FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル」 寂しさをまぎらわす時に 

劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル」 
素晴らしきマンネリ。

 

 
【原題】THE BOAT THAT ROCKED
【公開年】2010年  【制作国】日本  【時間】119分  【監督】堤幸彦
【原作】
【音楽】辻陽
【脚本】蒔田光治

【出演】仲間由紀恵(山田奈緒子)  阿部寛(上田次郎)  生瀬勝久(矢部謙三)  野際陽子(山田里見)  松平健(鈴木玲一郎)  佐藤健(中森翔平)  夏帆(高階美代子)  藤木直人(-)  片瀬那奈(杉尾園子)  戸田恵子(相沢天海)  平泉成(宇田川八兵衛)  池田鉄洋(秋葉原人)  三浦理恵子(松宮佐和子)  大島蓉子(池田ハル)  瀬戸陽一朗(照喜名保)
  
【成分】笑える 悲しい ファンタジー 不思議 パニック 不気味 知的 切ない かわいい かっこいい コミカル ミステリー
         
【特徴】TVシリーズ10周年を記念する映画化3作目。自称売れっ子奇術師と自称天才物理学者のコンビが似非超常現象や似非超能力を暴く。
   
【効能】
 
【副作用】
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。  
マンネリを決意したラブコメシリーズ。 
 
 「劇場版TRICK」を劇場で観た、といったら私を知る友人たちは少し意外に思うかもしれない。いつもはDVDで済ませるシリーズ物なのだが、今回は劇場で観たくなった。NHK大河ドラマ「龍馬伝」で悩める少年的な岡田以蔵を好演している佐藤健氏に興味を持ったからだ。(余談1)
 
 本作では万練村の由緒ある霊能力者の家系に生まれた御曹司役、村の因習を嫌って上田次郎教授の元を訪れ、霊能力は存在しない事を村人の前で証明してほしいと依頼する。キャラ的には「龍馬伝」の以蔵役とダブるところがある。
 
 さて、舞台となっている万練村、東北のどこかの村らしいが、何とも観客の心を想定したネーミングだ。シリーズが開始されて10年、10代の頃は低空飛行だった仲間由紀恵氏が深夜枠ミステリードラマの主演で阿部寛氏と掛け合い漫才をやりながら事件を解いていくコメディアン的魅力を出してから本格ブレイクしてきたと私は記憶している。(余談2)
 このシリーズ、同じキャスティングで同様の小ネタで時折中断しながらも10年続いてきたものだ。もしかして万練村というネーミング、観客からのマンネリズムだと批判されるのを逆手にとっての開き直りともとれるが、今後もマンネリの小ネタのラブコメを続けていくぞ、との決意表明ともとれる。
 
 内容は特に映画館で観なければいけないほどのものではなかった。テレビ好き、芸能界好きの人には思わずクスッと笑いそうな小ネタの連続。
 
 例えば、仲間由紀恵扮するマジシャン山田の下宿には大量のチキンラーメンがストックされていたり、野際陽子氏扮する書道家の山田里見は漢字で「キーハンター」(余談3)と書いたり、松平健氏扮する謎の霊能帥鈴木が「吉宗評判記 暴れん坊将軍」を彷彿させるがごとく白馬にまたがって草原を疾走したり。
 
 また、要所要所でさり気なく大真面目に間抜けなボケをやって笑いを誘う試みが機関銃のように出てくる。
 
 これからも開き直って、同様キャストで向こう10年20年と続けてほしいものだ。齢は重ねるが髪型や服装は同じ変化なし、このシリーズは長く続けることに意義がある。続ける事で小ネタには笑えなくても、あいも変わらず演じ続ける仲間由紀恵氏と阿部寛氏の存在そのものに笑えてくるのだ。
 これは、吉本新喜劇でテーマ曲とともにいつもの喜劇人が現れ観客が期待するギャグをこれでもかと連発することで笑ってしまう。
 そうなのだ。単発ではつまらない作品でも、シリーズとなると笑えるのがこの手のドラマだ。
 
(余談1)従来の時代劇では以蔵を少し頭が弱くて粗暴なキャラとして描かれることが多かったが、「龍馬伝」では素直な少年のような人間が武市半平太の命令で暗殺を手掛けていくに従って精神を病む若者に描かれている。
 
(余談2)それ以前も「美人女優」「美少女アイドル」枠の芸能人がコメディたっちのキャラを演じることがあったが、この仲間由紀恵氏の山田奈緒子あたりから「美人女優」「美少女アイドル」もコメディアンが必須科目になったような気がする。
 
(余談3)野際陽子氏が千葉真一氏と共演したアクションドラマ。

晴雨堂スタンダード評価
☆☆ 可
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆☆ 佳作

 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
64位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク