FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

柳田稔(2) 近頃の現象[四百九十九] 

柳田法相更迭 
「補正」成立確証なく、見切り発車

 
 政府・与党は22日、10年度補正予算案の参院予算委員会での採決を25日以降に見送る方針を決めた。22日、国会軽視と受け取られる発言をした柳田稔前法相を更迭したが、その後も、野党が民主党の小沢一郎元代表の国会招致などに応じるよう政府・与党に求めるなど与野党対立が続き、当初目指していた24日の補正予算案成立を断念せざるを得なくなったためだ。野党は菅直人首相の任命責任も追及しており、菅政権にとっては厳しい局面が続いている。(毎日新聞)
 
【雑感】野党と根回しせず「辞任」させたのか。怖いなぁ。 

 今回、柳田稔氏の失言で自民党をはじめとする野党は舌鋒鋭く批難、特に丸川珠代議員の批判はニュースでよく取り上げられた。彼女は若くて声がよくとおり迫力がある。彼女個人だけを切り取って見れば権力に完全と立ち向かう野党議員、胸のすく思いすらある。しかも今年春の参院厚生労働委で「子ども手当法案」が強行採決されたとき、委員長は柳田稔氏、委員長席に詰め寄ったのは彼女である。なかなかの女傑ぶりだ。
 
 しかしである。よく思い出していただきたい。丸川珠代氏の所属政党は何だ。自民党ではないか。その自民党は何で下野したのか。経済の建て直しがなかなか進まんわ、強行採決を繰り返すわ、閣僚の失言などが相次ぐわ、散々だったではないか。仏様になられた方の悪口は言いたくないが、中川昭一氏は失脚する直前に財務大臣としてG7財務大臣・中央銀行総裁会議出席のためローマへ行き、そこで酩酊を疑われる記者会見、「酩酊会見事件」を起こし、現地イタリアの新聞にも醜態を報道される失態をおかしたではないか。
 
 この失態は柳田稔氏の失言どころの騒ぎではなかった。世界経済の建て直しを話し合う重要な会議で、先進国首脳の1人として出席した財務大臣が酩酊を疑われ、全世界にニュースが配信されたのだ。国会や政府だけでなく、国際社会をも軽視したと思われても仕方がない。
 この事件で中川氏は大臣を辞め、昨年の政権交代劇となった衆院選では衆院議員の身分も失った。
 
 自民党としては民主党を解散総選挙へ追い込んで政権を取り戻したいので、なりふりかまわず予算審議のことも忘れて菅政権のミスを責めるが、自民党が政権をとっても経済が立ち直る保証は全く無い。余計混乱するだけだ。
 
 残る選択肢は、小沢一郎氏が画策した自民・民主の合作ということになってしまうか。そうならないために民主党には政権担当能力をつけ、定期的に政権が交代する二大政党制へと移行してもらいたいのだが。自民党の党内改革が未完成のうちに民主党が倒れては意味が無い。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2010/11/23 14:32 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
66位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク