FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「エリシウム」 近頃の現象[五百三十二] 

第9地区」監督新作に
「ブレードランナー」デザイナーが参加

 
 第9地区」のニール・ブロムカンプ監督の長編第2作目となる新作SF映画「エリシウム(Elysium)」に、「ブレードランナー」「トロン」の美術を手がけ、“ビジュアル・フューチャリスト”としてクレジットされた世界的工業デザイナー、シド・ミードが参加することが分かった。

 米Deadline Hollywoodが報じたもので、ミード自身が「第9地区」のファンであったため、2006年の「M:i:III」以来となる映画の仕事を引き受けることになったという。「エリシウム」のストーリーなど詳細は明らかにされていないが、舞台は100年後の未来になるようだ。「第9地区」主演のシャルト・コプリーに加え、マット・デイモンとジョディ・フォスターの出演が決定している。

 「エリシウム」は、ソニー・ピクチャーズが配給を手がけ、2012年の公開を目指している。今年7月にバンクーバーでのクランクインを予定。(映画.com ニュース)

 
【雑感】シド・ミードか・・。80年代前半、特撮SF映画ファンにとって人気を二分していた工業デザイナーが、ルイジ・コラーニ氏とシド・ミード氏だ。私は曲線大好きのルイジ・コラーニ派だったが。それにシド・ミード氏が描いた「ブレードランナー」の都市デザインで、中華街の風景を描こうとしていたのか漢字らしきネオンや看板の描写があったのだが、漢字がデタラメだったのでいっぺんに「このオッサン! アジアを馬鹿にするな!」とムカついてしまった。
 今はシド・ミード氏に嫌な印象は無い。高校生から大学生にかけて、SF特撮映画に夢中になった時代を懐かしく思う。それどころか、私が絶賛した「第9地区」をシド・ミード氏もお気に入りだったとは、私はミード氏に熱い友情をを感じる。
 
 次回作も悲劇の公務員を演じたシャルト・コプリー氏が出演するらしい。コプリー氏はたしかニール・ブロムカンプ監督とは同郷で高校時代の友人とか。映画が成功するか否かの条件に、私は監督と主演の同志的関係を強くあげる。かつての、サム・ライミ監督とブルース・キャンベル氏の名コンビのようなオーラを感じる。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/01/21 17:09 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
33位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク