FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

表現の自由とは(15) 近頃の現象[五百六] 

漫画家ちばさんら反対声明 
青少年条例改正案に―東京都

 
 過激な性描写のある漫画やアニメの販売規制などのため、東京都が12月議会に再提出する都青少年健全育成条例改正案について、漫画家のちばてつやさんら4人は29日、都庁で記者会見し反対する声明を発表した。ちばさんは「改正案が通ってしまったら漫画やアニメの文化がしぼんでしまう」と訴えた。(時事通信)
 
【雑感】ちばてつや氏の声明を全面的に支持する。
 
 漫画アニメ文化が萎む、業界のことを知らない人間にはピンとこないかもしれない。規制条例が標的にしているのはポルノであって、他の少年少女漫画まで弾圧する気は無い、そんな大袈裟な話ではなく、あくまで婦女子を性虐待から守る為との反論もあるだろう。
 
 しかし世の中はそんな単純ではない。そもそも性犯罪の原因に性メディアが取り沙汰されているが、その根拠が疑わしい。日本よりも遥かに強硬に取り締まる韓国や中国が日本より性犯罪が多いのは何故だろうか。棲み分けを厳しくしているアメリカも少なくない。むしろ寛容である日本のほうが犯罪は少ないし、北欧にいたっては寛容になってから性犯罪が少なくなったとの例もある。
 性メディア云々よりも男女の権利格差のほうが強く影響している。権利格差や不公平が顕著であればあるほどストレスが大きくなり犯罪に結びつく。この法則でいえば、北欧が証明しているように規制を強めたら逆に犯罪犠牲者が増える。規制派は婦女子を守るためと信じてやったことが、逆に婦女子を危険にさらす行為になりかねない。

 この改正案が通るとまず打撃を受けるのがコミックマーケット(コミケ)をはじめとする漫画同人誌業界だ。彼ら彼女たち(コミケでは女性が7割を占める。男性のほうが人口が少ない)は制約の多い商業誌の枠から外れて自由な同人誌という世界で自由に漫画を描くようになった。今や日本の漫画同人誌業界は世界一の規模を誇り、アジア周辺だけでなく欧米からもコミケ詣でがあるほどになった。セックスに興味を持つ歳頃の若者たちが描くのから当然性描写も多い。だからこれまでも何度か規制派の標的にされた。
 日本の漫画アニメが世界文化を牽引する力を持ったのは分厚いアマチュア層の存在があるからである。業界の力を支えるのはアマチュアの存在である。アマチュアはいわば業界を支える土壌である。その土壌を排撃すれば業界は衰亡する。
 旧ソ連や東欧のスポーツを見れば判る様に、国家がむりやり予算を投じて強化してもアマチュア層が薄ければ国家が混乱した時期は力を失った。南米のように経済的に苦しいところでもサッカーのアマチュアが健在なら世界最高水準のプロサッカーが維持できる。
 
 環境問題を例にとれば、ダムや堤防を造っただけで河川が死に河口付近の海も死ぬ、という環境破壊が問題になる例が多く報告されている。
 自民党政権が進めた構造改革の副作用で、医者不足がより深刻になり地方の病院が次々と閉鎖され地域医療が壊滅したり、終身雇用制を崩壊させ派遣業を緩和させた事が派遣切りによって失業者が増えるだけでなくホームレスが急増した。
 いずれも議論の段階で政策に異議を唱える勢力が指摘した副作用が現実に起こったのである。政策を推進する人は、推進する事だけに目が眩んで副作用の事を甘く見るか全く考慮しない。
 
 この20年は日本人らしさを失う政策ばかりを行って失敗してきた。この漫画規制も残念ながらその1つだ。社会にとって良い事は何もおきない。
   

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2010/11/30 00:40 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
66位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク