FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

渡部陽一(2) 近頃の現象[四百九十五] 

戦場カメラマン渡部陽一
着うた(R)戦場の最前線に上陸


 戦場カメラマン渡部陽一着信ボイスが大ブレイクしている。レコチョクのバラエティランキングが独占されているのだ。TOP25位以内に14コンテンツがランクインという異例の快挙、1位も独走中である(2010年11月9日調べ)。(BARKS)
 
【雑感】ロバート・キャパ氏・ユージン・スミス氏・石川文洋氏に憧れた60年代70年代青春組には「はぁ?!」という感じだろう。
 
 また本多勝一氏のようにジャーナリズムの本分は体制権力を監視する第四権力と位置づけ、反体制である事がジャーナリストの必須としている人間にとっては、渡部陽一氏の近頃の姿勢は体制マスコミに接近し過ぎで経済的癒着が生じ体制権力のチェックができない単なる情報屋に陥ると見る。
 
 私も若い頃はそのように考えていた。しかし、加齢とともに保守的になったのか、反体制の必要性は引き続き認めているものの、反体制でなければジャーナリストに非ず、という感覚は無くなった。「戦場カメラマン渡部陽一」「ジャーナリスト渡部陽一」がいてもええやないか、という気持ちだ。
 渡部陽一氏の取材目的を見ていると日本国内の権力批判ではないし、今のところ体制批判に転じる事はなさそうだ。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2010/11/17 22:52 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
64位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク