FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

「風雪の太陽」 絶望から脱出しよう〔11〕 

風雪の太陽
旧ユーゴスラビア制作の感動巨編。

 
風雪の太陽
(日本では未ソフト化)
 
【原題】Sutjeska
【公開年】1973年  【制作国】南斯拉夫  【時間】130分  
【監督】ステェイペ・デリッチ
【音楽】ミキス・テオドラキス
【脚本】ブラニミール・スチェパノビッチ ウォルフ・マンキウィッツ ミレンコ・スモエ オーソン・ウェルズ セルゲイ・ボンダルチュク
【言語】セルビア・クロアチア語? 一部ドイツ語・英語
【出演】リチャード・バートンチトー)  イレーネ・パパス(母) リューバ・タディッチ(Sava)  ミレナ・ドラヴィッチ(Vera)  ボリス・ドボルニク(Partisan)  リュビシャ・サマルディッチ(Gunner)  ギュンター・マイスナー(Lutters)  アントン・ディフリング(Von Lohr)   
      
【成分】泣ける 悲しい スペクタクル 勇敢 絶望的 切ない かっこいい ユーゴ 戦争 第二次大戦 1941年 
      
【特徴】第二次大戦中、凄惨を極めたドイツ軍とユーゴ軍の激戦を描いた超大作。質・量とも遥に勝るドイツ軍の空陸連携の機械化軍団に対して制服も装備もバラバラの貧相貧弱なユーゴ軍が祖国を守るため果敢に挑み勝利する。史実に沿った映画なので説得力は抜群。
 当然の事ながらユーゴスラビア軍全面協力でスケールの大きい戦闘場面が展開。谷間を虻のように飛ぶドイツ軍の爆撃機、パノラマ全体に展開するドイツ軍は大迫力。
 ユーゴの英雄チトー役には「聖衣」「史上最大の作戦」「クレオパトラ」「荒鷲の要塞」などの大作で知られているリチャード・バートン氏が扮している。
 
【効能】絶望的な状況から死力を尽くし、ただただ侵略者への激しい怒りを原動力に勝利する主人公たちに、勇気付けられる。
 
【副作用】戦闘場面の連続で疲れる。
 
下の【続きを読む】をクリックするとネタバレありの詳しいレビューが現れます。  
この映画でチトーを知った。
 
 旧ユーゴスラビアが製作した大スペクタクル戦争映画。中高生の頃にTVの深夜番組で観た。たしか、この映画に登場するドイツ軍の戦車は大戦中に捕獲した本物も混じっているらしい。マニアの間では評判になっていたと思う。
 
 航空兵力と戦車師団を擁するドイツ軍に包囲されたチトー率いるパルチザンが攻囲を突破し勝利するまでの物語。チトーたちの英雄的戦いがテーマであり、描き方は共産圏の戦争映画にありがちだが、史実の再現でもあり俳優たちの気合の入った熱演や戦闘描写は迫力がある。(余談1)
 
 戦車や装甲車に揃いの軍服を着たドイツの大軍、ドイツ兵たちは無精髭を生やしていない。対してユーゴ軍は私服に近いバラバラの装備に無精髭、大勢の負傷兵たち。司令官のチトーは軍服らしい服装だが、ワイシャツの第一ボタンまでとめたノーネクタイ。他の参謀や指揮官たちも、ワイシャツ姿に弾帯をつけただけの者や、黒い革ジャンにドイツ軍から捕獲した短機銃を肩にかけた姿。まさに人民解放軍といういでたちだ。(余談2)
 
 突入していく爆撃機隊と戦車隊をドイツ軍の司令官たちは悠々と指揮所で眺める。チトー側は司令部でさえも爆撃に晒される。ラストの決戦ではチトーの目の前にドイツの機甲師団が雲霞の如く迫る。そのときのチトーの表情は、「スパルタカス」のラストでローマの大軍に挟み撃ちにされたカーク・ダグラス氏扮するスパルタカスの死相を帯びた決死の形相や、「ブレイブハート」でイングランドの大軍を睨むウォレス扮するメル・ギブソン氏の表情に合い通じるものがある。
 
(余談1)先遣隊が丘陵地を占領するとき、ドイツ軍も反対側の斜面から迫り、山峰で出会いがしらになる。銃を撃つ間もなく敵味方入り乱れてナイフでの白兵戦。第二次大戦のモノには珍しい戦闘場面である。
 最後の決戦のとき、妻や親友を失った若い指揮官が怒りにまかせた決死の形相で自ら突撃しながら部隊に号令する。エキストラたちも、大祖国戦争がテーマだけあって気合は俳優たちに負けない。西側の戦争映画には無い異様な熱気がある。戦争映画が嫌いな人が観たら、ただただ恐い場面だろう。
 
(余談2)ハリソン・フォード氏出演の「ナバロンの嵐」にもユーゴ軍が出てくるが、あれはまだ綺麗な衣装だ。
 連合軍から派遣されたイギリスの連絡将校が登場するが、顔付きはどうみても地中海沿岸地方のヨーロッパ人で、イギリス人には見えない。それに揉み上げを長く伸ばしている。
 
晴雨堂スタンダード評価
☆☆☆☆ 優
 
晴雨堂マニアック評価
☆☆☆☆ 名作
 
 
晴雨堂関連作品案内
ナバロンの嵐 [DVD] ガイ・ハミルトン

晴雨堂関連書籍案内
チトー伝―ユーゴスラヴィア社会主義の道 (1972年)
チトー―英雄の生涯 1892-1980 (1980年)
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
66位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク