ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

辛ラーメン 晴雨堂の晴耕雨読な食生活[六十二] 

農心辛ラーメン
 
辛ラーメン.jpg
 
【雑感】私が大阪生野の会社に勤めていた頃だから、90年代初頭だと思う。会社の近くに韓国食材を売る店があった。ちょくちょくキムチや韓国海苔などを買い漁っていたものだが、ひときわ目を惹いたのはこのインスタントラーメンである。
 
 まず赤を基調としたパッケージが目立つ。大きく漢字で「辛」がインパクト。横には小さくハングルで「ラーメン」。バックにはいかにも辛そうな盛り付け例の写真と、韓国の漢字字典だろうか漢韓辞典というべきなのだろうか、「辛」の字に関するページが表示されている。当時の韓国は既に漢字離れが進んでいて、輸入雑貨もハングルだらけ、この「辛ラーメン」のように漢字を前面に強調しているのも好感を持った。
 
 いまでこそ「辛ラーメン」は近所のスーパーで売っているありふれたインスタントラーメンで、メーカーの「農心」は日本法人をつくって日本向けに販売をしているが、当時は輸入のみだった。だから今の「辛ラーメン」のように日本語の表記は無く、おくづけはハングルだらけだった。
 
 さて、帰宅してさっそく作って食べてみたが、当時の印象はあまり良くなかった。味は単に辛いというだけで大味、化学調味料臭さもあった。それに麺がごわごわして不味い。毎日食べたら胃を壊しそうだった。
 
 ところがあれから10年以上が経過して、なんとカタカナ表記の「辛ラーメン」を見つけ、懐かしさから食べてみると、麺が大幅に改良されて食感や喉ごしがよくなっていた。また、辛さも日本人好みに合わせたのか、あるいは品質改良したのか、コクのある味になっていた。
 
101024_0955~辛ラーメン.jpg101024_1007~辛ラーメン.jpg
 
 最近では(前からあったかもしれないが)カップめんも売られており、たまに「辛」を食べたくなるときに近くのスーパーで購入する。

 

 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト
そのラーメン!
うちの奥さんも大好きなんですよ。
名古屋に来てから私も食べてみたら・・・
辛いけどコクがあって美味しいんですよね。
猛暑で食欲ないときは助かってました^^;
袋麺のほうがカップより辛い印象あります。
[ 2010/10/24 17:31 ] [ 編集 ]
どらねこ氏へ
 
 パッケージが抜群に良いデザインですね。初めて食べたのは91年10月頃だと思います。あの時はハッキリいって不味かった。日本のインスタントラーメンを模倣したアジアのインスタントラーメンもどきの一つでしたね。
 
 ところが、その10年後くらいにスーパーで見つけて久方ぶりに食べたら、麺も出汁も改良されてむしろ日本のラーメンよりも個性的で安くて重宝するようになりました。

> そのラーメン!
> うちの奥さんも大好きなんですよ。
> 名古屋に来てから私も食べてみたら・・・
> 辛いけどコクがあって美味しいんですよね。
> 猛暑で食欲ないときは助かってました^^;
> 袋麺のほうがカップより辛い印象あります。
[ 2010/10/24 21:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
86位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク