FC2ブログ

ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋

晴雨堂ミカエルの飄々とした晴耕雨読な映画処方箋。 体調に見合った薬膳料理があるように、 料理に合う葡萄酒があるように、日常の節目に合った映画があります。映画の話題をきっかけに多彩な生活になれば幸いです。詳しいレビューは「続きを読む」をクリックしてください。

東京ドームシティアトラクションズ 近頃の現象[五百四十七] 

コースター転落死 
「大柄で乗れないかも」同乗者が聴取に

 
 東京都文京区の遊園地「東京ドームシティアトラクションズ」で小型コースターから羽村市の会社員、倉野内史明さん(34)が転落死した事故で、隣席の知人男性が警視庁捜査1課の聴取に「倉野内さんと自分は体が大きいので、乗車できないかもしれないと心配していた」と説明していることが分かった。しかし男性らは乗車を許され、安全バーは十分に確認されなかった。倉野内さんのバーはしっかり固定されていなかったとみられる。(毎日新聞)
 
【雑感】私はジェットコースターは嫌いである。小学4年生の頃、家族で大阪万博公園にあるエキスポランドへ遊びに行った時に1度だけ乗った。もう二度と乗らん、と決意した。五つ上の姉ははしゃいでいたようだが、私は顔面蒼白だったらしい。
 私は高いところが嫌いだ。高層ビルのエレベーターでさえ気分が悪くなるほどなのに、好奇心からとはいえジェットコースターに乗ったことを後悔した。あれから三十数年、ジェットコースターには乗ったことがない。
 
 仮に思い出のエキスポランドジェットコースターに乗りたいと思っても、もう乗ることは出来ない。エキスポランドは無いからだ。
 同じような事件が数年前にエキスポランドでもあった。原因は従業員の単純ミスではなく、コースターの機械に問題があって脱輪し若い女性1人がコースターに挟まれ命を落とした。その結果、エキスポランドは休業を余儀なくされ、客足が遠のいて収益が激減し、結局破産して2009年だったか閉園した。
 
 ただでさえ日本全国の遊園地は国民の趣向の多様化で収益が減少し閉園していく。エキスポランドは大阪万博の跡地というネームバリューでよく健闘していたが、事故がきっかけで潰れてしまった。東京ドームシティアトラクションズが閉園になってしまうとは思わないが、しかし恐い痛手にはなるだろう。
 被害者はまことにお気の毒だし、直接担当していたスタッフは女性の派遣社員とアルバイト、ポジション的に重過ぎる過失責任、直接の責任者もさらに会社としても管理責任は免れない。
 
 ジェットコースターは絶対安全が前提だからこそスリルを楽しむことができる遊戯施設だ。それが安全でないのは痛い。
 冗談ではなく、私のように二度と乗らんと決め込むか、あるいは乗るときに不審に思う点があったとのことなので、それなら「これ本当に大丈夫か? 軟いぞ」「俺、ほんまに乗れるんか?」とやりとりして、相手スタッフに注意や確認を促す自衛策も必要だろう。
 被害者側の関係者も、過失者側の人間も、一生重く圧し掛かるトラウマを抱えてしまった。
 
 それにしても、安全基準やルールは徹底していないのかな? 今回の場合では、身長〇センチ以上、体重〇キロ以上は断固として乗せません、という厳しいルールが。
 

 
 blogram投票ボタン にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキングに参加しています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/02/01 20:43 ] 日誌・・近頃の現象 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
映画処方箋一覧
晴雨堂が独断と偏見で処方した映画作品。
下段「日誌」項目は晴雨堂の日常雑感です。
メールフォーム
晴雨堂ミカエルに直接ご意見を仰せになりたい方は、このメールフォームを利用してください。晴雨堂のメールアドレスに送信されます。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
↓私の愛車と野営道具を入れたリュックです。

晴雨堂ミカエル

Author:晴雨堂ミカエル
 執筆者兼管理人の詳しいプロフィールは下記の「晴雨堂ミカエルのプロフ」をクリックしてください。

晴雨堂ミカエルのプロフ

FC2カウンター
2007年10月29日設置
当ブログ注目記事ランキング
当ブログで閲覧数の多い順ランキングです。
設置2013年6月13日
ブログランキング
下記のランキングにも参加しております。ご声援ありがとうございます。
  にほんブログ村 映画ブログへblogram投票ボタン
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
5位
アクセスランキングを見る>>
タグランキング
晴雨堂の関心度が反映されています。当ブログ開設当初は「黒澤明」が一位だったのに、今は・・。
訪問者閲覧記事
最近のアクセス者が閲覧した記事を表示しています。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
リンク