FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

ご当地映画 近頃の現象[四百七十四] 

ご当地映画”続々 
埼玉らしさを入れ込んだ『ネムリバ

 
 映画での町おこしを狙った“ご当地映画”がにわかに注目されている。23日より埼玉県内のユナイテッド・シネマ5劇場(浦和・春日部・入間・ウニクス南古谷・ウニクス上里)にて公開される映画『ネムリバ』(園田新監督)もその一つ。同作は、埼玉県が整備したデジタル映像制作拠点・彩の国ビジュアルプラザが実施する、若手クリエイターの育成を目的としたプログラムを経て制作された。主演は埼玉県出身・在住・在学の女性を対象に実施したオーディションで選ばれた埼玉県在住の女優・小野まりえ。主題歌を埼玉県出身の中山うりが手がける。(オリコン)
 
【雑感】ご当地映画」自体は昨日今日に始まったわけではない。古くは「二十四の瞳」がある。あの名作のおかげで小豆島に観光スポットができ半世紀以上も小豆島経済に貢献している。ハリウッド映画では「ローマの休日」がある。あの映画はまさにローマ観光映画であり、ヨーロッパ産業の見本市のようなものであり、「ご当地映画」として世界的スーパーヒットをしただけでなく、現在もなお「ヒット作」としてローマを宣伝し続けている。
 さらに長期シリーズ作となれば、「男はつらいよ」のように東京葛飾区柴又が聖地のようになり、主人公寅さんが各作品で放浪した「ご当地」も観光宣伝にもなる。
 
 町おこし村おこしの「システム」として強く意識するようになってきたのは今世紀に入ってからだろうか。以前はたまたま映画制作者がロケの使用を持ちかけ、地元が吟味して許可を出す、あるいは協賛するという形が一般的で、地元のほうから自治体宣伝のために映画制作を誘致するとか、あるいは制作者の一翼を担うようになるというのはあまり無かった。
 
 今世紀に入ってから「村おこし町おこし」を強く意識した作品が増えてきた。パッと思いつくだけでも山口県が支援した「長州ファイブ」、徳島県が支援した「バルトの楽園」「眉山」、香川県が支援した「UDON」、高知県が支援した「君が踊る、夏」、そして昨夜私が観た茨城県支援の「桜田門外ノ変」など多くなった。
 
 これは良き傾向だと思っている。個人が映画を作ろうと思ったら、どんなに低予算でも負担が重過ぎる。それを都道府県や市町村が支援してくれるのだ。活躍の場が広がり、無名の映画人や俳優たちにも機会が増える。上手くいけば、ご当地出身ということで優先的に出演機会がめぐってくるかもしれない。
 
 自治体にしても宣伝費として考えれば悪くはない。それなりに評判となれば投下資金を幾分か回収できるし、ヒットすれば宣伝費の回収だけでなくご当地経済を潤す。さらに前述のように名作となれば末永く広告塔として活躍してくれる。
 映画だけでない、TVドラマ・漫画・アニメも同様の効果を生む。水木しげる氏で鳥取県が潤い、FROGMAN氏で島根県が有名になった。
 
 自治体側はもっとこれら「文化」に理解を示し、東京へ集まる人材を地元へUタウンさせるぐらいの支援をする事も覚悟してもらわなければいけない。いきなり地場産業だと息巻いてもハードルは高い。土建に頼れる時代でもない。
 ハッキリ言う。日本を救えるのはオタクなのだ。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/10/19 12:44 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
177位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
87位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク