FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「黒いチューリップ」 ストレス解消活劇〔11〕 

黒いチューリップ」 痛快フランス時代劇
 
黒いチューリップ
黒いチューリップ [DVD] 
 
【原題】La Tulipe noire 
【公開年】1963年  【制作国】仏蘭西 伊太利 西班牙  【時間】113分  
【監督】クリスチャン・ジャック
【原作】アレクサンドル・デュマ
【音楽】ジェラール・カルヴィ
【出演】アラン・ドロン(ギョーム/ジュリアン/黒いチューリップ)  ドーン・アダムス(-)  ヴィルナ・リージ(カロリーヌ)     
 
【成分】楽しい ロマン パニック 切ない かわいい コミカル フランス革命 18世紀後半 時代劇 フランス フランス語
   
【特徴】若きアラン・ドロン氏が演じる黒装束の義賊「黒いチューリップ」の冒険活劇。
 
【効能】スカッと爽やか明るいチャンバラ劇。
 
【副作用】文藝嗜好の人には薄っぺらい時代劇に見える。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。  
アラン・ドロンが若い
  
 アラン・ドロン氏といえば「怪傑ゾロ」があまりに有名だが、ゾロより10年ほど前に主演した同様趣旨の時代活劇がこの「黒いチューリップ」である。(余談1)ゾロでは中年の渋さが出ているアラン・ドロン氏だが、この作品では初々しい白面の青年である。
 
 「ゾロ」では昼行灯の総督役と凛々しいゾロとを作中の主人公が演じ分けるのが見ものだったが、「黒いチューリップ」では完全に2人二役である。世間慣れした兄と些か覚束ない弟の演じ分けが見どころだろう。
 誰にでも楽しめるチャンバラ痛快時代劇だが、ラストの捻りが良い。ハッピーエンドでもあるし悲劇でもある。主人公はヒロインに悲劇を悟られないよう物語を終えたことが印象に残っている。
    
(余談1)黒いチューリップは、「ガンダム」の富野氏が采配をふるったアニメ「ラ・セーヌの星」にも登場する。リボンの騎士ばりの女義賊ラ・セーヌの星を助ける先輩義賊・黒いチューリップである。
 また「ベルサイユのばら」でも義賊「黒い騎士」が登場する。「怪傑ゾロ」がキャラのルーツだと思ったが、連載時期はアラン・ドロン氏の「怪傑ゾロ」が公開される前であるし舞台はアメリカのスペイン植民地だ。「黒いチューリップ」を観てからはこれがキャラの元と考えるのが自然だろう。
 こうしてみると、「怪傑ゾロ」に隠れて殆ど忘れ去られている感のある「黒いチューリップ」だが、日本の漫画・アニメ界に大きな影響を与えている。
 
 「黒いチューリップ」という小説がある。作者は「岩窟王」「ダルタニアン物語」「三銃士」で有名なフランスの小説家デュマだが、内容はたしか新種のチューリップ球根をめぐる陰謀サスペンスで、義賊モノとは関係なさそうだ。
 フランスでの「黒いチューリップ」への認識はどうなんだろうか?
 

 
晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆ 良
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆☆ 佳作

 
晴雨堂関連作品案内
アラン・ドロンのゾロ [DVD] ドゥッチオ・テッサリ
ラ・セーヌの星 [VHS]アニメ 富野喜幸
〈ANIMEX1300 Song Collection シリーズ〉(2)ラ・セーヌの星 TVサントラ
 
晴雨堂関連書籍案内
黒いチューリップ (創元推理文庫) アレクサンドル デュマ 但し、映画とは内容が違う。映画は原作をヒントに冒険活劇に作り変えたものである。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



お久しぶりです。
ぼくは収集癖もあるので、かなり汚れもあったけど「黒いチューリップ」のポスターを見つけたときは嬉しかった。
「アラン・ドロンのゾロ」では販促物だ思うけど、ペーパーナイフもあった。
もう覚えてないけど、フランス綴じを切るシーンでもあったのでしょうか。
「ラ・セーヌの星」は主題歌もよかったですね。
「ラ・セーヌの星」「ベルサイユのばら」の時代は激動の時代で日本の幕末みたいな感じでしょうか。
先を見通しながら自由気ままに生きたポンパドール夫人の「わたしたちのあとは大洪水」という言葉がある意味、人間の本質をついています?
[ 2008/01/14 19:11 ] [ 編集 ]
 お返事が遅くなってしまいました。更新に気をとられてしまって。
 「黒いチューリップ」のポスターとは貴重な物をみつけられましたね。私はむかし「ヘルハウス」の新ピンのポスターを手に入れたのですが、引越しのドサクサで紛失してしまいました。紙魚でボロボロになっていなければ良いのですが。
[ 2008/02/04 17:30 ] [ 編集 ]
「黒いチューリップ」は、母が好きな作品なので、私も見て、お気に入りの一品です。
ドロンが若くて、精悍で、爽やかで、....しかも2役ですから、2倍楽しめるという活劇ですから☆

お馬さんもお利口さんでしたね(笑)。

では。
[ 2008/02/10 16:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
64位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク