FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「ザ・クレイジーズ/細菌兵器の恐怖」 不安と恐怖を楽しむ時に〔1〕 

ザ・クレイジーズ/細菌兵器の恐怖
ゾンビ映画の巨匠が放つバイオハザード


 ザ・クレイジーズ
ザ・クレイジーズ [DVD]

【原題】THE CRAZIES 
【公開年】1973年  【制作国】亜米利加  【時間】104分  
【監督】ジョージ・A・ロメロ
【音楽】ブルース・ロバーツ
【脚本】ジョージ・A・ロメロ ポール・マッカロー
【出演】W・G・マクミラン(デヴィッド)  レイン・キャロル(ジュディ)  ハロルド・ウェイン・ジョーンズ(クランク)  リチャード・リバティー(アーティ・ボルマン)  リン・ローリイ(キャシー・ボルマン)  リチャード・フランス(ワッツ博士)  ロイド・ホーラー(ペッケム大佐)  ハリー・スピルマン(ライダー少佐)  ウィル・ディズニー(ブルックマイヤー博士)     

【成分】パニック 不気味 恐怖 絶望的

【特徴】ゾンビ映画の巨匠ジョージ・A・ロメロ監督が放つバイオハザード物。ゾンビは出てこないが、群集エキストラの使いかたに後年の「ゾンビ」を彷彿させるモノがある。特に白い防毒マスクと防護服に身を固めた兵士たちの動きが無機質でゾンビのようである。

【効能】権力者・暴力装置(軍・警察)・民衆の立場がストレートに描写。まさに民衆は権力に翻弄され逃げ惑い、軍隊は権力の命に従うゾンビのよう。サヨク的社会性が養われる。

【副作用】軍隊の融通の悪さ、ワクチン開発を行う医師の無用心にイラっとくる。

下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。
ヒーロー不在のパニック映画

 ゾンビ映画の巨匠ジョージ・A・ロメロ氏が描くパニック群衆劇の秀作である。ロメロ監督の作品の中では珍しいバイオハザード物。

 バイオハザード物としては、どこのレンタル屋でも置いてある「バイオハザード」が今は最も有名だろう。少し前ならダスティン・ホフマン氏主演の「アウトブレイク」、私がまだ中高生だった頃に日本で製作された「復活の日」などがあるが、この作品はこれらよりもさらに昔の映画である。

 この映画の特徴は、一応主人公らしき登場人物はいるが、ヒーローは不在である。完全な群集劇であり、物語は淡々と救いようの無い方向へと流れていく。アメリカのパニック映画の多くは、必ず強靭な精神力をもったカリスマのある主人公が事態打開へと突き進み、ハービーエンドにする。好例は「ポセイドン・アドベンチャー」の主演ジーン・ハックマン氏である。牧師らしからぬマッチョな行動力で生存者を助ける。
 だが、この「細菌兵器の恐怖」ではそんな頼りになるヒーローは登場しない。ロメロ氏の冷徹な群衆描写が光る。

 細菌で狂った町の住人と白い防菌服にガスマスクの軍隊との対決は、ゾンビとはまた違った不安感を観る人に与えていく。(余談1) 

(余談1)町を封鎖する軍隊の現場指揮官が黒人の大佐である。マスクを取って顔を見せたとき、町の人たちが少し驚いたような顔をする。
 この時代、まだアメリカ軍の佐官級に黒人は殆どいなかった。報道写真家石川文洋氏が書いたベトナム戦争従軍記にも、黒人の将校は非常に珍しかった旨の記述があった。
 パウエル氏が三軍の首席に就任したり、デンゼル・ワシントン氏が陸軍中佐や海軍少佐の役に抵抗なく扮する事を思うと、隔世の感があるシーンである。



晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆ 良

晴雨堂マニアック評価
☆☆☆☆☆ 金字塔


晴雨堂関連作品案内
アンドロメダ… [DVD] ロバート・ワイズ
アンドロメダ・ストレイン [DVD] ミカエル・サロモン


 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://seiudomichael.blog103.fc2.com/tb.php/140-2fe74816

1973年:アメリカ 監督:ジョージ・A・ロメロ 出演:ウィル・マクミラン、ハロルド・W・ジョーンズ 軍が極秘に開発した細菌兵器を積んだ輸送機が墜落、感染した人間は次々と発狂し平和な田舎町はパニックに。事が公になる事を恐れた政府は街を隔離し事件を闇に葬ろう...
[2008/01/13 10:30] mama
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
64位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク