FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

衆院予算委員会 近頃の現象[五百四十五] 

野党、予算委拒否の構え…31日から実質審議
 
 国会は31日から衆院予算委員会で11年度予算案の実質審議に入る見通しだ。与党は31日、2月1日の両日に菅直人首相が出席する基本的質疑を行う方針だが、自民党など野党6党は、与党が28日の提案理由説明を強行したことに反発、審議に応じない構え。民主党の安住淳国対委員長は30日、自民党などが欠席しても審議を進める考えを示したが、予算委冒頭から与野党が激しく対立する異例の展開になっている。(毎日新聞)
 
【雑感】もう、ええ加減にしてくれ!
 
 菅直人総理も困ったものだ。彼はかつて小泉政権の時代に国債評価が格下げとなったとき当時の小泉総理を「ノー天気」と酷評したではないか。そんな菅氏がなんで「(国債格下げについて)疎い」などと野党に餌をやるような発言をするのか。目先の小沢問題などの対処に追われて国政が見えなくなっているのか?
 
 野党は与党をチェックして批判するのが仕事だ。しかし審議に応じないというのは、かつての社会党と同じではないか。自民党一党独裁VS社会党とその他野党の55年体制時代の日本は経済成長をしていた。大半は高度経済成長であり、末期でも微速ながら成長していた。少子高齢化も年金問題も国債問題も雇用問題も今ほど顕在化していなかった。今あの頃と同じ調子で与野党対決してどうするんや?
 
 何度か述べたが、山積するこれら諸問題は自民党政権がこしらえた負の遺産、民主党は予想を超える負の遺産にうろたえているだけだ。残念だが、偉そうに野党面して政権批判できる道義的資格があるのは、未だ政権についたことがないメンバーばかりで構成されている共産党のみ。自民党をはじめ他の野党には本来なら政権批判をできるほど顔を綺麗に洗っているとはいえない。
 あと1・2年で国の借金は国民の郵便貯金額を上回ってしまい、国債の信用を支えていた根拠を失ってしまう。もう時間が無い。細川政権や小泉政権の頃のような牧歌的にはいかん。この春には統一地方選があるのに解散総選挙なんかする時間的経済的余裕は無いと思わなければならないはずだ。
 
 与党も野党も今までのような政局運営をやっていては、政治不信が広がるだけでなく、政界そのものが地に落ちる。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/01/31 02:31 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
64位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク