー4」や「ランボー2」のようにアメリカ人にウケる星条旗を背負った好戦的ヒーロー路線へと突き進むことになる。
  
晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆ 良
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆☆☆ 名作

  
晴雨堂関連作品案内
蟹工船 [DVD] 森雅之
 
晴雨堂関連書籍案内
蟹工船・党生活者 (新潮文庫) 小林多喜二
 

ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
64位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク