FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

柳田稔 近頃の現象[四百九十六] 

法相発言、問責視野に追及 
与党内に進退論発展の見方―野党

 
 国会を軽視したと取れる柳田稔法相の発言を受け、自民党など野党は「辞任に値するものだ」と批判、問責決議案の提出も視野に徹底追及する方針だ。菅直人首相は17日夜、辞任の必要はないとの認識を示したが、与党からは進退論に発展するとの見方も出ている。(時事通信)
 
【雑感】読売新聞にある問題発言を抜粋する。
 
 9月17日(の内閣改造の際)新幹線の中に電話があって、『おい、やれ』と。何をやるんですかといったら、法相といって、『えーっ』ていったんですが、何で俺がと。皆さんも、『何で柳田さんが法相』と理解に苦しんでいるんじゃないかと思うが、一番理解できなかったのは私です。私は、この20年近い間、実は法務関係は1回も触れたことはない。触れたことがない私が法相なので多くのみなさんから激励と心配をいただいた
  
 法相とはいいですね。二つ覚えておけばいいんですから。『個別の事案についてはお答えを差し控えます』と。これはいい文句ですよ。これを使う。これがいいんです。分からなかったらこれを言う。これで、だいぶ切り抜けて参りましたけど、実際の問題なんですよ。しゃべれない。『法と証拠に基づいて、適切にやっております』。この二つなんですよ。まあ、何回使ったことか。使うたびに、野党からは責められ。政治家としての答えじゃないとさんざん怒られている。ただ、法相が法を犯してしゃべることはできないという当たり前の話。法を守って私は答弁している
  
 ハッキリいって、誤解を招くどころの発言ではない。どこをどう押しても、法務省軽視・国会軽視、国政というものをイチびっている以外に何ものでもない。引いては全国民を馬鹿にした犯罪的発言、これが昔の職人の世界なら、2・3発殴られ「帰れ!」と怒鳴られても仕方のないふざけた物言いだ。
 そもそも民主党政権は前鳩山由紀夫内閣の失速で窮地に立たされている訳で、問題は山積しているまま引継ぎ未だ解決の目処が立っていない状況、なんでこんな危険な時期に思慮の浅すぎる発言をしたのか理解に苦しむ。野党に餌をやるようなものではないか! 上司である菅総理の所信表明には国会での議論を深める趣旨の発言があった訳だから、内閣の方針にも反する叛乱・利敵行為だ。
  
 柳田稔氏の気持ちは解らぬでもない。私も某団体の代表を務めたことがあるが、正確には務めさせられたといっても良い状況だった。しかしその事情を口にしてはいけない。「雇われママです」とか「お飾りです」などと自分から主体性の無さと用無しを認める発言を組織を代表する人間が口にしてしまったら元も子もないのだ。
 居酒屋で昔の学友や親友と愚痴るのであればまだマシだが、それでも大臣を務めるほどの「大物政治家」ならマスコミにリークされる危険がある。ましてや後援者の集まりは一応公の場ではないか。
 
 それに重要な立場になると制約がきつくなって自由に発言ができなくなる。下手をすれば確かに「お答えを差し控えます」「前向きに善処します」「適正に行っております」「誠に遺憾です」程度になってしまうだろう。それも誠実で周囲の人間に気を配る人間ほどそんな発言に限定しがちになる。自己中で周りがどんなに迷惑しても気にならない性格なら、小泉純一郎元総理のように流行語になるような迷文句も飛び出して世間を笑わせられるが。
 柳田氏の国会軽視発言を好意的にとれば、大臣という不自由な立場を皮肉って笑いにしようとする狙いがあったかもしれないが、このギャグは家族の前だけにするべきだった。

 政治家はエエカッコするのも仕事だ。せめて「法律の専門家は現行の法律遵守に気をとられがちだが、法律を作ったり法の運営を監督する立場は私のように市井の感覚を持った人間でないと駄目なのだ」という信念らしき生真面目積極性発言をカッコだけでもするべきだった。自分を貶めての皮肉ギャグはリスクが高い。
 口から出してしまったら、もはや後のまつりだ。
  

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2010/11/18 12:25 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
66位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク