FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「宇宙人東京に現わる」 家族と一緒に癒されよう〔6〕 

宇宙人東京に現わる
日本特撮映画史上初のカラーSF作品!

 

 
【英題】Warning from Space
【公開年】1956年  【制作国】日本国  【時間】87分  【監督】島耕二
【原案】中島源太郎
【特撮】的場徹 築地米三郎 田中捨一
【音楽】大森盛太郎
【脚本】小国英雄
【言語】日本語 パイラ語らしき音声
【出演】刈田とよみ(青空ひかり/天野銀子・パイラ人)  川崎敬三(磯辺徹)  八木沢敏(パイラ人第2号)  見明凡太郎(小村芳雄)  南部彰三(磯辺直太郎)  フランク・熊谷(天文台通信係)  河原侃二(高島博士)  岡村文子(お花)  永井エミ子(小村多恵子)  小原利之(天野健一)  平井岐代子(松田清子)  斎藤紫香(紳士を振った男)  山形勲(松田英輔)  夏木章(パイラ人第3号)  目黒幸子(磯辺徳子)  渡辺鉄弥(三吉)  泉静治(酔客)  谷謙一(用心棒)  杉田康(新聞記者)  津田駿二(パイラ人第4号)  花村泰子(芸者)  原田該(船員)       
 
【成分】ファンタジー パニック 不気味 絶望的 近未来 50年代 特撮 SF
    
【特徴】敗戦の廃墟からまだ11年、日本特撮史上初の壮大なスケールで描くカラーSF作品が誕生。アダムスキー型円盤が登場したり、内容は「地球の静止する日」や「地球最後の日」などのアメリカSF映画の影響が観られるが、日本人ならではのオリジナリティがある。すなわち、「郷に入れば郷に従え」の精神を作中の宇宙人が実行しているところが素晴らしい。アメリカ人には乏しい美徳である。
 
【効能】まさに友愛の精神に満ちた明るい未来を体感できる。
 
【副作用】特撮が稚拙。ストーリーの展開が都合よすぎてリアリティが感じられず白ける。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。記事に直接アクセスした場合は、この行より下がネタばれになりますので注意してください。  
心配り細やかな宇宙人

 これは小学校にあがる前に観た記憶がある。四つか五つの頃だと思う。カラー作品だったので子供の頃は古さを感じなかったが、今にして思えば敗戦後わずか11年後に公開された作品である。(余談1)
 
 この映画は核武装による自滅への危険と接近する遊星の危険を宇宙人が親切に警告してくれる物語だ。同じ時期にハリウッドでも同様のテーマの映画「地球の静止する日」が名監督ロバート・ワイズ氏らによって製作されているが、私は断然「宇宙人東京に現わる」のほうに軍配をあげる。
 
 「地球の静止する日」(余談2)は、アメリカ人らしい強引な解決法をとっている。まず、例によって英語を話す宇宙人である。友好的で善意からの行動とはいえ、いきなり地球に降り立って、いきなり姿をあらわし、いきなり何かを出そうとする。出迎えた地球人が思わず銃を撃つのは至極当然である。
 撃たれた宇宙人はロボットを使って銃や戦車を一瞬に消す。誰も傷つけず、身を守るためとはいえ、最初から圧倒的な力を示した。最後の解決方法も地球を静止させるという荒業を使って地球人に「宇宙社会の秩序」に従うよう警告する。

 ところが「宇宙人東京に現わる」のパイラ星人は日本語を話さない。「スタートレック」のように地球人にも発声可能な外国語のレベルの宇宙語も話さない。信号音のようなものが聞こえるだけである。生物的形状が異なれば、発声も異なるはずである。地球人には真似できない言語であって当然だ。
 パイラ星人は地球に警告を伝えるため機械によって身体の形状を変える。地球人が打ち解けやすいように、地球で美しいと人気のある若い女優のデータを入手して、「なんて醜い」とぼやきながらも女優と同じ姿に変身する。地球への潜入は記憶喪失の遭難者の体を装って、まんまと著名で発言力のある天文学者の養女になる。(余談3)
 アメリカ人が描いた宇宙人と異なり、実に細やかな気遣いを見せる。パイラ星人と比較すると、「地球の静止する日」はアメリカらしい押し付けがましいヒューマニズムが強烈に目立つ。
 
(余談1)岡本太郎氏が手がけたヒトデ型宇宙人のデザインが不評のようだが、それは時代の制約だろう。「2001年宇宙の旅」でも、宇宙船のデザインや特撮に古さは未だに感じないが、地球から送信されるニュース番組のBGMは明らかに古い。

(余談2)この作品も私はお気に入りにしている。

(余談3)当時、パイラ星人の姿が無気味で恐いイメージを持った。女性に変身したパイラ星人が、宇宙船に戻っても変装を解かずに笑顔でマイクに語りかける姿に、幼児の頃の私はホッとした。当時から長い黒髪の太い眉毛の女性に憧れていた。
 
晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆ 良
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆☆☆☆ 金字塔

 
晴雨堂関連作品案内
地球の静止する日 [DVD] ロバート・ワイズ
地球最後の日 [DVD] ルドルフ・マテ
風の又三郎 [VHS] 島耕二


  

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



こんにちわ^□^またみにきちゃいました。
思わずコメントしちゃいます♪
また見に来ますんで更新がんばってください。
[ 2008/03/28 10:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://seiudomichael.blog103.fc2.com/tb.php/145-a0497732

宇宙人東京に現わる 岡本太郎デザインヒトデ型宇宙人東京に現る現る。 なんだよお、これはよお。 DVDジャケットの写真では赤色だけど、実物はモスグリーンみたいな寒色系です。 大真面目な映画なのだけど、今見るとコントにしか見えないね。 まあ、話はすごくシリア..
[2009/06/27 07:05] カフェビショップ
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
64位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク