FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

コミックマーケット(2) 近頃の現象[五百十六] 

コミックマーケット
次回もビッグサイトで開催 
都条例改正も影響なし

 
 東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催中の同人誌即売会「コミックマーケット」が、次回も同会場で開かれることが明らかになった。マンガの販売などの規制を強化する東京都青少年健全育成条例改正問題で、次回開催地に注目が集まっていた。日程は8月12日~14日。(まんたんウェブ)
 
【雑感】なるほど、おそらく主催者コミックマーケット準備会は今回も自主規制で乗り切るつもりだな。 
 
 保守派市民勢力の言論弾圧行為は今回が初めてではない。80年代末に連続して幼女が誘拐殺害される宮崎勤事件が起こったのを機に、全国で官民一体による「悪書追放運動」という言論弾圧が行われた。逮捕された宮崎勤犯人がホラー映画と漫画アニメが趣味だったことから、ホラーや漫画アニメが弾圧の対象にされた。
 あのとき規制派は調子に乗って対象の幅を拡大させエスカレートの様相を呈したので逆にペンクラブをはじめとする言論界全体が規制反対を表明し次第に沈静化した。
 コミケは自主規制で切り抜けたが、一時は開催を危ぶむ声が多々あったし、漫画同人誌印刷業界も戦々恐々だった。
 
 今回もたぶん法律に詳しいスタッフ等が中心になって当局と交渉し、一定の枠組みを確認しての予定発表だろう。
 しかし次回の来年8月にはどのような情勢になるかは判らない。規制推進派は施行される改正条例でも不満なのでさらなる規制をたくらみ攻勢を仕掛けるだろう。法規を新たに設定したり改正する動作はかなりエネルギーが要ることだから来年も改正というのはさすがにないと思うが、解釈論で勝負するのは十分あり得る。
 
 ただ規制推進派も心しておかなければならない。まんたんウェブはコミケを日本最大級といまだに低く評しているが、自主的にアマチュア有志が集まって誕生しアマチュアの立場を維持しながら発展した漫画同人誌即売会としては「世界最大」である。これを潰すという事はどういうことになるか。この不況時に地域経済に多大な貢献をしているのだ。
 しかも、アマチュアである。同人誌である。アマチュアと同人誌に規制のメスを入れる行為は、際限なく権力に言論弾圧できる権限を与えてしまう。
 
 どんな政策にも副作用がある。規制推進派にすれば、野放しにして性的犯罪が増えるリスクよりも、多少の言論不自由を我慢しても婦女子を犯罪から守るため元凶を封印するという大義名分があるだろう。
 しかし野放しにして性的犯罪が増えるというデータは信憑性が無い。北欧のようにその逆はあるが。
 規制を強化することで増えてしまう皮肉な例も多々ある。韓国などは人口4千万しかいないのに3億近くいるアメリカよりレイプが多いという不名誉な時期もあった。台湾で飯島愛氏が自由の象徴とされたのも、規制が強すぎたからだ。
 そして性メディア規制を口実に言論弾圧を行う前例は古今東西無数にある。危険度はむしろ表現規制のほうが大きい。
 
 規制推進派にわかりやすく批判しよう。この「改正条例」は北朝鮮化のリスクがある。日本を北朝鮮にして良いのか? 
 近年、日本を追い越し経済大国になりつつある中国や韓国が国家戦略として漫画アニメに力を入れているが、唯一日本に勝てない要素があった。それは言論の自由度だ。言論と表現の自由が中国・韓国の追随を防いできた。国家が後押して漫画アニメを大きな市場にする中国と違って、日本は官憲や保守市民に蔑視され弾圧をうけながらも成長してきたのが漫画アニメであり、それを支えてきた漫画同人誌である。
 中国に無い強みを潰したら、日本は終わりだな。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2010/12/31 09:32 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
58位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク