FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「ゲゲゲの女房」 晴雨堂推薦新作映画 

ゲゲゲの女房』映画版、
水木しげる氏にそっくり過ぎる宮籐官九郎

 
 現在NHKで放送中の連続テレビ小説が好視聴率をキープし、世にブームを巻き起こしている「ゲゲゲの女房」。11月に公開される映画版では主人公の布枝役を吹石一恵水木しげる(武良茂)役を宮籐官九郎が務めるが、その宮籐演じる水木像があまりにも本人にそっくりだと話題を集めている。その真偽はいかに!?(シネマトゥデイ)
 
【雑感】たしかに似ている。雰囲気は完全に若い頃の水木しげる氏だ。
 
 NHKのドラマ版は好感を持って拝見しているが、向井理氏の水木しげるは今ひとつピンとこない。水木しげるというよりは、別の漫画家の若き日の物語というイメージである。失礼ながら、あまりにも水木しげる氏とはかけ離れた美青年なので、鬼太郎や悪魔くんを描いている場面も違和感をおぼえる。加えてヘアースタイルがあまりに現代的なので、昭和30年代らしくない。
 
 その点、宮籐官九郎氏はまことに水木しげる氏の若い頃に雰囲気が良く似ているし、当時の風俗考証に沿ったスタイルで映像づくりがなされている。街の風景や家屋の生活臭さ、これが私の幼年時代の思い出に近いので懐かしくなる。
 なにより、TVドラマの松下奈緒氏より、私は吹石一恵氏の方がグッドだ。
 
 映画公開日が待ち遠しい。そういえば、神戸の県立美術館、こないだまでレンピッカ展をやっていたのだが、今は水木しげるの妖怪図鑑展が催されている。10月3日まで開かれているので、暇を見つけて行ってみるとしよう。
 兵庫県立美術館は阪神電車岩屋駅が一番近い。改札口を出ると程なく陸橋が美術館まで伸びているので信号や車を気にせず駅から直行できる。
 

 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
58位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク