FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

突っ込みどころを楽しもう 5 「宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち」 

宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち
古代進とデスラーの熱い友情!

  

 
【公開年】1981年  【制作国】日本  【時間】95分  【総監督】西崎義展   
【原作】松本零士
【音楽】宮川泰
【出演】富山敬(古代進)  麻上洋子(森雪)  仲村秀生(島大介)  青野武(真田志郎)  寺島幹夫(山崎奨)  古谷徹(徳川太助)  井上真樹夫(北野哲)  古川登志夫(坂本茂)  広川太一郎(古代守)  上田みゆき(スターシャ)  伊武雅之(デスラー総統)     
 
【成分】笑える 悲しい ファンタジー 不気味 勇敢 絶望的 アニメ 
 
【特徴】映画「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」でシリーズを終えるはずだったのが大人の事情でTVアニメ版「宇宙戦艦ヤマト2」では映画と同じ物語を描くと見せながら継続できる内容に変更され、その続編として本作は文字通りシリーズの新たなる展開に突入する。
 デスラーの貫禄と知性が大幅に削減され、元首らしからぬ子供じみた行動に出ているのが健著になっている。
 
【効能】古代進とデスラー総統の種族と社会的身分を超えた熱い友情に感動。
 
【副作用】原典ファンにとっては、もはやヤマトの体をなしておらず激怒を通り越して呆れ果てる。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。


ブログランキングに参加しています。  
これは、制作者の趣味なのか?!
 
 こんなに弱くて頼りないデスラー総統なんて観たくない。
 古代進ごとき若造に対等な友情を抱くデスラーなんて観たくない。
 一星系の総統の自覚を失ったデスラーなんか観たくない。
 もし私がこんなデスラーの部下だったら、クーデターを起こす。
 
 すっかり神秘性を失ったスターシア。
 百歩譲って古代守の妻は許せる。
 しかしイスカンダルの女王の自覚を失わせたのは誰のせい?
 地球を滅亡から救い、ヤマトを支援し続け、デスラーと対等に駆け引きしてきた一星の元首はどこへ行った?
 西崎プロデューサーの趣味なのか?
  

ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
58位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク