FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

市橋達也(2) 近頃の現象[五百三十八] 

市橋被告の手記、26日発売 
遺族は嫌悪感


 千葉県市川市で2007年、英会話講師の英国人リンゼイ・アン・ホーカーさん(当時22歳)が遺体で見つかった事件で、殺人罪などで起訴された市橋達也被告(32)が、逃亡生活の様子や心境などをまとめた手記「逮捕されるまで―空白の2年7カ月の記録」を、26日に幻冬舎から出版することが24日、分かった。編集担当者は「(市橋被告の)観察眼、感性の豊かさを感じた」と話している。(スポーツ報知)
  
【雑感】道義的段取りを踏むならば、やはり結審して刑に服し出所してから出版するべきだろう。しかしその頃になれば事件の風化が相当進んでいる。出版の商機、旬としての話題性を考えれば、これから裁判で審議する今でないといけない。
 
 私が被害者遺族であれば、嫌悪しか感じないだろう。加害者の分際で何カッコつけて手記書いとんねん! 悲劇の主人公のつもりか! といった思いになる。
 
 すぐに出頭して罪を全面的に認めたとしても、被害者遺族の市橋達也容疑者への印象が好転する事は断じてない。ましてや、警察の捜査の裏をかき、自ら鋏とカッターナイフを使って顔を切って苦痛に耐えながら人相を変え、日本全国を転々と2年以上にわたって逃亡を続ける事実は、単なる逃亡への執着にしか見えない。断固として罪は償わない意思表示にしか見えない。
 「懺悔」の文字があるそうだが、懺悔は刑務所の中でするのが筋であって、逃亡中に懺悔などと信用できないし、喧嘩を売っているようにしか見えない。本当に済まないと思うのであれば自ら警察署に出頭するべきである。 作中にあるお遍路に参加した件についても、罪の意識から逃れるための免罪符と、お遍路に紛れたら逃亡中の殺人犯には見えないという計算が働いていると勘繰れる。
 
 単なる気楽な第三者の気持ちとしては、やはり読みたい欲求にかられる。印税は被害者遺族の弁済に当てるという文句は、読みたいという好奇心への後ろめたさを払拭させる効果がある。(ということは、市橋被告にとっても免罪符的効果があるかもしれない)
 着の身着のまま裸足で逃げ出したのに、2年以上も掴まらなかったのだ。どうやって執拗な警察の追っ手を振り切れたのか、世間の目を誤魔化せたのか?
 
 以前、ある大学生が殺人を犯してアメリカに逃亡し、程なく逃亡先で金を使い果たして捕まった事件があった。ある中国地方の高校生がクラブの後輩をバットで殴り、さらに自分の母親を殺し、チャリンコで逃亡して東北で掴まった事件があった。いずれも生活力の欠如から自滅した感じだった。
 もし市橋被告なら、下手をすれば何食わぬ顔で普通に村に溶け込んで善良な村民の振りをして何十年も暮らしそうだ。
 
 文章も精細で、挿絵も判りやすい、物書きとして市橋被告は能力がありそうだ。本屋で立ち読みしようかな。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/01/25 15:53 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
64位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク