FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

大晦日とお正月。 晴雨堂の晴耕雨読な食生活[二十二] 

読者の皆様、明けましておめでとうございます。
 
 今年も私の独断と偏見で、日常のシチュエーションや気分に相応しい映画を紹介していきます。
 これから、羽織袴に着替えて初詣に行き、親類の家などを回らなければならないため、ブログ更新が滞るかもしれません。とりあえず、我家の大晦日の食事を紹介しましょう。
  
年越し蕎麦

 
 恒例の大晦日定番年越し蕎麦である。もともと年越し蕎麦の習慣は江戸町民の習慣だったそうだ。200年程前は毎月の晦日に蕎麦を食べていたのが、いつの間にか毎年の大晦日に食べる風習へと変化した。
 全国に広まったのはいつのことだろうか? 私の推測では案外明治に入ってからではないかと思う。日本の伝統と呼ばれている風習の主だったものは、江戸か明治に入ってからのものが多い。
 
 蕎麦は連れ合いが加入している消費者団体愛農から取り寄せたもので、海老天は近所のスーパーから買ってきたもの。1玉でもけっこう量は多かったが、私は3玉食べた。年越し用の蕎麦は食べきらないと金運に恵まれないという。したがって、私は大喰らいだから食べたのではなく、少食の家族のため家計のために頑張って食べたのである。
 
エビス麦酒みどり

 
 実家からもらったヱビス麦酒、私は発泡酒が嫌いである。麦酒はやはり麦芽100%、ドイツ・バイエルン州の「ビール純粋令」に叶ったビールが良い。だからヨーロッパのドイツ・チェコ・イギリス・アイルランドの濃いビールが好きだ。
 日本で私のメガネに叶うビールは残念ながら少ない。高価な地ビールか、サントリーのプレミアム・モルツ、キリンのチルドビール、そしてサッポロのヱビスだ。
 
 あくまで私の味覚からの印象だが、本家ヱビスは味が落ちてきたように思う。コマーシャルが派手になればなるほど味にインパクトが少なくなったような、気のせいかもしれないが。
 ただ、後発のヱビス黒と緑が、私の物足りなさを補っている。緑は爽やかなホップが効いていてなかなかの味だ。味の傾向を考えると、サントリーのプレミアム・モルツを意識しているように感じる。
 
 近年、日本では不景気によって安価な発泡酒や第三のビールに圧されて(私にとっては)「正統ビール」が窮地に立っている。ビールの本場ドイツでも勢いに陰りがあり、ベルギーの小規模な伝統ビール醸造所も危機だ。何とかしなければ、という思いを抱く。
 
大晦日の朝食

 
 因みに大晦日の朝食はこれだ。パンは生ハムとレタスのサンドにして、メインの惣菜は私が作った炒め卵、味噌汁用のお椀には連れ合い特製の蕪のチキンコンソメスープだ。奥に見える白い箱はよつ葉のバター。
 我家は連れ合い名義でキリスト教系の消費者団体愛農会に加盟して主に野菜を中心に生鮮食料を購入し、私名義で左翼系の消費者団体よつ葉に加盟して主にバターやハムなどの加工食品を購入している。だからエンゲル係数は高めである。
 
 大晦日はこのようにシンプルな食事にした。正月の御馳走の日々に備えるためである。不景気とはいえ、まだまだ我家は幸せかな。
 

ブログランキングに参加しています。
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
64位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク