FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「江 姫たちの戦国」(2) TVドラマ評[三十九] 

三姉妹博覧会:戦国絵巻、幕開け 
湖北、歴史に触れる1年

 
 ・浅井三姉妹博覧会が15日開幕し、メーン会場の2新設館前で式典が行われた後、待ちわびた観光客らが次々と入館した。約1年間、湖北の広域エリアに戦国歴史絵巻を繰り広げる同博はこの日、2館だけで計1914人が入館した。(毎日新聞)
 
【雑感】いよいよ滋賀県は観光商戦本格モードに突入か。1年間、大河ドラマによって観光宣伝してくれる訳だから十分活かさねばならんだろう。いろいろ批判を浴びるNHKだが、宣伝媒体としての威力はまだまだ絶大である。民放とは違い少々視聴率が下がったところで放送打ち切りはしない。確実に今年の暮れまで放送するだろう。そんな安定感も魅力だ。
 
 しかし、この大河ドラマの舞台となる地方の盛り上がりを見るたびに思うことがある。NHKは民放以上に社会の公器である立場を守らなければならない。大河ドラマが協力自治体の観光支援になるということが明白である今、どこを舞台にするかもできうる限り公平にしていく必要がある。
 いまだ取り上げていない地方がある。北海道だ。私はつねづね北海道と沖縄は政治的問題が絡むので大河ドラマには取り上げないと思っていた。ところが90年代前半に「琉球の風」が放送、主役の東山紀之氏が作中の台詞とはいえ「国が無いということがどれだけ惨めなものか!」とジャニーズ・アイドルらしからぬ民族主義的発言、NHKらしからぬ大胆さ、しかしスポンサーに気兼ねする民放には無い大胆さだと思った。
 あと残るは北海道だ。北海道で歴史的著名な人物、シャクシャインかコシャマインくらいしか思い浮かばない。しかしこれを大河ドラマにしたら、メル・ギブソン監督主演「ブレイブハート」を見せ付けられるイングランド人のような気持ちに多くの日本人がなってしまうかもしれない。それに単発の2時間ドラマや1クールものなら良いが、延々1年近く日本人が悪者のドラマが続くことに嫌気をさす視聴者も出てくるだろう。


 さて「 姫たちの戦国」、芦田愛菜ちゃんの熱演が観られないのは誠に残念。しかし、早く宮沢りえ氏の淀君を観てみたい気持ちもある。
 信長の独裁者ぶりは期待通り、自毛を活かした付毛ザンバラ姿が気持ちの良い威圧感を出している。本能寺の変が楽しみだ。
 上野樹里氏の少女ぶりっ子も違和感が無かった。NHK出版が出している「大河ドラマ・ストーリー」の前編表紙の彼女は見た目だけは24歳とは思えない壮年の貴婦人のような趣きだった。では前髪ぱっつんの少女時代はどうかなと失望を覚悟で観たら、なかなか悪くない。信長に憧れる無邪気なハイティーンのようだった。
 第2回は秀吉が虐待されたが、次回はいよいよ光秀の番か。市村正親氏が光秀というのは当たり役かもしれない。当時の光秀の年齢に近いし思い詰めやすく繊細そうだ。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
147位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
73位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク